最近のトラックバック

GA

関連リンク

無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

失業率30%でも毎月小遣い30万を貰って暮らせるサウジアラビアの未来とは

先日、サウジアラビアのサルマン国王が46年振りに来日しました。

オイルマネーをバックに経済協力を得るのが主な目的ですが、その話題が取り上げられたのはわずかで、ニュースのほとんどが豪華絢爛エスカレーター式タラップだったり、おつきの人が1,500人で高級タクシー500台利用、豪華ホテル丸ごと貸し切りに爆買いといったスポーツ新聞っぽいネタばかりで、ワイドショーや一般紙にまでネタを提供しまくっていました。

 

  

  

しかし、この様なありさまを見て、素直な感想として「果たしてこれが国の将来を不安視して、経済協力を求めてくる国の姿なのかな・・・」と思いました。マヒしてるんでしょうね。お金ってそんなに簡単に稼げるものではありません。使い方がマヒしているのに、まともに額に汗を掻いてお金を稼ぐなんて事が果たして出来るのだろうか、というのが正直な感想です。

 何かに調印すれば、自動的にうまくいってお金が稼げる、という訳ではありません。様々な不測の事態があり、それに対して当事者意識をどこまで持って取り組めるか、最終的に問われるのは物事を完遂しようとする執念であり、執着心です。それは小さい頃からの生活環境、教育がとても大きな影響を与えます。

 エスカレーターを持ってくるコストだけ見ても、ちょっとした中小企業の1プロジェクト並のコストはかかってるでしょう。サウジの若者の失業率は30%近いと言われていますが(正確な統計がない。恐らくまずくて出せないのでしょう)実は若者は誰も困っていません。なぜなら納税義務はほとんど無く、何もかも無料で、補助金も沢山出るからです。デスクワーク以外の仕事を軽視する傾向もあるようです。中にはニートなのに小遣い月30万なんて事もあるようです。こちらは2007年とちょっと古い記事ですが、恐らく内容的には今も通じるように思います。

 

 

結果的にこのような制度が、労働意欲の低い、生産性の低い国民性を助長しているのではないでしょうか。そして恐らくこの事が、サウジアラビアという国の行く末に、決定的に不可逆な暗い陰を落としているように思います。

 サウジが今行うべき事は、先進国からの経済協力というよりは、このようなベーシックな部分、「働く者食うべからず」の徹底です。最初は赤字でもまだ資本があるうちならどうにでもなります。 

しかし、今の政治制度がそれを改善する事は極めて難しいでしょう。王政を維持するためには、石油という「不労所得」で得られた富を、国民から不満が出ないように継続的に再分配しないといけないからです。額に汗を流して働け、と言う事はヘタをすると自分に跳ね返ってきてしまいます。また重大な人権侵害が行われていますが、ヘタに民主化騒動が起きて中東全体が不安定化されては困りますので、アメリカ他先進国はとりあえずこの問題にはほっかむりを決め込んでいます。

 

Pb14_2
出展:日本経済新聞社 記事 日・サウジ、経済協力を深化 企業進出へ特区新設  :日本経済新聞

 

結局日本滞在中に得られた経済協力もほとんどが石油会社サウジアラムコや電力会社など、国営企業とのコラボばかりです。日本側としても、石油以外となるととっかかりがなかなか掴めない、というのが本音でしょう。ここにサイバーダインの名前が出てくること自体が、いかに両国とも手持ちのカードが少ないかという事の証左だと思います。

勿論サウジ王室も何もしていないわけでもなく、ムハンマド副皇太子のような人物が内外政を仕切り出したり、新しい風も起きてはいます。ですが、国民の普段の暮らしが何も変わらなければ、変わるのは相当に難しいはずです。 

長期トレンドで見れば原油の消費量は減るのは間違い無いとは言え、もうしばらくはエネルギーの王様であることに変わりはありません。

 恵まれれ過ぎた地下資源は、国民の自助努力の欠如と怠惰な暮らしを蔓延させ、結局国の発展には百害あって一利無しかと思います。日本には資源がなくて本当によかったです。

と思っていたら、ちょうどこんな記事がありました。

 

  

個人レベルでも、国家レベルでも真の友造りとはなかなか難しいものです。日本がサウジアラビアと今後真の友としてやっていけるのか、政府のビジョンと胆力次第ではないでしょうか。


あー、庭から原油でもでねーかなー。と思った方はこれをポチっと押してください→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

「札幌のホームページ制作会社の中の人がこっそり教える、良いホームページ制作会社の選び方」-運営中です

実は昨年冬から、地味に個人的にこういうメディアを運用しています。

 

 

