最近のトラックバック

GA

関連リンク

無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

「これは安いな」と思われたら、脳内相場が出来しまうので、くつがえすのは簡単ではない

身の回りの衣類や、ファストフードの値段がなぜ上げられないのか、消費が振るわない理由の一つは、生活者心理を読むことで見えてきます。

 

 

個人消費の回復ぶりに明暗が分かれている。遊園地や英会話などレジャー消費は堅調で、エアコンなどの家電も買い替え需要が出ている。一方で衣料品などは値下がりも目立ち、身の回り品までは回復が及ばない状況だ。家計は消費に一層メリハリをきかせるようになっている。

  


以前ユニクロが値下げを繰り返していた頃、初めは「安いなぁ」と思っていたのですが、次第にそれに慣れてしまい、それが当たり前だと思うようになりました。

 

その脳内基準でGUに行くと、更に安いので、更に驚くわけですが、それもすぐに慣れてしまいます。

 

そしてその状態で再びユニクロに行くと「うお!高っ!」と思ってしまうワケです。

 

ユニクロが高いわけではなく、GUが安すぎただけだったんですが、脳内相場というのは恐ろしい事ですね。

 

このように、ある特定の価格帯に恒常的に接していると、人はそれが普通、相場だと感じます。

 

こうなると、かなり納得の出来る付加価値を提供し、かつ適切に説明出来ないと、「値上げ」は出来ません。

 

提供出来るだけではだめで、プレゼン、つまり上手に説明が出来る、両方が絶対に必要です。どちらが欠けていても生活者には認めて貰えません。メーカーが「これは良い物で原材料費がかかっているのでこれくらい貰って当然だ、という良くやる間違えた発想と同じです。

 

see also;

 

20170628_171458_2

 

どんなに原価が安くても、商品価格が安い医療品を病院やお医者さんは敬遠しがちです。

 

顧問弁護士や顧問税理士の月額の顧問料は3万とか5万が相場です(地方は普通3万円です)。

 

人はそれぞれ学習経験から相場というものを脳内に形成しています。このため最初の値決めが決定的に重要になってきます。最初につけた値付けは、相場を形成し、それが基準となります。一般的には商品の価格というのは上方硬直性というのがあり、値上げはしにくく、値下げはしやすいものです。

 

値付けとは人の心理を読む行為そのものです。そこをきちんと見極めた上で商売をすることが重要です。素晴らしい値付けをして、売り手良し、買い手良し、世間良しの三方良しの精神でビジネスを成長させましょう。

気に入ったらポチっと押すのが相場です。相場です。相場です・・・相場と洗脳は紙一重→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

【短信】高性能なエンジンにススがつくとどうなるか

どんなに高性能なエンジンを搭載していたとしても、それを若い頃からフルに、120%回していないと、ススけてしまいます。

やがて30代になり、歳を取ると、本来の力の半分も出せなくなってしまい、そして恐ろしい事に、それが「本当の実力」になります。

「俺はまだ本気出してないだけ」と後悔しても手遅れです。


「若いうちは苦労は勝手でもしろ」は今でも通じることわざです。



気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

豊田議員とその秘書が教えてくれる仕事の基本中の基本とは

自民党の豊田議員の絶叫罵倒暴行事件が昨今なかなかの話題提供中ですが、絶叫しすぎたようで緊急入院されたそうです。

早く元気になってまたあの絶叫を聞かせて欲しい、という人もいるかも知れませんね(汗)。私も以前「【悲報】【速報】円脱になりました」というご報告を本ブログでもさせて頂いた事もあり「このハゲーーーーー!」には心が痛みました(ホント?)。後「ミュージカル風に罵倒」と報道されていますが、あれはあきらかに天津木村さんのギャグの節だと思うのですが、何か天津木村さんを出してはいけないのでしょうか?

この豊田議員のもはや電波を超えた所行のアホさ加減は論を待ちませんが、私がおやっ、と思ったのは、

秘書が支持者へのバースデイカードを送る際に、47名分の氏名を間違えていた。

という事です。

豊田議員もアウトですが、この秘書の仕事のクオリティも社会人としてはなかなかのアウトっぷりではないでしょうか。

当たり前ですが、データを入力したあと、再度その正確性をチェックするのは仕事の基本中の基本です。

データを入力した人とチェックする人が違うのが一番理想なのですが、なかなかそういう訳にもいかない事もあると思います。せめて自分で確認するのは最低限の作業と言えるでしょう。

ただ、100万通送って宛先間違いが47通ならほぼ誤差なのでまだ分かります。

では、この秘書は果たしてどの程度のバースデイカードを送っていたのでしょう。

豊田議員の後援会の会員数が直接的に分かる資料はありません。豊田議員の政治資金収支報告書にも記載がないようです。そこでマーケティング的な視点から推察してみましょう。なんだかMicrosoftやGoogleの入社試験みたいですね。「日本にあるピアノの台数を応えろ」みたいです。


