最近のトラックバック

広告

無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

自分のスマホを落とし、あの女子アナのスマホを拾ったお話し



最近「スマホを落としただけなのに」という映画が封切られて何かと話題のようです。

Img_2404

それで思い出したのですが、つい数ヶ月前、東京出張の際、あろうことかスマホを落としてしまいました。

私はiOSとAndroid二台持ちなのですが、空港のラウンジで仕事をし、さて搭乗時間だなと最終チェックインに並んだとき

「あれ?Androidがない!」

と気づきました。

 しかし、もうラウンジに戻る時間もなかったため、仕方なくそのまま搭乗し、泣く泣く札幌に戻りました。勿論ロックはしっかりかかっています。翌日速攻で電話をかけたところ、無事見つかったとのことで郵送して貰う事になりました。とりあえず一安心です。

ただし、実は落としたのはスマホだけではなく、神保町の古地図専門店で買った(すいません妙な趣味で・・)長崎県の古地図もセットだったのですが、なぜかこちらは見つかりませんでした。こうやってアート作品というのは歴史の中に消えていくモノなのですね(というほど全く高額ではありませんが。。)。

で、無事スマホは手元に戻ってきたのですが、その数日後の事です。  

市内を移動中、タクシーに乗る機会がありました。
 
前の打ち合わせが押してしまい、これはもう次の打ち合わせ場所までタクシーしかないな、と思っていると、ちょうどうまい具合に目の前にタクシーが止まり、女性客が降りてくるではありませんか。

これはラッキー!とその女性客とすれ違う形で「良いですか?」とタクシーの運ちゃん(死語)に声をかけ、乗ろうとした刹那、たまたま足下を見ると
 
「ん?なんか落ちてるぞ」

Img_2397

歩道とタクシーのぎり境界線のところに、真っ白な細長い冊子みたいなものが落ちています。なんだ?なんか落としたてホヤホヤっぽいな?と手に取ってみていると、明らかにスマホじゃありませんか。ケースを開けるまでもありません。

すると、それを見ていたタクシーの運ちゃん(死語?)がすかさず

「あー、お客さん、それもしかして今降りたお客さんのかも知れないですよ」

というので「あっ!なるほど!」と振り返ると、姿が見当たりません。あれ?こんな数十秒の間でどこに?と思っていると、これまた運ちゃんが、

「そのすぐ前のコンビニに入ってきましたよ!」

とナイスフォローです。おお、運ちゃん、あんたイニエスタ並に視野が広いじゃないですか!急いでいますがさすがにこのまま持ってタクシーに乗るわけにもいきませんので(当たり前だろ)、

「ちょっと待っててください!」

とコンビニに全力疾走しました。

しかし、全く面識のない人のスマホを手に持つのは当然ですが相当居心地が悪く、時間が経てば経つほど何やらえん罪の匂いがしてきて身の危険を感じます。まだまだ前科(マエ)がつくには早すぎます。早く渡さねば。

Img_2390

コンビニに入るとすぐに無事女性を見つけました。ややぜいぜいと息を切らせつつ、

「あの、これ、落としてましたよ」

とお渡ししました。

「ああ!?ありがとうございます!」

「良かったですね。では」

「あ、せめて、せめてあなた様のお名前を!!」

「名乗る程の者ではありません。では」

とやや後半の会話はねつ造っぽいですが大目に見て下さい。

颯爽とイケメン風にその場を立ち去った私は、店舗を出ると脱兎ごとくタクシーに戻り、

「やべえ、お客様往訪遅刻だ!イニエスタ!じゃなかった運ちゃん!大至急ススキノのエビそば一幻まで!」(注 目的地はフィクションです)