元々私はWebコンサルティング・Webデザイン・Webシステムの業界で長らくご飯を食べさせて頂いていますが、発注者と受注者、両方の立場とも経験があります。 

最近は長らく受注者の立場ですが、発注者の方と接していて、こういうところに気をつければ、良いWeb制作会社と出会う確率がもっと上がるのになぁ、もったいないなぁと、客観的に思う事がしばしばありました。ある意味余計なお世話ではあるのですが、あまりにそう思う事が多いため、それを一つのメディアとして運用してみたらどういう事になるんだろう、ということで始めたのがこのサイトです。

また、提供者側に立っているからこそわかることもあります。例えばこんな内容ですね。

20170209_201845

ただ、こちらにも書いてありありますが、この内容あくまでも、自社に合った最適なホームページ制作会社を選びたいという会社さんのこと「だけ」を考えて書かれています。その点はご留意下さい。

始めた、といっても、見ての通り、まだ20本も書いてない状態ですが、今後週1本くらいのペースで書いていこうと思っています。ツイッター、facebookもやっています。


宜しければご笑覧下さい。

もし万が一、気に入ったらポチっと押してやってあげて下さい→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

Web活用についてのメディアを一つ立ち上げました

クライアントと、Skypeだったり、直接往訪して打ち合わせやWebコンサルティングをしていますと、共通の課題について質問や相談を受けることが少なくありません。

20160927_164652_02

そこで、この度一つそういうよくあるWebについての悩みやご相談などについて、まとめたメディアを立ち上げることにしました。というか、実は先月立ち上げていました(構想自体は昨年夏)。



Webを活用して商品やサービスを販売する、引き合いを増やすためには、何が良いのか、また、何をすると良くないのか(超重要)、そのための具体的なお話をさせていただくつもりです。

内容的にはWebについて専門知識を持たない、お忙しい社長さんや意思決定に関わる方に、出来るだけわかりやすく、面白く完結ですぐにわかる、というコンセプトで運営していきます。


最低週イチくらいのペースで更新していければと思っています。

どうぞ宜しく御願いします。

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

ドラネコヤマトとの麗しき思い出

その昔、初めて就職した会社でしばしば営業部長に「おい、田中、ドラネコヤマト頼んでくれ」と言われました。

通訳しますと「クロネコヤマトに頼んで荷物を送ってくれ」という意味なんですが、当時の部長お気に入りのオリジナルオヤジギャグで、自分で言った後カッッカッカッと豪快に赤ら顔で良く笑っていたものです。
お元気すか?見て無いか。

で、気がついたら私もその部長の年齢に近づき、しばしば同じようにドラネコヤマトと言っている事に気付きました。三つ子の魂百までですね(違うかな)。ダゾーンだゾーン(ドコモのCM思い出したので脈絡無く書いて見ました)。

20170313_142933

クロネコヤマトと言えば、昨今少子化で働き手不足や、Amazon等の荷物の激増に現場の負荷が限界で、運賃の値上げ(というか運賃正常化?)に走り出していますが、このタイミングでの値上げ交渉の宣言というのは、実に世論を見たうまいタイミングだなぁと思います。ただの値上げであれば世論の支持はきっと受けなかったと思います。誰もがノーとは言いにくい状況です。



運賃の値上げは一般消費者にとっては勿論、ECサイト運営会社にとってもかなり厳しいお話です。なぜなら近年「送料って、ほとんどタダだよね」という風潮が非常に強くなっているからです。体力のある一部の会社は耐えられますが。それ以外の大部分の企業にとっては死活問題に近いお話だからです。

ショッピングサイトでもYahooショッピングのような個店の集まりは値上げ感があります。他方、AmazonにはAmazonプライムがありますから(送料無料。会員じゃなくても2,000円以上は送料無料)、販売という点ではあまり関係ないかも知れません。今後の展開に注目です。


ところで、ただいま絶賛札幌でWebデザイナーWebディレクター・開発支援スタッフを求人募集中です。こちらから御確認下さい。

 

弊社のサービスのご紹介です。宜しければご覧下さいませ↓。

・「どうしてうちのECサイトは売れないのだろう?」そのお悩み、解決いたします。ご相談下さい。


気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

ジョブキタで絶賛Webデザイナー・ディレクター、開発支援スタッフ募集中です

弊社ではただいまジョブキタで絶賛Webデザイナー・ディレクター、開発支援スタッフ募集中です。

開発支援スタッフについては、今担当して貰っているスタッフの声がありますので、こちらがご参考になると思います。後このスタッフの場合は私を叱る、という大事な仕事がありますが、それは乗ってませんね・・・。

 

   

Dsc_5262
すいません、思いの外逆光でハードボイルドな仕上がりに・・・。

開発支援スタッフは技術的な専門知識は全く不用です。

ややホームページ制作寄りの総務系業務みたいなイメージで考えて頂ければと思っています。是非一緒にJOINして下さい。

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

札幌レンタリースさんのオウンドメディアをシステム、企画、記事制作までお手伝い

弊社では札幌レンタリースさんのオウンドメディアのシステム・企画・制作(取材)をお手伝いさせていただいています。

 

Topbloglogo
ドライブの帰路は消化試合。黙々とゴールへクルマを走らせるばかり…。そんな帰り道だからこそ、ちょっと寄り道のご提案。 めざすは思い出に残るような北海道名産の「おかず」。 これさえあれば、おうちへ戻った後にご飯は進むしお酒もうまい。思い出おかずをどんどんレポートしていきます!