20170612_182153_015

まず豊田議員のWebサイトを見ると、選挙区は埼玉第四選挙区です。有権者数約37万人。


豊田議員の得票率は48.1%です。豊田議員に88,730名が投票したわけです。


豊田議員は自公相乗り候補なので、公明党の党員がこの中に含まれている事になります。ざっくりですが総得票数の20%を公明党の票数と考えますと、17,764名が公明党関係者です、これを得票数から引くと、70,984名。これが豊田議員に投票した「普通の支持者」だったと考える事が出来ます。

さて、ここまでは絞り込めました。

このうち果たして何人が後援会の会員なのでしょう。


ここで文科省所管の科学技術振興機構(JST)が運営する電子ジャーナルの無料公開システム「J-STAGE」に参考になる論文が出ていました。

このサイトは「電子ジャーナルの公開ノウハウを持たない学協会に対し、インターネット上で学術雑誌を公開するシステムとノウハウを、無料で提供している。日本の学術研究成果の広い範囲での流通の促進と、プレセンスの増加を目的」としています。ここにこんな論文が掲載されていました。


E9ffa3bfec53464f14e13fc6adf85d12


この論文の図表を見ますと、ちょっと古いですが、90年のデータを見ると、「得票の後援会依存率」が24.9%と出ています。今は政治家の後援会というんのは組織率が落ちてきています。また、豊田議員が二回生であり、官僚出身で特に地盤を持たないという事を考えますと、後援会基盤ははやや脆弱と考えていいでしょう。そこでこれまたざっくりですが、15%程度だと考えますと、70,984名のうちの15%ですから、10,674名と出ました。

つまり、豊田議員が、バースデイカードを送るような親密な関係にある後援会会員数は最大で見積もっても恐らく約1万名という事になります。

次に、バースデイカードをどの程度の間隔で送っていたのかの報道がありませんが、恐らく現実的なオペレーションとしては、誕生日が来る一か月以内にはまとめて郵送するのではないでしょうか。ピンポイントで当日分を数日前に送る、というのは田中角栄クラスの後援会の力がなければ無理でしょうから、当選2程度のペイペイにそんな力は無いはずだとの推測が成り立ちます。


10,674名の後援会のうち、12ヶ月で割ると平均で毎月887.3名の誕生日の方がいることになります。

はい、出ました。

このボコられた秘書は後援会会員に887通のバースデイカードを送り、そのうち47名の個人名を間違えましたと思われます。つまり間違い率は5.3%です。

宛名間違い率5.3%・・・。もしこの通りだとするなら、これはかなり大きな数字と言わざるを得ません。一番大事なお名前でしかも誕生日がらみですから、一般企業で顧客相手にこれをやったら致命傷的なミスと言えるでしょう。


つまり、このボコられた秘書は大いに同情に値しますし、豊田議員はホントどうしもない
ですが、秘書もそもそも社会人としての基本中の基本、仕事の確認作業を怠っていた、という事が言えます。

どうして怠ってしまったのかまではわかりませんが、社会人なら「忙しかったかので」というのは言い訳にならないのは言うまでもありません。

結論から言うとどっちもどっちという感じになってしまいました。

私もしばしばやらかしてしまいますが、皆さん、仕事での確認業務はしっかりやりましょう。後、絶叫と罵倒と殴打もダメ!ゼッタイ!。


気に入ったら押せーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!(違うかな 汗)→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

商品が無いと商店は成り立たないが、「裏方さん」無しでも商店は成り立たない-スポーツビジネスにおける「裏方さん」の重要性

今まで、今をときめく幾人ものサッカー日本代表選手のキャリア公式サイトや、プロ野球サイト、格闘技団体のサイトにJリーグチームのサイトと、Webやモバイルという切り口でスポーツビジネスのお手伝いをささやかながらさせて頂いてきています。

 

サッカー選手が突然引退を表明して日本中が大騒ぎとなり徹夜でその処置に追われたり、年末大晦日恒例の格闘技試合で、中継終了直後に押し寄せる大量のトラフィックを裁いたり、いろんな事がありました。まさかスポーツビジネスの領域のお手伝いをするとは夢想だにしていませんでしたので、人生とはどこでどうなるわからないものです。

 

そんな関わりの中で思うのは、今更ながらですが、スポーツビジネスの本質はやはり「興業」なんだなという事です。

そこにおいては「商品」であるチームやプレイヤーの存在は極めて重要です。というより、チームやプレイヤーの無いスポーツビジネスなど、商品の並んでいない商店と同じでお客さんが来るはずがありません。

 

