最近のトラックバック

広告

無料ブログはココログ

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

ヤアヤアヤア Pixsel 3がやってきた

機種変更、それは我慢と忍耐を強いられる、絶対に負けられない自分との戦いです。
世の中に数ある小売販売店舗の中で、これほどSっ気満載の業種が他にあるでしょうか。
ということで、面倒だなと思っているうちにかなり経ち、そろそろギョーカイ人としてもまずいのではないかと思い、先日やっとこさ数年ぶりにAndroidの機種変更をしました。
シャープのアクオス SH-01Hから、GoogleのPixsel 3に変えました。
Img_0673
Pixsel 3 XLの方が勿論画面がでかいのですが、普段もう一台使っているiPhoneの方がPlusなので、Androidの方は可能な限り片手で使えるサイズにしました。
Img_0675
ピンク買いましたが、かわいいいというよりかなり淡い感じでした。
Img_0678
気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

大前研一さんライブで日産ゴーン問題を切る「セコすぎる」

「これは間違いなくクーデーターですね。ゴーンは自分の人事と引き換えに、ルノーに日産を吸収させようと路線を変更した。日産社内では今年のゴーンの任期延長後、毎日その危機感を感じていた」

61f66a7747f22d33096c918c0f7e6b44

「これから先はものすごい難しい交渉になる。会長、社長を辞めさせるのは取締役会の議決で済むが、取締役から降ろすには臨時株主総会が必要になる。

株というのはこんなでかい会社になると、どんなに頑張っても大体20%は議決に参加しないものだ。ルノーは43.7%持っている。80%の有効議決権で言うと、実質半分以上をルノーが持っているという事になる」


「つまり、今の株主構成では、ルノーが同意してくれないとゴーンとケリーの首を取れない」

「経産省なんか出てってもダメ。昔あった、東芝機械のCOCOM違反事件の時のように関係の無い東芝本社の社長と会長のクビを勝手に差し出しかねない」

「ルノーの業績が回復していると言っても、日産にたかっているだけ」

6fcdb857551e5751f122cf9b650b8804

「ゴーンはどこまで悪い奴だったか、というのはもはや過去形、ゴーンは性格悪いでしょ、卑しいですよね、せこいでしょ。そういう人を野放しにした日産の責任はないのか、というと、100%ある。西川社長にもある。フランスはそこをついてくるだろう」

「ゴーンはボロボロの日産を立て直したわけではない。そこを日本のメディアは皆勘違いしている。ゴーンは日産のまずい部分を直しただけ。日産は元々技術力の強い、ピカピカの会社。しかし組合が強かったので官僚的であり、先輩が子会社の社長で強く言えないとか、しがらみまみれの体質に問題があった」

「ゴーンもルノーは立て直せてない。そもそもルノーはボロボロで技術力が無いからだ。つまり技術力のない会社は建て直せない。つまりルノーの方が立て直しは難しい」

「私も日産のフーガ10年乗ってる。日産無くなると僕は困るw」

「マクロンはエンペラーになりたがっている。世界一の自動車会社をフランスに欲しがっている」

60ec73b0e76bf45b2d3df6dfe6e547f4

「日産は今年で終わりだったゴーンの任期がなぜ2022年まで伸びたのか。密約があったのではないか、そこをフランス、ルノーに突け」

「日産は国内のシェアは今や5位の落ち目。ゴーンは日本市場を棄てている」

「世耕大臣は余計なお世話」

「この件で明らかになったのは、ゴーンがいかにセコいか、という事。このセコさは半端じゃない。業績から言えば100億貰っても私は全く問題ないと思っている。それが世界基準。しかし、そもそもゴーンの役員報酬が高すぎるといったのはフランスだ」

「なんでゴーンは日産にばかりタカったのか?ルノーにたかってないのはなぜか?あるんじゃないのか?そういうところをフランスに突きつけて調べさせろ。そうやって反撃しろ。そういう攻め方が交渉では重要になる」

「ゴーンは最初の5年の功績は文句なし。問題はその後だ。ゴーンの手口だけで電話帳一冊にはなる。姉にまで1000万超払わせていたってなんだ。密約を白日の下のさらせ」

先日ポストに書いた記事が今話題になっているようだが、俺はビジネス界のゴッドじいさんじゃない、ゴッドファーザーまたは兄ちゃんだw」


気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

業界を超えて広がるサブスク型ビジネスモデル。でも撤退もチラホラ

最近サブスクがブームです。

お父さん、キヨスクではありません。

サブスクリプションとは、サービスや商品を例えば毎月固定で支払えば、使いたい放題(勿論上限がありますが)になるビジネスモデルの事を言います。

良くあるパターンだと「定期購読」とか「会費」などがこれにあたりあます。

企業から見ると、ある意味風任せ運任せの「スポット型」の売上ではなく、「ストック型」の売上に当たるため、需要予測が立てやすく、経営の見通しが立てやすい、また毎月ちゃりんちゃりん言うので、貯蓄になってよい、という良いことになります。

