最近のトラックバック

GA

関連リンク

無料ブログはココログ

« 2017年8月 | トップページ

クリエイティビティと管理能力は共存しうるか-天才と天災は紙一重

今まで20年近く会社をやっていますと、当然ですが、様々なスタッフを面接し、採用し、一緒に働く事になります。

弊社の様な一応小さい規模ながらも東証一部上場から地方の3人でやっている産直のネットショップまで、様々なお客様とお仕事をさせていただいていると、当然要求される技術的能力、コミュニケーション能力は多岐に渡り、脳みそをフル回転させないとなりません。

そうやって一緒に働いていると、当然ではありますが、社長というのは本来は人を見つめてマネジメントするのが主な職種であるがゆえ、スタッフの人となり、特徴、価値観、主義主張性癖(はないか)、傾向といったものがぼんやり見えてきます。

企業にとって有益な人材、という視点で見ると、人材は概ね以下の二つの視点で見ると、ある一定の傾向がある事に気付きました。

1 管理能力

2 創造力


ほとんどの人材は、大体この二つのうちのどちらかに重心があります。そしてどちらかに偏ればよるほど、もう一つが欠落する傾向が高い事に気付きました。

例えば世間的によく知られている事例としては、チームラボの猪子社長が代表例でしょう。クライアントとの打ち合わせや、NHKの取材に寝坊で遅刻など、彼の武勇伝?は業界ではよく知られています。

こちらの記事にも遅刻の話が書かれており「時間と言う概念は絶対的なものではない」と一席ぶっている訳ですが、巻き込まれる周りの人は良いハタ迷惑ですが、これもここまで天才だと許される範囲なのかもしれない、と思ってしまうところが猪子社長のすごいところです。まさに天才と天災は紙一重です。

かく言う弊社の某取締役も、技術的な能力、提案力は弊社の規模にはもったいない位、ずば抜けて高く、解決出来なかった問題を思い出す事が難しい位で、私もそこに置いては全幅信頼を置いており、この20年近く一緒にやっております。

が、他方、一部のお取引先はご存じの通り、地図が読めず、最初に往訪する顧客の所には高確率で遅刻するという傾向があり、寝過ごしての遅刻では無い分猪子さんよりまだマシですが、顧客から見れば遅刻はどこまで行ってもただの遅刻に過ぎません。私としては毎回はらわた煮えくりかえりつつ、出来るだけ待ち合わせ時間を早めに伝えたりと工夫に余念がありません。

これらは2の創造力に著しく偏ったケースですが、当然その逆もあります。というより、ほとんどの世の中の人は、私と同じく1に偏っているケースでしょう(社内的には中途半端な2じゃないかとつっこまれていますが)。

この手の人材の特徴はそこそこ、あるいはきちんと、コンスタントに仕事を運べるので、安定性、信頼性が大変高いという事です。安定性は仕事において極めて重要な要素です。

そしてその裏返しとして、創造力は同じレベルにはないため、そこは正直な所、あまり期待出来ません。言い方を変えるとするなら、期待してもいいと思いますが、アテにはしない事が登用において重要だと思います。

2の創造力に偏っている人材も、管理能力に期待はしてもいいと思うのですが(どんな事にでも可能性はありますので)、もしそれをアテにしていたら、それはやはり経営者失格と言えるでしょう。なぜなら高確率で無理だからです。経営は宝くじが当たる前提で考えてはいけません(と、自戒も込めて書いています)。


勿論中には両方とも極めて高いレベルで兼ね備えた人材もいるとは思いますが、ほとんど見たことがありません。恐らくそういう人達はまさに世の中の誰もが知っているような経営者なのかも知れません。

企業経営もサッカーも野球も結局は「団体競技」です。チームとして成し遂げたい成果を実現するために、チームで一緒に働く人の傾向を良く見て、お互い無いモノを補完し合い、組み合わせて活用していくことが、とても重要なように思います。


宝くじは買った事ありませんが、パチンコは若かりし頃結構行きました。気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

「#拡散希望RTお願いします 」という敗北宣言

ツイッターを見ていると、しばしば、


#拡散希望RTお願いします


というハッシュタグを見かけます。

主にアイドルとか左とか右の人とか犬が居なく無った見つけて下さいとか、とにかく情報を広めたい!というその手の事に良く使われているようなのですが、個人的にはこのハッシュを見る度に、もう少し何か気の利いた事は出来ないだろうか、と思います。

