最近のトラックバック

GA

関連リンク

無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

電通問題の本質とは-代理店との思い出

最近電通で若い女性が過労で自殺した事件をきっかけに、長時間労働などの問題が世間を賑わせています。若くして亡くなった方には本当に同情を禁じ得ませんし、深くご冥福をお祈りいたします。

 

僕らの業界は代理店とは比較的関係がある方だと思うのですが、弊社は珍しく(?)代理店との付き合いはほぼゼロで利害関係が全く無いので、思うところを書いてみたいと思います。

 

そもそものお話として、結局のところなぜ長時間ガンガン仕事をしているかというと、単にその人の仕事の効率の問題というだけではなく(実はこれはこれで重要ですが本論から外れるので割愛します)、結局それをさせている人、つまりクライアントが後ろにいるという側面もあると思います。代理店の場合は、特に他業界よりもこれが顕著なように思います。

 

以前、といってももう10年近く前になりますが、クライアント→某代理店→編集プロダクション→うち、という流れでとある商業施設のWebサイト更新の仕事をお引き受けさせて頂いていた事があります。

 

恐らくそれが最初で最後の大きな代理店経由のお取引だったと思うのですが、いざ仕事を始めて見ると、まぁクライアント(若い広報担当の女性)がキム・ジョンウン化していてびっくりした記憶があります。まさに暴君。無理難題の嵐。のっこり重たい修正を金曜の夕方に言ってきて月曜の午後イチまでに仕上げろはザラ。ぼんやりとした要望で走らないとならず、手戻りはじゃんじゃん。とにかく面食らった記憶があります。

 

制作サイドとしては、そこで代理店の営業マンに是非頑張って欲しいのですが、この人がもうとにかく一切の抵抗、泣き落とし、寝技、サボタージュ、説明責任も果たさず、理不尽な修正をスルーで伝書鳩ポッポ宜しく「はい、これだからポッポ」とやる人でした。作り手としての意図、クライアントの要望を踏まえたらこれがいいです、という話、提案はいくら言っても「え、あぁ、はいはいポッポ」と曖昧に言うだけで、一切伝えてくれません。制作プロダクションに言っても「下手なこと言うとロケット砲で処刑されるから」みたいな(注:比喩です 汗)腫れ物に触るような扱いです。

お客さんと直接話をさせて欲しいと言ってもダメ。もっとも話が出来たとしても相手は何しろキム・ジョンウンですからどのみちダメポッポだったかも知れません。とうとううちのデザイナーがブチ切れてしまい「もうやってられないポッポ!」と契約をお断りする事になりました。

 

弊社の場合は、Webサイトがどうのこうのという前に、まずクライアントのビジネスをしっかり理解した上で、要望をお聞かせ頂き、その裏にある真の目的を汲み取った上で、であればWebサイトはこう作った方がいいですよ、という提案を行っています。

 

つまり、顧客とのコミュニケーションがどこまできんと取れるのかが生命線です。これが出来ないとホントもうどうしようもなく、糸の切れたタコのようにふらふらと翻弄され、きりもみダッチロールしてしまいます。別に孫請けひ孫請けひひひひ孫請けでも発注会社の名刺で行っても商流は何でもいいのです。良いWebサイトを創る。そのためには顧客と「直接」話が出来ることが重要です。

つまるところ弊社がこの件でホトホト困ったのは、実は単なる長時間労働がいやだった、のではなく、理不尽かつ無意味な作業を延々と強要される事に我慢がならなかったわけです。そして幸いな事に、弊社は「イヤならやらない」という事をたまたま選べる立場にあった、という事です。人は理不尽な環境に置かれると、自分が思ってる以上に心が折れやすくなるように思います。

このお取引が終わった後、あのクライアントのうら若き女性は、元々キム・ジョンウンだったのか、それとも代理店の営業マンがキム・ジョンウンとして育ててしまったのか、どっちだったのかなと思ったのですが、恐らくどちらも要素としてはあるように感じました。

私が今知っている代理店の担当者は周りに気遣い出来る人ばかりなので、結局担当者次第なのかも知れませんが、電通=ブラックという構図は分かりやすいですが、その背景も含めて考え無いとならないように思います。

そして、こういうニュースばかり流れると、まるで働く事自体が悪のような、仕事とはやりたくない事を生活のために我慢していやいややらされるもの、というニュアンスが社会全体を覆ってしまうのではないかという点も個人的な少々気がかりです。誰もが良い仕事をしたいという気持ちは変わらないはずです。時代によってその方法論は変わっても良いのではないかと思います。

 

気に入ったらポチっと御願いポッポ→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

社長や役職名に様をつけるか?

