最近のトラックバック

広告

無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

自前主義かパートナー主義か

弊社では数年前と最近とで非常に大きく変わった「仕事の仕方」の変化の一つに、「自前主義との決別」、というのがあります。

それまでは完全に自前主義で、システムもデザインも自前(社員)のみでやっており、社外のパートナーさん、いわゆる「外注さん」とは本当に気心の知れた昔からのつきあいのある人だけと、例外的にやっている形でした。

しかし、最近はそれを変更し、自社の開発リソースを残しつつ、むしろ外部の一芸に秀でたパートナーさんとの連携を強化し、自社はプロジェクトマネジメントや企画提案に特化する方向に舵を切っています。

Img_0016

自前主義かパートナー主義か、というのは、それぞれ一長一短があります。

ものすごくカンタンに言うと、以下のような形です。

まず自前主義の場合、リソース管理・品質管理はかなりしやすいというメリットがあります。これは安定的に開発、制作する上では大変大きなメリットです。

しかし、その裏返し、デメリットとしてはお客様に作りの手の都合を押しつけやすくなります。つまり、自社が開発・制作出来るものをお客様に提供しようとするので(というか、それしか出来ない)、おのずとお客様起点にならない、自社起点になってしまいます。

パートナー主義の場合は綺麗にその表裏一体で、パートナーはほとんどの場合、隣の机に座っていない分(優秀な人ほど常駐を拒否します)当然リソース管理やコミュニケーションにはワンクッション入ります。

しかし、メリットとしては、社内では採用も育成が難しい、時間もかかってしまう優秀な人材を、即戦力として即投入が出来、品質の高いものがつくれる。

また、自社で作れるもの縛りがありませんので、あくまでのカスタマーファーストの視点で会社や人材のチョイスが出来、案件にあった、最適なチームを組み立てる事が出来ます。

Img_0014

弊社としての基本的な経営方針としては、今葉受託開発がメインですが、最終的には自社サービスを中心に据えていきたいと思っています。

ですが、どちらの柱がメインであろうとも、「カスタマー・ファースト」なのは変わりません。

いかに品質の高いサービスを提供していくかです。

ミニマムとしての開発リソースは残しつつ、一芸に秀でた人達との連携を強化する、という「方法論」を今は選択していますが、未来永劫そうかと言えば違います。

手段と目的は違います。

そこを混同しないように進めたいと思っています。

Img_9944

というわけで、上記の経営方針において、プロジェクトを切り盛り、お手伝いしてくれる人材は極めて弊社にとって大切だと思っています。

壮大な前振りが終わりましたが、Webアシスタントディレクター(開発支援スタッフ)の採用選考が遅れていてすいません。

鋭意進めて参ります。御連絡差し上げる方、どうぞよろしくお願いします。

 

そういえば前回お犬様のお話し書いていて徳川慶喜思い出したな。。。気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

「犬を飼ってるのですが、出張はありますか?」

最近ほんと台風とか謎の天気が多いですね。

さて、採用状況についてなのですが、今回は出だしから割とご好評頂いているようです。ご応募頂いた方、大変ありがとうございます。

Img_0013
何のポーズかよく分かりませんが、前回の採用活動で入社したA君

引き続き広告は掲載していますのと、今回は最低2名採用したいと思っていますので、ジャンジャンバリバリお申し込み下さい。ご質問だけでも歓迎です。

それで、いくつかご質問を頂きましたので、FAQとしてまとめた方がいいかなと思いまして、こちらにまとめさせて頂きます。

ご応募を逡巡している方、これを機会に是非チェックしてみてください。

Q どのようにクライアント様を獲得しているのですか
A 基本的にはWebからの新規申し込みか、既存のお客様からの追加開発のご要望という形になっています。

Q 現時点で技術的知識がなくても本当に大丈夫ですか
A ガチで大丈夫です。


Img_9963
入社したてのA君「ブギウギ専務、結構おもしろいぜ、STVさんよ・・・」と言っているのかどうかはわかりません。

Q 内勤業務と外勤業務の割合はどのくらいなのでしょうか
A うーん、基本的に弊社では内勤・外勤という概念はありません。正直なところ考えたこともなかったので、聞かれて改めて考えてみました。
 
基本、IT企業ですので、場所に縛られず、どこでもworkingは出来ると考えています。
ですが、通常としては、開発支援スタッフはお客様や開発パートナー様とのやりとりが業務の中心となり、メールとチャット、たまに電話がやりとりの基本となります。
このためオフィスでのデスクワークが中心で、あえて言うと内勤がほとんど、という言い方になると思います。なのですが、場合によっては外出でお打合せは(出張も含めて)当然あると思います。