「バレ!(了解)」

とイニエスタいや運ちゃんはスペイン語で言ったように聞こえましたが多分幻聴だと思います。

走り始めてから運ちゃん、いやイニエスタいや逆だ(もう言いません)は

「あの人、誰か知ってますか?」

と言い出しました。

「え?ポドルスキーかトーレスか前園さんですか?」

「いやいや、彼女、●●●のテレビ局の女子アナですよ、ほらあの番組に毎日出てた」

「ん・・・・あー!あれ!あの番組の!」

そういえば今になって思えばやけに美人でしたし、どうりでどこかで見たことがあるなぁと改めて思いました。

もう少し会話すれば良かったと少し後悔しましたが、そもそも話すネタも一切ありませんしマエもいりません。

なんだかとても良い事をした気分になりましたが、その後客先で遅刻を平誤りし、そんな気分もすぐに台無しになったのは言うまでもありません。

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

「恥ずかしい荷物」だったら大問題に発展してたかもしれない件

先日、出張から帰ってきたら、Amazonから荷物が届いてました。

やっと届いたか、感覚的にいつもより2,3日遅いな?と思いつつ箱を見たら、何やら片手で持ち上げられるくらいの段ボール箱です。

実は買った商品はUCC缶コーヒー24缶1箱だったので、「あれ何だろう?何か他に買ったっけ?」と念のため宛名を見ましたが、勿論私の名前です。はて、なんか間違えてポチっとしてしまったかな、こりゃ面倒だな、と箱を開けると、んん!?何これ??全然頼んだ記憶の無い、そして頼むはずの無い商品じゃありませんか!

 

え?どういうこと?と、改めて段ボールの宛名を見ると、確かに間違いなく「田中 亨」と書いています。

しかし、よーーく見ると、あれ?なんと住所が微妙に違う・・・。

そして、結構近い(直線で約1キロ?)。

623870d7b9987e7974b63d910a3eb99c

そう、なんと近所に同姓同名漢字も同じ人がいたのです!

私の「田中」はともかく、「亨」という名前はそんなに珍しいとは思っていませんが、うじゃうじゃいるとも思っていません。実際同姓同名漢字も同じという人に直接会ったこともこれまでのそこそこ長い人生で一度もありません。勿論ドッペルゲンガーも見たこと無いです。

しかし、まさか近所にいたとは・・・・。

まてよ?という事は私が先日頼んだUCC缶コーヒー24缶もそちらに届いているのでは!?

Amazonのサイトから運送会社を調べだし、電話をかけたところビンゴ!

もう一人の田中亨さんも、箱を開けてから「あれ?これ頼んだ商品と違う!?」と電話をかけてきたそうです(しかし、なんですぐこちらに運送会社から連絡来なかったのかな)。

運送会社が速攻で謝りに来ました。



Img_1835


細かく事情を聞くと、我々「田中 亨」さんは、ほぼ同時期にAmazonで注文をし、同姓同名でかつ住所も近かったため、配送を間違えたとの事でした。まさかのミラクル、シンクロニシティです。

運送会社によると、配送時にトラックには住所ごとに荷物を仕分けして積んでおり、荷物を届ける直前に、荷物番号を確認し、バーコードを読み込んでから配るとのこと。

この限られた聞き取りから推察すると、.

1 トラックに荷物を積み込む時点で、同じ住所の仕分けかごに荷物を入れてしまうというオペレーションミスをした。もしくはミスでは無く実際に同じかごだった。

2 バーコードリーダーで何を管理しているのかは不明だが、少なくとも「配送地点」(住所)の位置データと荷物の相関関係まではチェックしていない。ので、配送時にエラーが表示されなかった。

という事なのかと思います。相手の田中さんもそりゃさぞびっくりした事でしょう


「近所に同じお名前の方がいるのはわかったので、これで今後は十分注意いたします。すいません・・・」とドライバーの方(女性2名)が平身低頭お詫びをしたので、そのまま受け入れました。まあ実際実害はありませんでしたし。

しかし、これ、よく考えると、相手も自分も恥ずかしくない荷物(ってなんだ?)だから良かったようなもので、もし●●●●●●や●●●だったら(お好きな文字をお入れください)一体どうする気だったんでしょうか。この場合は男性が謝りに来たのかな(汗)。