相手に手紙(は滅多に無いですが)やメールを送るとき、役職名には様をつけないというのは、ビジネス的な常識として良く言われる事ですが、実は私は結構「様」を何にもで付ける派でした。何となく呼び捨てしているニュアンスが出てる感時が気になるからです。

 

しかし、この辺の記事とか、

 

 

いろいろ見てるとやはりおかしい。個人的にも違和感があります。当たり前ですね。

 

そこで、最近はやはり普通に「様」ははずして、

 

毒島社長

 

鬼ヶ島社長

 

独眼竜社長

 

と普通に書く事にしました、

 

ちなみに私は実は「様」と書いたことはほとんどありません。

 

書く場合は必ず「さま」とひらがなにしています。

 

言霊ではないのですが、なんとなくひらがなの方が堅苦しくないニュアンス、印象を与えるのではないかと思うからです。

20161027_154822_hdr
珍しく著者近影など

 

ビジネスというのはほとんどの場合、初対面同士、全く人となりの分からない人とのコミュニケーションから始まります。

 

なので、私は元々堅苦しくない性格ということもあり(ともするとなれなれしくなってしまいますが・・・)、また出来るだけリラックスした雰囲気の中で、忌憚の無い良好なコミュニケーション、関係を作っていきたい、という気持ちを込めて、「様」ではなく「さま」という表現を使っています。

ビジネスだからと言ってかしこまってばかり居ても、疲れてしまいますよね。

<ところで・・・>

ところで、Webディレクター、Webアシスタントディレクターの募集を再開することにしました。広告出稿もそのうちする予定なのですが、まずはこのブログでプレ告知させてください。

ポジション的には私と一緒にかなり密にお仕事をする事になると思います。自分で言うのもなんですが、コンサルティングの現場に立ち会うことが出来ますし、考え方やプレゼンの方法、結構勉強になると思います。自分をより大きく成長させてみたい、という若い方、あるいは脂の乗った経験者の方、お気軽にお問い合わせください。未経験者でも全然問題ありません。こちらからお問い合わせください。

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

違いを中で共存させる事が出来るかどうか

真田丸を見てるのですが、私は登場人物の中で、上杉景勝が結構好きです。

 

 

義に厚く、義を重んじる姿勢はとても共感が持てますし、ただの硬直的な教条主義者かというとそうでもなく、理想と現実のギャップを認識し、不本意な選択をせざるを得ない事もあります。その狭間でもがき苦しむ様は、現代のビジネスマンと全く同じだなぁと思います。

20161014_114631
福岡空港は市街地すぐそば。高速道路から撮りました。

物事というのは、立場が違えば見方が変わります。いえ、というより、見え方が変わるのかも知れません。

 

ある人から見れば合理的かつ適切な判断だと思うかもしれませんが、違う立場から見れば、全く非効率的で不義理、身勝手な振る舞いにしか見えない事もあるでしょう。

 

そういうアンビバレントな感情、判断を常に同時に持つ事が出来る人は、多面的に物事を見つめることが出来ます。とても大事な視座です。きっと景勝もそうだったのではないでしょうか。だかこそ悩み苦しんだのかも知れませんね。私はついつい単線的な見方が出来ないので、見習いたいものです。


見習うべきものは多い。気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

弊社にあるロプノール さまよえる湖について

先日、なにげに思い立って、年間にいわゆる「平日」は何日あるのかカウントした話を書きました。

私は日本は他国と比べて、とにかく祝祭日は非常に多い印象です(すいません、一切調査しておらず、完全な印象でしゃべってます キリッ)。

 

