最近のトラックバック

GA

関連リンク

無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

それは熊の方だ、とレオナルドは言った。

さて、いろいろとありまして、気がついたらあれよあれよと7月も終わりに近づき、最近めっきり更新頻度がさがっていて申し訳ありません(汗)。徐々に復活していきたいと思います。

ということで、先日東京出稼ぎ、じゃなかった出張中に、ふと90分ほど時間があいてしまったため、どれ次の打ち合わせ先のそばのカフェで仕事でもしようか、と思ったら、あれ?

20170712_163058_hdr

あれれ?


20170712_163107_hdr_2

あらまあなんと! こんなのがやってるではありませんか!

普段は上野界隈しかマークしておらず、しかも「今年は大した展示会がないなぁ」などとレオナルドと言えばレオナルド熊の方が真っ先に頭に浮かんでしまうくせに偉そうにしたり顔で残念がっていた訳でありますが、コレは超ラッキーと軽やかなスキップで立ち寄ったのは言うまでもありません。実はこの美術館の事も全然知りませんでした。さすがレオナルド熊です。

20170712_170634

歴史的な風情のある、綺麗な建物です。

20170712_170643

都会の中のオアシスですね。

20170712_170212_2

唯一館内の写真を撮ってもいいエリア。

20170806_102525

素描に癒やされました。

20170806_102604

紙はほんとすごいですよね。ダヴィンチもミケランジェロも1500年頃の芸術家です。紙は500年経っても1000年経っても残ります。しかしハードディスクはせいぜい数年です。最近はコストダウンでちゃらい部品使っているせいか、3年でもあぶないです。人類は本当に進化したんでしょうか。

20170806_102537

この展示会、実は想像以上にボリューミーでして、想定外に嬉しかったのですが、後半は全く時間が足りず、残り1/3はほぼ競歩のようになってしまいました。世界陸上ならなかなかの記録だったかも知れません。残念です・・・。

でも9月24日までやっているそうなので、お盆明け無理矢理でも機会を作って、じゃなかった、打ち合わせの合間が偶然空いてしまったら、是非再訪したいと思います。


くまったくまった。とりあえずこれをポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

業界の境界線は溶けていくし、オンラインとオフラインの境界も溶けていく

先日Amazonのご本家(アメリカ)で、オーガニックに特化したどちらかというアッパーミドル向けな食品スーパー、「ホールフーズ(Whole Foods)を買収しました。

 

 

いわば世界でもっともイケイケドンドンなネット企業が、わざわざ?オフライン企業を買収したわけですから、このニュースはITのみならず産業界全体で驚きを持って迎えられました。

 

この記事では、Amazonは単にリアル店舗を買収したかったのではなく(当たり前ですが)、「顧客の購買行動を全面に変えたかった」と解説しています。

 

我々Web業界で言うと、さしずめ「カスタマーエクスペリエンス、カスタマー・ジャーニーの付加価値化」という事になります。

 

確かに顧客の行動を変える、というためには、オンラインだけでは成し得られない事があります。その逆もしかりです。

 

今回のAmazonの買収は、さしずめ日本で言えば、楽天が紀ノ国屋成城石井を買収するようなものでしょう。

 

私はこのようなオンラインとオフラインの垣根を越えた買収は、今後もっと起こると見ています。

 

既にオフラインの業界においてはコンビニとドラッグストア、衣類と家電販売、様々なところで業界の細胞膜が溶け出しています。

 

双方の業界とも、それぞれの強みを最大化させながら、足りない部分を補完する関係が今後益々様々な業界で加速していくでしょう。

 

先日、ソシャゲの会社、グリーが海外拠点をたたむ、という記事が出ていました。

 

  • グリー、海外ゲーム開発から撤退 米子会社を清算  :日本経済新聞

     グリーは7日、海外でのゲーム開発事業から撤退すると発表した。米国やドイツなど3カ所に拠点を持つ子会社のグリー・インターナショナル・エンターテインメント(米カリフォルニア州)の清算手続きに入ることを決めた。同社の従業員130人は解雇する。グリーはこれまでも海外拠点の見直しや人員削減を進めてきたが、ゲームの開発を国内に集約する。

 

その昔サイバーエージェントの藤田社長が、海外に出て行くITベンチャーに対して「どうせみんな戻ってくる」と言っていましたが、まさにその「予言」が的中した形です。

 

歴史をさかのぼると、ジャストシステムが「一太郎」や「ATOK」で国内を席巻していた頃、勢い余って?米国に進出して、日本語で培った言語解析技術を生かして英語でも最高のワードプロセッサーを作る、そして世界征服します、という時代があったのですが、当時創業者でもある浮川社長と対談した大前研一氏が対談後

 

「安易な海岸進出は絶対にうまくいかない。そもそも無理。むしろ国内にとどまって日本語の技術を磨くべきだ」

 