とにかくびっくりした出来事でした。


気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

採用結果

ちょっと間が開いてしまってすいません。

無事2名の方に入社していただく事になりました。ご応募頂いた方、ありがとうございます。

ですが、引きつづきもう数名の採用を考えています。

近日中にまた広告を積極的に打つ予定ですので、どうぞよろしくお願いします。


気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

「顧客写真」ではなく「お客様写真」

弊社ではお客様とのお取引の中で写真素材を管理する機会というのが当然存在します。

普段、Googleドライブに格納しているのですが、そのディレクトリ名を先日、

顧客写真

ではなく、

お客様写真

に変更しました。

どうしてそうしたのかということなのですが、どちららもお取引先を示す日本語としてはあっています。

しかし、やはり基本「お客様」という言葉を使うべきだと思うのです。

我々は普段、お客様からご依頼をいただき、Webサイトやスマホサイトのコンサルや開発を行います。

そして、その対価をお支払い頂く。

我々の給与は、私がスタッフに払っているのでは無く、お客様が払って頂いています。

我々はお客様の奴隷ではありません。

お客様が発注先を選ぶ権利があるように、我々にもお客様を選ぶ権利があり、対等な関係だと私は思っています。

そしてそれを踏まえた上で、受け取ったサービスに価値があると見なし、お客様の意思でお支払い頂いた時のみ、我々は給与、報酬を受け取ることが出来ます。

ちょっとした言葉遣いの差かもしれませんが、サービスの提供者、開発会社というのは、気をつけないと自分の都合をお客様に押しつけてしまいがちです。

そういう事は普段のちょっとした、なにげない言動で醸成されるものです。

なので、ディレクトリ名を「顧客」から「お客様」に変えました。

そういうちょっとした事に、気をつけたいと思います。


気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

採用の経過ご報告

9月から出している採用広告ですが、無事お一人に入社して頂く事が出来ました。
ありがとうございます。
Img_1535
採用予定は、若干名ということで、後数名採用を予定していますので、引き続きのご応募、お待ちしています。

冬を控えた野良猫たち

昨日は小樽を朝からちょっとブララブしていました。


最近港ではサバやイワシが釣れているせいか、野良猫がすごい多いです。


釣り人から良くおこぼれを貰っています。


さすが目の付け所が違いますね。


44032497_2732745870084667_515074099

厳しい冬を控えて、結構毛艶が良くなっています。


  

今のうちに栄養を蓄えるんだぞ。

 

 
気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

にほんブログ村

サイトの効果をほぼ決定づけてしまう大事な要素とは

先日、とあるセミナー関連サイトのフルリニューアルの関係で、カメラマンさんと一緒に都内でお仕事をする機会がありました。

Img_1249

実は弊社ではWebサイト制作のお仕事で、カメラマンさんに撮影を依頼する事がしばしばあります。

なぜかと言いますと、商品やサービスの訴求に、写真の質はその「効果」に直結する、極めて重要な要素だからです。

弊社では当然ですが、Webサイト制作の受注前の商談時に、お客様にどの程度の写真素材をお持ちなのかお聞きします。特に問題が無ければいいのですが(ほとんど場合問題があります)、何とか別途撮影のご予算を確保頂くようにしています。

また、出来るだけ有料無料の「写真素材」を使わないようにしています。

リアリティに欠けてしまい、嘘っぽくなってしまうからです。

ユーザーは我々提供者側が考えている以上にそういう事に敏感です。

撮影した写真については、納品時は基本的にはライセンスフリーでの納品としています。

ここは大事なポイントで、カメラマンが「大御所」的になればなるほど、権利が難しくなる場合が出てきます。

弊社ではお客様にも、カメラマンの方にも「利用用途に一切の制限はつけずに御利用頂くことが出来ます」という形での受発注・納品を前提としています。

企業のロゴでも、企業が大きくなるほどCIの扱いが厳密ですし、その企業自体も自由にロゴやキャラを触れない、という事も珍しくありません。

最近は特に何かと「うるさい」時代ですので、その辺の確認はしっかりしてご提案・制作・開発を行うようにしています。

ちなみにこの日は、私もお客様からカメラをお借りしまして、なんちゃってカメラマンとして撮影に参加しました。。


気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

さて、どの程度本を読んだのか?