当たり前ですが、何かよほど特別な動機でも無い限り

「拡散希望RTお願いします」

と言われて

「はい、わかりました」

とやってくれる人はほぼ皆無です。

これを企業に置き換えると、

「うちの商品良いので買って下さい」

「はいわかりました」

とか、

「うちは良い会社なので入社して下さい」

「はいわかりました」

とか、

「一目惚れなので結婚して下さい」

「はいわかりました」

というのと同じ事で、どれくらい非現実的な事なのかが分かります。

A is good, so buy it. 

というのは高度経済成長期のお話であり、これだけ生活者の嗜好や行動が多様化した現代においては、全く意味をなしません。

20150116_154224

要は「#拡散希望RTお願いします」というのは、会社に置き換えると「土下座営業」に近いのでないかなという印象すらあり、個人的にはそうお願いした時点で「負け」なのではないかと思うのです。 そういう依頼を見るとむしろ何かウラがあるのではないかと勘ぐる方が自然ではないでしょうか。かえって逆効果の面も否めません。お願いしますと聞いてはいはいと聞いてくれるのは失礼ながら一部の情弱と言われるような良く事情の分からないカモ方か、あるいは関係者がせいぜいでしょう。

お願いして聞いてくれるほどシンプルな時代ではありませんので、逆にどうやったら拡散してくれるのか、そもそも発信する情報、コンテンツに魅力が無ければなりません。松下のような圧倒的な販売パワーで売るのか、ソニーのような魅力的な商品・ブランドで売るのか、という時代がありましたが、個々人の価値観が多様化した時代においては、ソニーのようにお願いするよりもされるような、いわば勝手にバズってくれるような情報発信力が求められています。

と、言ってすぐ出来るほど、簡単な事では無いのはもちろんですが、お願いするより、そちらに知恵を絞った方が建設的かつ現実的な様に思います。ツイッターの「#拡散希望RTお願いします」を見る度に、そのような事を思う今日この頃です。




この記事#拡散希望RTお願いします!!!!!!(全力か)→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

「一日一日が、奇跡なのだと知る事です。」

先週は月曜に東京日帰り出張、そして普段から仕事やプライベートでもいろいろとお世話になっている身内の方の葬儀が急遽あり、水曜から再び首都圏に行きました。

週2回東京方面というのは以前は結構あったのですが、今回は久し振りでした。

Img_9565


それが終わって、札幌に戻ってきて、自社サービスに関するWebシステム開発の件でお世話になった方に、久し振りに御連絡を差し上げたところ、なんと7月にガンでお亡くなりになっていました・・・。

年齢的なこともあるのかも知れませんが、葬儀がちょっと増えてるような気がします。

私の大好きなドラマに、「リーガル・ハイ」という昔フジで放送されていた法曹バラエティという珍しいジャンルのドラマがあります。堺雅人が扮する裁判で無敗を誇る古美門研介(こみかど けんすけ)がぶっ飛んだキャラと、アシスタントのガッキーが難しい裁判を次々と解決していくというドラマなのですが、このぶっ飛びキャラの古美門が時々しみじみと本質を突いた台詞を言います。

医療過誤裁判で、訴えられた医者側についた古美門は、法定で無くなった遺族の弁護人と論戦を繰り広げます。その中で、こんな台詞を言うシーンが出てきます。

「我々に出来る事はせめて、今ある命を慈しむことです。

一日一日が、奇跡なのだと知る事です。」

そういえば「人生、生きてるだけで丸儲け」そんな事を言った人もいたなぁと、ふとそんな事を思い出した週になりました。

人生は短い。悔いの無いように過ごさないとなりませんね。

今のところ悔いまみれの人生です・・・という方はポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

さよならDropbox-あくまで個人の感想です

今までさんざん使っていたDropboxを解約することにしました。

 

私はクラウドのストレージは長いことDropboxの有料版(Dropbox Plus 年間106.92ドル 税込み)を使っています。

 

内容的には

 

1 写真(個人も社用も問わず)

 

2 書類(100%仕事)

 

の利用に使っています。

 