Q 犬を飼ってるのですが、出張はありますでしょうか。ペットホテルに入れないとならないのですが。
A 出張あります・・・(10年以上前に面接で聞かれた内容。聞かれてココロ折れました。あまりにインパクトがあったので、念のため?再掲です)。

ただ、真面目なお話しをすると、ペットは家族だと私は思っています(今うちでは犬飼っています)。大切なペットがなくなって、ハートブレイクで会社休みたい。当然何の問題もありません。有給は使ってこそ意味があります。ためても仕方がありませんので、どんどん使ってください。取得理由に妥当性は必要はありません。業務に致命的な影響が出ない限り、どんな理由でも休めます。それは権利であり、義務だと私は思っています。

Img_5589

Q indeed様で掲載されていた求人も拝見したのですが、開発支援スタッフからステップアップしたい場合は、開発支援スタッフ→Webアシスタントディレクター→Webディレクターという流れになるのでしょうか
A  はい、アルバイトでの応募では無い限り、正社員の方はその前提の方のみ採用を募集しております。厳密には、Webディレクターというより、プロジェクトマネージャーになるかと思います。
本質的なお話しとしては、職種はなんでもいいです。自分を成長させていきたい、という気持ちがあるかどうかが一番大事だと思っています。

Q 社内の雰囲気はどのような感じですか(社長と社員の皆様の距離がとても近いように感じました)
かなりなのかそこそこそなのか、今一つ客観的には分からない部分がありますが、距離は近い方じゃないのなかと思います。ですが、近すぎてもウザいかと思いますので、ほどほどにを心がけています。面接にお越し頂ければなんとなく空気感は伝わるかも知れません。この辺はスタッフから直接聞いて貰った方がいいかも知れません
(割と言いたい放題な連中なので)
419767

Q 「勤務開始可能日」は相談させていただくことは可能ですか
A 採用は急いでおりまして、何とも申し上げにくいのですが、二ヶ月以上かかる場合はご要望に添いかねるかと思います。一ヶ月程度が一つの目安だとお考え頂けるとありがたいです。

Q 週3日勤務で時短勤務(7時間程度)を希望なのですが、正社員としての採用は可能なのでしょうか。
A おそらくアルバイトとしてまずは採用になると思います。基本的には契約変更は難しいのではないかと思っているのですが、短時間の中でも、素晴らしい働きをして頂けるのであれば是非社員としてお願いしたいという事もあると思います。例としてはかなり少ないですがないわけではありません。以前、実際にそういう事例もあります。

Q 正社員希望なのですが、小さな子供がおり、平日出社は問題無いのですが、9時~17時までの7時間勤務は可能でしょうか
A 問題ありません。

また何かありましたら追加していきたいと思います。

柔軟な発想、柔軟な服装。

今日は対外的には普段から懇意している開発パートナーの会社さんとの打ち合わせが一件のみです。


なので、今日はこんな感じでラフに、IT企業っぽい感じ?で仕事をしています。


Img_0148
 
服装をラフにすると、考え方や発想も柔軟になるような気がします。


実は私はスーツこそ着ませんが、こんなおみ足が出るような格好で会社に行くこともめったにありません(開発系スタッフは短パンで来たりするのもいますが・・・)。しかし最近は割とするようになりました。


どうしてか。


昔、若い頃は「ラフなスタイルが柔軟な発想を生む」なんて事は思った事はみじんもありませんでした。


自分は常に柔軟で、いつでも斬新なアイデアを生むことが出来ると思っており、外部環境に依存する事は全くありませんでした。


なので、東京のよくあるイケてるI企業のオサレ(死語)なオフィスを見ても、「ああ、そういう環境にしないとそもそも柔軟な発想が出てこないんだね。その程度なんだね、かわいそうに・・・」などと思っていたくらいです(すいません著しく生意気で・・・汗)。


Img_0029
見ての通り先日入社したA君のこの写真と本文には一切関係がありません。
ところが、最近は自宅でソファにiPadでいろいろと調べたり、考え事をしてると、オフィスでかしこまっているときよりも、少し頭が柔らかくなっている事に気づきました。


逆説的に、それだけ年齢を経て、自分の頭が固くなっているのかも知れないなぁ、と思った次第です。なので最近少し服装を砕けるようにした訳です。


もっとも、私の事を知る人から見ると、そもそもファッションには全く無関心で、服装も普段からテキトーですよね??何が変わったんすか?とかつっこまれてしまいそうですが・・・皆さんは服装と発想、いかがでしょう?