今年年初の目標として、週1冊は本を読む、という事を目標の一つとして掲げました。
で、今何冊まで読んだのかですが既に9ヶ月間が経っていまして、単純計算で既に36冊は読んでいないとならない、という事になります。
今正確な数字はわからないのですが、恐らく10冊読んでない可能性が高いです・・・。
後半リカバリ出来るのか?
頑張ります。。。
ということで、先日読んだのがこれです。
Img_1450
 
正直なところ、この手の本はどちらかというと30代ビジネスマンが読む本であって、それよりかなり上の世代の私が読むような本なのかなとは疑問に思いつつ(そういう事を気にする年代になってしまった!!)本屋さんでつらつらと立ち読みしているうちに買ってしまいました。
Img_1451
 
内容はまあおもしろく、学べる点はあると思います。買って損はありません。
Img_1454
なかなかキャッチーな帯です。
私はかなり駆け足で読んでしまったので、また機会を見て牛のように反芻読みしたいと思います。
良かったら是非チェックしてみてください。
気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

子育て系ポータルサイトのリニューアルをお引き受けさせて頂く事になりました。

さて、自社サイトがほぼ死亡遊戯でそろそろ何とかしないと気まずい状況ですが、子育て系リアルメディアのポータルサイトのリニューアルをお引き受けさせて頂く事となりました。
弊社の場合、ほとんどが直接受注なので、別にお名前を出しても差し支えないのですが、そのうちご紹介させていただければと思ってます。
Img_4093
見て一瞬でおわかりの通り、写真と本文は一切関係がありません。そろそろこういう季節か・・・。

既存のお客様案件と同様に、こちらも気を引き締めてがんばります。
気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

グルメサイトの新規構築をお引き受けさせて頂けることとなりました。

先日、特定の食材に特化した飲食店ポータルサイトの新規構築をお引き受けさせて頂く事となりました。

大変ありがたいことです。

以前、HBC(北海道放送)様の番組連動飲食ポータルサイト「食べれば北海道」というのを構築させて頂きましたが、ポータル系は何かと仕組みをしっかり作らないなりません。

Tb
 
身を引き締めて頑張りたいと思います。
気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

採用の話ばかりでさーせん

最近採用の話ばかりで大変恐縮です。

実は採用広告を出してから一ヶ月間、まだどなたも採用に至っておりません。

この人材難の時代に、ありがたい事に応募は結構頂いているのですが、どういう訳だか採用にいたっておらず、まだ面接などさせていただいています。今までご応募頂いた方には厚くお礼申し上げる次第です(けっしてタカビーという訳では無いのですが・・汗)。

Img_9890

ということで、今週再度ジョブキタさんに求人広告を掲載させて頂きました。

ジョブキタ、シュフキタ、indeed、Wantedlyと、いろんな媒体に個別に出しています。是非弊社の求人をチェック頂ければ幸いです。

今募集しているのは、

Webアシスタントディレクター(正社員)
Webマーケティング担当者(正社員)
カスタマーサポート(アルバイト・在宅勤務可)

になっています。

どうぞよろしくお願いします。

開発支援スタッフってつまり何やるの?

面接で良く「開発支援スタッフ」ってなんとなくはわかるのですが、具体的にはどのようなお仕事をするのですか、と聞かれることがしばしばあります。

会社のスタッフブログに小説風に載せましたので、よろしければご笑覧ください。

限りなく実話に近い内容になっています。


気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

最近の写真

  • 201807240102
  • Cab7636fc1029e9ef07cfbdfdbf9ea8d
  • 6d96d943b11750902e0a21e6a788f57d
  • 20170524-162429
  • Img_9156
  • Img_8849-2
  • Img_8871
  • Img_9081
  • Img_7130
  • Img_8933-1