例えばこんな感じの記事を書かせて頂いています。

Dsc0168_2


弊社の場合、単に札幌や東京でホームページ制作をしている、ということではなく(個人的には「ホームページ」ではなく「Webサイト」だと思っています)、Webをツールとしてお客様のビジネス上の課題を解決することが弊社のミッションだと思っています。なのでWebコンサルティングをコアに、Webシステム開発、デザイン、コンテンツ、サーバ-、ネットワークをトータルで扱っています。

札幌レンタリースさんもその文脈に沿った形でビジネスのお手伝いをしています。


良かったら是非チェックしてください。

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

Hotto Mottoの新ポイントシステムの未来はどうなるのか

近所にあるHotto Mottoが新ポイントシステムを導入しました。なんと北海道限定だそうです。


今後全国展開する上で、エリアマーケティング的にまず展開してみながらサービスをブラッシュアップさせようという事なのかも知れませんね。

20170225_132406

早速利用してみたのですが、早速課題を一つ見つけてしまいました。

ポイントをチャージしてもらうには、レジでお金を払う直前、スマホで会員のQRコードを予め開いて、QRリーダーの下におかなければならないのです。

20170225_132927

会計時にQRを出してここにおかないと、なんとポイントが付与されません。ので「あ、出し忘れた」と思った場合は、なんと、店員さんにレジをもう一度うちなおしてもらわないとならないのです。

今までのHotto Mottoのポイントは「買い物に応じてポイントが貯まる」のではなく、「来店に応じてポイントが貯まる」仕組みでした。

なので、お金を払った直後であっても、「あ、ポイント」と思ってアプリを立ち上げてすぐにポイントを貯めることが出来ました。つまりポイントを後付け出来たわけです。

提供者側としては「単に来店しているだけ」の事実ではマーケティングには不十分と考えるでしょうから、購入した商品と購入者を紐付けるのはやはり是非ともやりたいところです。これはPOS(販売時点管理システム)では取れないデータです。

会計時にポイントカードを出して、ポイントを付けて貰う事事態はごく普通の行為だと思います。というか、世の中のほとんどはそれででしょう。

ただ、レジで会計を済ませる瞬間に「スマホでQRを出して、そこにおかなくてはならない」という「行為」は財布から物理的にさっとカードを出すよりは、やや手続きが多いです。また、以前の使い勝手と、相対的な比較でいうと、ちょっと煩わしくなった感じは否めません。この部分をユーザーがどう考えるかが今後のキモではないでしょうか。

実は以前弊社で回転寿司と焼き肉チェーンを展開している「海天丸」さんのサイトコンサルとサイトシステム開発をお手伝いさせていただいたのですが、その時はレジのシステムと連動をしました。

レジでお客様に渡すレシートにQRコードが埋め込まれており、それをWeb会員がスマホで読み込むことによってポイントが蓄積されるというシステムです。

Bg04

開発事例のインタビューはこちらです。

こう書いてしまうとかなり簡単な話ですが、POSが絡むととたんにシステム開発は面倒になります。

特にPOSレジの会社というのは、外部システムとの連携が絡むのを極度にいやがります。閉鎖性の高いシステムなのです。ちょっとしたシステムの作り込みでもかなり高い費用のお見積もりを出してきます。

この辺のお話は長くなるのでまた機会を見てご紹介出来ればと思っています。

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

Webデザイナーと開発支援スタッフを募集させて頂きます

なんと一か月ぶりの更新になってしまい、大変申し訳ありません。

20160907_112642_hdr

思えばこんなビッグマウスな事を書いてしまったがために、かえって自分にプレッシャーになってしまい、つまんねぇ事はかけねえ!と思っているうちに「何も言えねぇ」となかなか書けなくなってしまいました(なんか用法違いますね)。

ってことで、今日からまたがんばります。

それで、開発支援スタッフとWebデザイナー・ディレクターを募集させていただきます。

詳しくは今日の10時からのジョブキタをご覧ください。

沢山のご応募をお待ちしておりマウス。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

最近の写真

  • Img_2271
  • Img_2065
  • Img_2283
  • Img_1714
  • 01
  • 02
  • Img_1162
  • Img_1158
  • Img_1145
  • Tokyo_population_stu07
  • Tokyo_population07_3
  • Img_0987