私は祝日をどんどん作っている昨今の状況にはかなり反対派です。

理由としては極めて簡単で、いろんな施設、社会的インフラのピークが人工的かつ不規則に作られてしまうため、負荷が無駄に高くなるし、そもそもみんな休みなので、どこにいっても混雑しててせっかくの休日を楽しめないから、です。

20161013_172040
しばらく海行ってないな。。。

なので、一番いいのは、サラリーマンの場合は、年間で付与された有給を消化しなかったら、従業員も会社も刑事罰に問われるくらいにすればいいのではないかと思っています。

 

そうすると、否が応でも有給を取らないとならなくなります。法で決まっているのであれば、やれやれ((c)村上春樹)仕方無いよね、会社を休むのは私の意思じゃないんですよ、法で決まっていて、私だけじゃ無くてみんなそうしないとならないんですよ、お互い大変ですよね(日本人的にポイント高いところ)と言いながら、皆取るようになるでしょう。

 

そうすると、日本国民がばらばらに休むようになりますので、人工的なピークも無くなり、飲食店も施設も採用難やコスト高にも悩まず済みます。何よりも休む人が快適にすごす事が出来ます。これが大事です。

 

と、かく言う弊社も、私の肝いりで始めた「有給強制消化精度」が今現在もはや完全に形骸化しており、ロプノール さまよえる湖化している点は経営者としては深く恥じ、本来であればAKB48峰岸並の髪型にしなければならないところであります。すいません、円脱なんでそれで勘弁して下さい。何とかしないとね。


気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

岩手ファーマーズミートさまの営業に役立つコーポ-レ-トサイトを現在構築中です。

今現在、株式会社岩手ファーマーズミート様のコーポレートサイトを制作していまして、今現在暫定版として公開しています。

 

 

まだ生まれたてのほやほやの会社さんなのですが、もともとこの会社は、前沢牛の肥育、生産で高い実績、長い歴史とノウハウを積み上げてきた有限会社前沢牛オガタさん他複数の会社さんで立ち上げた会社です。これらの会社は前沢牛の生産では業界で知らない人はいないという程の実績を持っています。

 

この岩手ファーマーズミート、昨今の六次産業化の取り組み一つでもあるのですが、これまでと違うのは、牛自体を産地ブランド化するのではなく、「牛匠」という黒毛和牛肥育のエキスパート達が育て、それを高度な生産設備と技術を持つ、岩手ファーマーズミートが加工販売するという、いわば生産者・製造者を起点にした新しい美味しい黒毛和牛のお届けの仕方になっていることです。

 

非常に大きな期待が寄せられており、北日本銀行のファンドからも投資を受けています。

 

 

今回、ただのコーポレートサイト、会社ホームページではなく、営業ツールとして役に立つWebサイトとして弊社に御依頼頂く事となりました。

 

一回目に往訪した際、自腹で食べてみたのですが(家とか車は難しいのですが(汗)、可能であればまずは極力自腹でクライアントの商品を必ず購入するようにしています)、こんな牛肉初めて食べた!という位驚きました。

 

見た目はサシが入っていて、一見するとかなり重たそうな、胃にもたれる感じもするのですが、全くその逆でまるで魚の脂のようにすっと優しく体に吸い込まれていきます。動物なのに、この優しさは何!?というくらい体に優しいお肉です。食べた後むしろ体が軽くなる感じすらしました。そして何より美味い!!

 

どうしてこなにスッキリと美味しくて、全くもたれない脂になるのかと良いと、実は宝山という関連会社の作っている飼料を与えており、そこでは発酵麦汁やおからなどの食品残渣などか飼料を作っています。

 

この飼料はエコフィード認証を受けており、工場も見学させて頂いたのですが、袋を空けると、良くあるツン!とした臭いでは無く、発酵した飼料の何とも体に優しい、良い香りが立ち上ってきます。いつまでも嗅いでいたい感じで、これなら工場で働ているとどんどん健康になりそうです。

 

こんな飼料を使っている訳ですから、脂身も健康的ですっきりさっぱり美味しくなるのだなと納得しました。

  