ところが、このDropboxはちょいとくせ者で、Win系のクライアントアプリの動作がおかしい事が多く(エクスプローラーでの表示等。私だけかな?)かつ、写真の管理もかなり使いにくくなかなか改善されません。

 

以前は写真だけ別アプリとしてリリースした事もありましたが、これもまたすごぶる使い勝手が悪く、利用していませんでした。

 

それでも腐れ縁?で、長く使っていればそのうち改善もされるだろうと言う期待も有り、仕方無く使っていたのですが、一向に改善されないというか、むしろ逆走っている感すらあり、最近、とうとう決定的な出来事がありました。

写真管理の「アルバム」機能が無くなってしまったのです。

ちなみにこの記事(FAQ)には「アルバムはもう廃止しますよ」とリンクは張ってあるのですが、「photos.dropbox.com にアクセスし、ダウンロードするアルバムを開きます。」という記載があり、photos.dropbox.comへのリンクが張ってあります。それをクリックすると、ひたすら画面がロードします。これだと逆に何か出てくるのかとユーザーを誤認させてしまいます。

私もそのくちで、一向にくるくるが収まらないので、はてと思ってサポートに問い合わせましたら、「もう使えません」とのこと。

だったらここもリンク切るなり、リンク先で一言かけよ・・・。そもそもこのページで「廃止します」って追記してるくらいなんだから、大した手間じゃないですよね。

Dropboxはこういう「ちょっとした不親切」が多く、実はコンシューマー向けサービスの場合、こういうきめ細やかな対応取れるかどうかで、かなり評価に影響を与えます。個人などを対象としたサービスを行う方は十分留意してください(このエントリーで一番大事なところはここです)。


廃止された「アルバム」はストレージにある写真を任意にグループとして紐付けて管理出来る機能で、他の人との共有も容易です。 

今まで作ったアルバムがパーになっただけでも写真の整理に大打撃だったのですが、更に追い打ちを掛ける出来事が起こりました。

 

ブラウザ上で複数の写真の一括選択が出来無くなったのです。

 

今まではある写真をクリックして選択し、その後別の写真をShiftキーを押しながらクリックすると、その間の時系列の写真を、一発で全て選択することが出来ました。

 

ところが「アルバム」の機能と一緒にその機能も無くなってしまったのです。

 

当たり前ですが、このような操作機能は基本中の基本でBoxでもGoogleフォトでも、どんなサービスでもごく普通に使えます。

 

始め何かのバグなのかと思い、サポートに問い合わせたところ、

 

3665e735dd9e144be5d2f311a6abb403
※担当者の名前は消しました

 

とのこと。唖然・・・・(・0・)。

 

私は写真はかなり容量を使うため、Dropboxに入れた後はローカルから削除しています。

 

Dropboxをやめるためには、当然今までアップした写真をダウンロードしないとなりませんが、特定の写真だけを落とす事が出来ないのです。写真一枚一枚、気の遠くなるクリックが必要です。

ローカルPCとの同期をするにも、別途HDを買わないと容量的に落とせません。まあ、どのみちいるだろうとは個人的には思っていたのでいいのですが、何なんでしょうこれは・・・。


ということで、Dropboxには見切りをつけまして、他のサービスに移すことにしました。

今のところ写真はGoogleフォトにしました。Dropboxで感じたような不便さは全く無く、直感的に使えて文句なしです。ストレスフリーって素晴らしい。すぐ 1TB追加で買いました。なんで今まで使わなかったのだろう。

仕事で使うファイルはOne Driveにしました。こちらはファイルを共有・閲覧する人にもMSのアカウント取得を強制するのがチト鼻につきますが、仕方ありません。どうしようもない場合はGoogle Driveでオッケーです。

勿論中には私の様な不具合を起きてない人もいるでしょうし、機能の廃止や使い勝手の変更に、何一つ不自由も感じない人もいるでしょう。あくまで個人の感想です。ご注意下さいませ。


効果・効能を示すものではありませんが、気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

« 2017年8月 | トップページ

最近の写真

  • 20150116_154224
  • Img_9565
  • 3665e735dd9e144be5d2f311a6abb403
  • 20727916_2031532010206060_477721865
  • 20170806_102604
  • 20170806_102537
  • 20170806_102525
  • 20170712_170643
  • 20170712_170634
  • 20170712_170212_2
  • 20170712_163107_hdr_2
  • 20170712_163058_hdr