と指摘していたのが強い印象に残っていますが、案の定ジャストシステムは大前さんの「予言」通り、その後数年で西海岸の拠点を閉鎖、今、会社の屋台骨は結局日本語入力で圧倒的な定評のあるATOKです。さすが大前さんだなと感服したものです。

 

グリーの場合、海外進出しないのであれば、では、どのような経営戦略を採るべきだったのでしょう?「任天堂の倒し方、知ってるよ」とクチが滑った管理職がいたという伝説もありますが、確かに当時任天堂は結構な落ち目で、ハードウエア系ゲームはもう終わり、これからはモバイル端末がプラットフォーマーだよね、という時代だったので、そっち系のゲーム会社を買収するという選択肢はあまり無かったかも知れません。では、では何を買収すべきで、何に特化すべきだったのか?経営者のポリシー、審美眼、胆力、経営戦略が問われるように思います。

これをポチっと押す貴方にはかなりの審美眼があります・・・→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

都民ファーストの会のサイトにある政策コピーがすごい

実は「都民ファーストの会」のWebサイトを初めてみたんですが、この政策のコピーはすごい。驚きました。自民の自爆はあるにせよ、勝つわけです。納得です。まだかなりサイトが重く、アクセス集まってるみたいですね。


「ドンはやめても、小さなドンが出る。どんどん」。

「東京は、はやい。都政は、おそい。都議会は、もっとおそい。」

「過去25年間で成立した、議員提案の条例は、たった1本。都議会って、何してるの?」

うまいです。うなりますね。

前にも書きましたが、私は大前研一さんがその昔都知事選に出たときに、選管公認のビラを制作させてもらったんですが、その時の事を思い出しました。「おじいちゃんを年寄り扱いするな!」とか、とにかく分かりやすく届ける事を重視しました。それと同じ意図を感じます。

専管ビラはスポーツ新聞の紙面のノリで作らないと有権者に届きません。すごいレベルでやってますねこれ。小池さん自分でコピーの校正してそうです。

国民ファーストの会も立ち上げは近いですね。

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

家入さんの奥さんから学ぶ、お金の持つたった一つの重大な性質とは

キャバクラで大金を毎晩の様に使ったり、東京都知事選に出たりと、業界ではなかなかそっち系(どっち?)の人物として知られている家入一真氏ですが、その元奥様の大変興味深いインタビュー記事を読みました。本の宣伝でもかねているわけですが、なかなか赤裸々な内容になっています。


昔楽天が上場した頃、三木谷社長が六本木で一晩に数千万使った伝説がまことしやかに語られていましたが、当時の三木谷社長はライブドアの堀江社長(当時)との対比で財界のジジ殺しと良く言われており、このため、時々おいたをしてしまう若手のベンチャー企業という文脈で、何となく暖かい目線でメディアに書かれていました。しかし入家さんの方はガチで毎晩使い込んでいたようで、こちらの場合はかなり生暖かい目線で見守られながら墜ちていった印象があります。


当時のご家庭の様子、散在の状況は記事をご覧頂くとして、この記事を一読して改めて感じた事は、実はしばしば社内で言うのですが、

お金を稼ぐのは本当に難しい。しかし、お金の意味ある使い方は更にもっと難しい。

という事です。

20170703_200638

有意義にお金を使う事に比べれば、お金を稼ぐ難易度など知れています。

我々凡人はほとんどの場合、お金を稼ぐことにひーひー言いますが、実はもっともひーひー言うのは、その汗水垂らして貯めた大切なお金を、いかに意味ある使い方が出来るか、という事です。これには人としての品格、教養、人格、能力、全てが問われます。

ほとんどの人は使い方に困るほど持っていませんので、お金の意味ある使い方について、シビアに問われることはあまりありません。

なまじお金を持っていて、「人」が伴ってないとこの人のように巨額のお金をあっさり溶かしたりしてしまうワケです。

このお金の持つ性質、つきあいの難しさは、お金を沢山持てば持つほど顕在化していく事になりますが、少額でも目に付きにくいだけで、本質的には変わりません。お金は意味のある使い方が本当に難しいものです。

私も普通預金に入れっぱなししてある12億をどうするかいつも困っています(念のために書きますが冗談のつもりです)。

何はともあれ、面白い記事ですので、元奥様の記事を是非御欄下さい。元奥様は御本人の意思とは無関係に、普通の人であれば到底経験出来無いであろう、ある意味素晴らしい経験が出来ました。今後の人生はきっと実りあるお金の使い方が出来るのでは無いかと思います。


気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

最近の写真

  • 20150116_154224
  • Img_9565
  • 3665e735dd9e144be5d2f311a6abb403
  • 20727916_2031532010206060_477721865
  • 20170806_102604
  • 20170806_102537
  • 20170806_102525
  • 20170712_170643
  • 20170712_170634
  • 20170712_170212_2
  • 20170712_163107_hdr_2
  • 20170712_163058_hdr