気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

良い人、にふさわしい会社になるには

昨晩東京日帰り出張から戻りました。


お客様だったり、同業他社だったり、しばしばいろんな方とお仕事をご一緒させていただく訳ですが、その中で、しばしば「この人は出来るなぁ」という人に巡り会います。



Img_0053
後ろの文字は気にしないで下さい・・・
すると、私の悪い癖で、「この人今いくらもらっているのかな」とか「こういう良い人に沢山来て貰うためには、当社や会社には何が足りないだろう」「こういう人が喜んでうちに来たい、といて貰うためには、何をすべきなんだろう」という事をいろいろと考えます。



勿論弊社は三菱商事やニトリでも無く、Googleでもありませんので、足りてないものを数えるより、足りているものを数える方が光速で早いわけですが、やはり志は高く、そこに向けて足下のギャップをどうやって埋めていくのかがとても大事だと思っています。



Img_9920
前回の採用活動で入社してくれたA君。佐々木希がファンです(写真と本文はほぼ関係がありません)
ということで、絶賛採用広告出稿中です。今回は複数名を同時に募集中です。どうぞよしなによろPくお願いします。


 
気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

にほんブログ村

お電話での求人採用のお問合せ

現在Webアシスタント・ディレクター、社内用語で言うところの「開発支援スタッフ」の求人広告ですが(正社員と在宅勤務・週3,4日勤務可のアルバイト)をいくつかの媒体に掲載させれていただいています。

早速先日、お電話で一件お問合せがありました。ご関心をお寄せ頂き、大変ありがとうございます。


それで大変申し訳ない限りなのですが、広告にも掲載をさせて頂いているのですが、お電話でのご質問、ご相談は賜っていないため、こちらのフォームからお願いできますでしょうか。


採用に当たっての、ご質問自体は大歓迎ですので、お気軽にジャンジャンバリバリお寄せ下さい(パチンコか)



Img_0063
前回採用活動で入社してくれたA君「待ってます!」と言ってます
お待ちしています。

明日は東京

明日は東京出張になりました。


Typhoon
と思ったら台風来ていますね。。


大丈夫かな。。
 
気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

にほんブログ村

開発支援スタッフの求人広告開始しました

業界的にはWebアシスタントディレクター、社内的には開発支援スタッフですが、今日からジョブキタ、シュフキタでも広告を掲載する事になりました。

  

今回は正社員と、週数回勤務・在宅勤務も場合によってはOK(個別の事情を聞きながらで)のアルバイトの方と2種類です。小さなお子さんを子育て中の方でも大丈夫です。

  

Img_9944

 

前回入社してくれたA君と

 

まあお気軽にお問い合わせいただければと思います。
Img_9842
田中さん、どのアングルから撮るんですか・・・
どうぞよろしくお願いします。

有給を申請してきたスタッフに

弊社の場合、有給は申請は100%認めています。

スタッフによく言うのは、

「私は有給を申請してきたら「はい」しか言いません。なので仕事に差し支えのないように、事前に他のスタッフやパートナーさんと調整をし、お客様の状況を考えた上で出してください」

という事です。

そして実際、今まで「はい」しか言ったことがありません。

休みというのは、漫然と休もうと思ってもなかなかな休めないものです。
仕事はなんだかんだと続きますし、あります。

なので、集中して、気合いを入れて、「未だ!」というところでしっかり獲ってください、という話をしています。

そう、取る、というより、獲る、感覚かもしれません。

充実したオンあってのオフですし、オフあってのオンです。

Img_6022
また、スタッフに、以下の話もよくしています。

「休もうとした時、スタッフ間でカバー出来ない事もあるかもしれない。その場合
は、私も現場に降りてカバーに入ります。私は皆さんの休みを全力で守ります。
ただ、中にはどうしても緊急事態で、担当じゃ無いとわからない事が出てくるかもしれない。そのときは申し訳ないけど携帯に電話するので、大変申し訳ないけど、協力して欲しい」


現場に何でも丸投げすえるのは無責任です。自分もスタッフの休みのために汗をかく。これは経営者としてはとても大事なスタッフへのメッセージだと思っています。

ということで、業務拡大に月、社内用語で「開発支援スタッフ」、一般的にはWebアシスタント・ディレクターの募集を行っています。今のところIindeedから行っていますので、是非チェックして見てください。

Webディレクター 札幌市 求人

再度、開発支援スタッフを採用募集開始しました。

先日、開発支援スタッフの採用広告をあちこち掲載させていただき、いろんな方からご応募をいただました。ありがとうございます。


それで、業務拡張につき再度採用を行わせて頂く事になりました。同じく開発支援スタッフで、今度は複数名です。ギョーカイ用語的に言うとWebアシスタントディレクターです。


前回入社してくれて早速九州出張に同行してもらいました。別府湾を視察する将軍様、じゃなかったA君。
37022888_2543254015700521_229982912

なぜパイオニアは縮小マーケットに特化したのか?