こういう岩手ファーマーズミート様の企業理念や品質の高さやこだわりが、消費者やお取引先様にきちんと伝わるコンテンツの中身と構成にしていくつもりです。

 

今はまだ暫定版の公開ですが、引き続きコンテンツの充実と本番リリースに向けて努力していきます。宜しければご覧下さい。

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

相手から具体的な回答を引き出す方法とは-スタッフとの会話より

先日スタッフと話をしていた時、とある件でクライアントに何と言ったのか、という確認をする機会がありました。その時の会話です。

20160930_144348

スタッフ
「いつ頃までに素材は頂けますでしょうか、というお話をクライアントにしました」

「クライアントからはなんて返ってきたの?」


スタッフ
「今急いでやっているので、来月には何とか・・・というお話でした」


「自分としては、それで良かったの?」

スタッフ
「いや、それだと実は困るんですよね。。。こんなざっくりだと、納期に間に合うのかが見通しが立たないし、後になればなるほどこちらの作業が立て込んでしまい、かなり進行がタイトになってしまうと思います」


「それはね、恐らく聞き方が良くなかったんだと思う」

スタッフ
「聞き方ですか?」


「そう。いつまでに用意していただけますか、と、ざっくり聞けば、

「いつまでに用意すればいいのでしょう」

と聞かれる可能性があるし、 

「来週か再来週にはなんとか」

というような答えになる可能性が高いです」

 

スタッフ
「ああ、言われてみるとそうですね」

 


「そういうアバウトな回答でもいいのなら別にそれでいいのですが、具体的な答えを相手から引き出したいのであれば、もっと具体的に聞かないとならないです。

 

スタッフ
「例えばどんな感じですか?」



「例えば

 

「8日までに写真が無いと制作の予定上間に合わないのですが、間に合いますでしょうか?」

 

です。

 

これであれば、回答として

 

「間に合わせます」

 

「難しそうなので、9日までではだめですか?」

 

という具体的なイエスノー又は代案が回答として返ってきますよね」

 

スタッフ
「なるほど、確かにそうですね」

 


「人は面白いもので、ざっくり聞けば、ざっくりしか返ってこないし、細かく聞けば、細かく返ってきます。自分が具体的な回答を相手から引き出したかったら、まずこちらから具体的に聞く事が大事です」


気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

「おい、いいか、機内でとにかくGalaxy Note 7 使うんじゃねーぞ」

 

先週から今週にかけて、また東京やら福岡やら大分やら岩手やら出張だったのですが、9月になってから急に、飛行機に乗ると必ず、

 

「おい、いいか、機内でとにかくGalaxy Note 7 使うんじゃねーぞ。一切電源入れるんじゃあねえ。もしそれで火災とか発生したらサムスンだけじゃなくお前にも孫の代まで借金しょわせたるからな」

 

と、直訳するとそんな感じの(直訳しすぎたかなすいません)機内アナウンスが流れるようになりました。

 

20161004_173808

この辺もそうですが本件については既に様々な報道がされており、バッテリーの問題で本体が発火してしまうというかなりやばい問題となっています。

 

24時間くらい前の事件ですが、既に本当に機内で発火したと思われる事故も起きています。

 

 

日本ではこのGalaxy Note 7は実は販売されていません。もともとこのNoteシリーズは当初日本国内でも売られていたのですが、思ったほど売れなかったようで、この最新の7はまだ発売されていないのです。今後も未定みたいですね。まあ、日本人には電話として考えると、中途半端に大きすぎるように思います。

 

サムスンとしては世界的にはかなりの売れ筋モデルですので、最近落ち目の業績をこれで復活ののろしを、と思っていたら、別ののろしが上がってしまい大変な事態になっている訳ですが、個人的には一度触ってみたい気がします。

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

最近の写真

  • Img_2271
  • Img_2065
  • Img_2283
  • Img_1714
  • 01
  • 02
  • Img_1162
  • Img_1158
  • Img_1145
  • Tokyo_population_stu07
  • Tokyo_population07_3
  • Img_0987