しかし他方、商店は「商品」だけでは成立しません。店頭に商品を並べてくれる人や、在庫を管理する人、商品を売る人、広告宣伝をする人に経営をする人(営業と同じで「経営」という「職種」があります)・・・バックヤードを回してくれる人、つまり「裏方さん」がいて初めて商店は成立出来る、という当たり前の事実があります。

裏方さんがいなければ商品は商品として売る事が出来ません。そして裏方さんは、しばしば「商品」以上にハードワークが要求されます。しかし、普段、それら裏方さんがマスメディアの光を浴びることはほとんどありません。

 

以前、暴れん坊将軍?として名をはせた横綱朝青龍が、引退する事になった行司、木村庄之助の最後の日、花道で木村氏を待ち受け、花束とその日取った懸賞金の一部を餞別として渡した事がありました。要は裏方さんへの感謝の気持ちだったわけですが、これ以降、これは習慣化し、代々横綱が行うようになりました。ちなみに木村庄之助というのは相撲の行司の最高位の「名称」であって個人名ではありません。朝青龍から餞別を貰った木村さんの本名は阿部さんといい、第31代木村庄之助になります。暴れん坊将軍にしてはやるもんだなぁと思ったものです。

 

しかし、このような話は滅多に聞こえてきませし、ほとんどの場合は、プレイヤーのパフォーマンスや年俸、チームの財政事情、地域貢献と言った、商店あるいは商品の魅力や可能性について報道されている事が多いように思います。

 

そんな中、先日Bリーグの記事を見たのですが、その中に珍しい記述を見かけました。

 

 

記事のメインはチームの社長がリーグの協会の副理事長(多分副社長に近い)を兼務する事によってBリーグを更なる高みへと進めていこうという「非常識な人事」の話がメインなのですが、私がおや、っと思ったのは次の文章でした。

ビジネスとして、おカネを稼ぐ仕組みを作れ

会見で、島田氏が最も強調したのはビジネスとして強化すべき、ということだった。「千葉ジェッツは薄給で休みがなく、残業も多いが、『好きなバスケのためだから』といって働いている職員ばかりだった。それではダメだと意識改革を促してきた。われわれがやっていることはスポーツビジネスではなく、普通のビジネス。一丁目一番地はビジネスとして強くすることだ。おカネを稼げる仕組みを作らないといけない。価値のないものを売っても顧客に見切られるだけだ」。

バックヤード、「裏方さん」の待遇について公の場で話が出るという事は通常あまりありません。私もいろんな種類のスポーツのそういう「裏方さん」とお仕事をご一緒させていただいていますが、彼らの献身的な努力や払っている労力には本当に頭が下がりますし、この記事の通り好きで無ければ勤まらない、なかなかのハードワークです(Web屋もなかなかあれですが)。

 

モバイル、Webを活用していただく事によってチーム運営、経営に資するのは勿論、彼ら「裏方さん」の御役に少しでも立つ、というのが弊社の重要なミッションであります。勿論現実的には出来る事には限度があり、果たして本当にどの程度お役に立っているのか、足りてる点よりも足りてない点の方がまだまだ多いのが現実だと思います。それでも少しでもお役に立ち、チームは勿論そうですが、後ろで支えている「裏方さん」のかく汗を減らす事が出来るようにといつも思っています。

 

島田氏がこのようなお話をあえてこういう場でするのは、恐らく現状について並々ならぬ危機感を抱いているからだと思います。実際市場規模でも野球とサッカー、それとバスケットボールには非常に大きな差があり、バスケは「競技者数はサッカーの60%だが、事業規模はサッカーの10%」です。しかし、裏を返すと、だからこそまだまだ伸びしろがあるとも言えます。

 

 

また、別にこれはプロスポーツチームに限った話ではありません。弊社は東証一部上場企業ではありませんので、当然スタッフの待遇等、見劣りするところは相対的に多々あると認めざるを得ないでしょう。会社としてしっかり稼ぎ、きちんとスタッフに還元する。経営者として問われる部分です。

 

今後のBリーグの動きに注目したいですね。そして弊社も「お前んとこももう少しちゃんと手伝えや。役立ってねえぞ」とクラブから言われないようにしたいと思います(当たり前ですが・・・)。

スポーツチーム向けに特化したWebサイト・パッケージをご用意しています。コンテンツのマネタイズによって経営に役立たせたい、後援会を立ち上げたい等、Web活用をご検討のスポーツチームはこちらまでお気軽に御相談下さい。実績多数ございます。



気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

最近の写真

  • Tokyo_population_stu07
  • Tokyo_population07_3
  • Img_0987
  • Img_0717
  • Img_0724
  • Img_0717
  • Img_0637
  • 21768097_2092236404135620_299780971
  • 20150116_154224
  • Img_9565
  • 3665e735dd9e144be5d2f311a6abb403
  • 20727916_2031532010206060_477721865