最近パイオニアの経営危機が取り沙汰されています。

Dsc_0800
    • カーナビ依存のパイオニアは「開拓者」として輝きを取り戻せるか - M&A Online

      パイオニアは長期的な経営悪化が続いており、2010年にプラズマテレビから撤退、2015年にはオーディオなど家庭用AV機器事業も売却した。現在は「選択と集中」でカーナビなど車載機器に特化している。

      しかし、カーナビの主要市場である国内自動車市場の縮小に加え、スマートフォン用無料カーナビアプリの高機能化で車載カーナビの購買意欲は下がっている。主力のカーナビ需要の好転が見込めない中で、パイオニアに復活の可能性はあるのだろうか。
    • 名門パイオニア、スマホに泣く 車載特化が裏目  :日本経済新聞

      カーナビメーカーの中でも市販品を得意としたパイオニアは、自動車メーカーが生産段階で埋め込む「OEM(相手先ブランドによる生産)品」へのシフトが遅れた。

       OEM品も楽ではない。森谷浩一社長は2018年4~6月期決算で「OEM事業における減価償却費の増加などで営業損失が拡大した」と苦しい状況を説明した。開発費は今後もかさみそうだ。自動車メーカーは自動運転やネット接続機能などを持つ次世代車の開発を急いでおり、カーナビ機能も飛躍的な進化が求められるためだ。
しかし、実はこの苦境は事前に十分想定されたものでした。

私が以前書いたブログ。

    • カーナビは絶滅寸前の恐竜か?: Web屋の社長は考えた
      2012年7月28日 (土)

      このような一見するとハンデだらけの「独自の専用ハードウエア」が生き残ってきた理由、それはたった一つしかありません。つまり、少なくとも日本国内においてはカーナビの販売の大部分は、新車購入時に抱き合わせて買うケースがほとんどだからです。本体車両価格にインクルードされてしまうので(得てしてそういう場合はカーナビの値段が表向き安くなっています)、多少高くても、使い勝手が悪くても、個別に買って月のローンがかさむよりまとめて買った方が「マシ」だった訳です。

      しかし、スマホがハードソフト含めてこれだけ高機能化していくと、さすがにこのような専用ハードウエアをわざわざ買う必要があるのか、とユーザーが考えるのは当然です。
それでなくても市販品がメインというハンデもあったパイオニアが、どうしてたいした残存者利益も見込めない、急速にシュリンクしつつあった市場にわざわざ特化したのでしょう。


確かにプラズマTVとかを辞めるのは正しい選択肢だとは思うのですが・・・。



不思議ですね。

転職先からまたお声掛けをして貰うと言う名誉

先日、とある会社のご担当者様よりお声掛けを頂きました。

そのご担当者様は、実は弊社のお取引先様にいらっしゃったのですが、別の企業に転職をされました。

転職後しばらく経ってからお声掛けを頂きまして、どうしたのかなと思っていると、

「今は全然別の業種の企業に転職したんだけど、Webを活用したビジネス展開をまた考えている。ソーシャルの活用も含めて提案して欲しい」

とのことでした。

Img_9369_1

話を聞くと、前職時代にいろいろとお仕事をさせていただいたのをご評価頂き、それで転職先でも是非引き続き付き合いたいと思っていたとのことで、今回お声掛けをして頂いたとの事でした。

こういうお声掛けは素直に嬉しいなと思いますし、我々スタッフ一同、モチベも上がります。

お手伝いをしたプロジェクトは予定が極めてタイトなものが多かったのですが、基本的な視点として、なんとか一緒にこのプロジェクトを成功させよう、というスタンスで、チームとして綺麗にまとまって動くことが出来たのがうまく回った要因だったかなと思います。

特にこの案件は私というより(実は私は何もしてません)スタッフの働きが素晴らしく、そこを評価してもらったのは特に嬉しい事でした。

当然ですが、弊社も全ての案件、全てのプロジェクトが100%綺麗に回せているかというと、残念ながらそうではないものもあります。今後も引き続き(おそらく一生)いろいろと努力していかなくてはならないと思います。



気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

最近の写真

  • 201807240102
  • Cab7636fc1029e9ef07cfbdfdbf9ea8d
  • 6d96d943b11750902e0a21e6a788f57d
  • 20170524-162429
  • Img_9156
  • Img_8849-2
  • Img_8871
  • Img_9081
  • Img_7130
  • Img_8933-1