このモデルは代表的なものとしては、ネット通販、 ECサイト「頒布会会員」であったりとか、携帯公式サイトを月300円で有料会員になるとかそれにあたりますが、最近はいろんな業界でこのビジネスモデルが適用されつつあります。

最近ですと、例えばまさかのギターのFender社がこれで息を吹き返しました。


0f7188976779dcda946ce1dd4c5f72de_2

また、紳士服のAOKIが始めた時はさすがに驚きましたが、あれよあれよという間の撤退となりました。

社長が替わって経営方針が変わったのが撤退の理由のようですが、いずれにしても、サブスクは今後も様々な業界で適用されていきそうです。

てなわけで、採用まだやってますので(どなたも採用しておりません)、宜しければ是非。仲間募集中です。

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

予約キャンセルは罰金が当たり前

昨日、日経新聞にこの記事が出ていました。

   

 

これは海外では当たり前で、予約についてはデポジット、つまり保証金を取られます。

そして予約を無断キャンセルするとデポジットの一部又は全額が返ってこない仕組みです。

つまり、予約するのなら、それなりの覚悟でしろよ、という事な訳ですね。

8f3b189beb4130e8ea2b31f693936218

昨今海外からの観光客が激増する中で、特にアジアの一部の国の観光客のドタキャン率は、結構な割合になっているようです。公式かつ正確なデータは探せていませんが、実はインバウンドのサイトの開発と保守を行っていまして、私も肌感覚として多いなぁ、と感じます。

海外では予約時にクレカ決済が当たり前で、デポジットもクレカで決済が可能です。

ところが、日本では決済業界の自主規制があり、デポジットをクレカで決済する事が出来ません。これが非常に大きなネックになっています。

要は商品を引き渡してこそ初めて売買契約の成立を意味するため、商品を渡す前に商品代金を引き落とす事は契約成立前にお金を取る事に当たるので認めない、という論理になっています。

数年前、日本に本社のある会社が、アジアと欧米向けにECサイトを開設するというお仕事をお手伝いしました。

そこは商品の発送がこれまた工場と送料の関係で香港からというやや複雑な流れだったのですが、ブツが非常に高額でかつ予約がメインという商材で、北米同業は普通にデポジットもクレカ決済できるのですが、日本本社の場合はその仕組みが使えませんでした。

いくつかの国内のメジャーな代行決済会社に聞いたのですが、代行決済は本社が存在している国の代行決済会社と契約するのがルールで、かつその国のルールで運用しないとならないため、北米に本社のある会社は普通にクレカがデポジットで落とせますが、日本だと出来ないわけです。

これはつまり日本に本社があると、かなり不利になることを意味しています。日本国内の同業者で、同様に北米がメインのところは、うまく裏技ですり抜けてデポジットをクレカで引き落とす決済システムを導入していました。

同じく弊社がお手伝いしている日本国内に旅行に来る、特にアジア人をターゲットとしたインバウンドの観光・飲食サイトは、当初は予約システムまで導入する予定でしたが、そもそもアジア人はドタキャン率が半端なく高いという事で、機能実装自体を見送りました。かなり飲食店が泣き寝入りしている事例があるようです。

こういうところは日本もきちんと常識的な国際標準に乗っ取り、デポジットを普通に預かれるようにして欲しいものです。


ちなみに採用はまだまだやってまして、仲間募集中です。

気に入ったらポチっと御願いします。デポジットは不要です→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

ヒットハイカーとの遭遇

昔、ヒッチハイカーが実は殺人鬼というなかなか恐い映画がありました。
なかなかの名作のようなのですが、で、こんな書き出しで言うのもなんですが(汗)、昨日、ヒッチハイカーを拾いました(をい)。

Img_0556
 
所用があり、高速のICに乗ろうとしたところ、行き先を画用紙に書いた若者二人が立っているではありませんか。

ICのそばに立つのはヒッチハイカーのセオリーです。

画用紙に書かれた行き先がちょうど同じであったため、まあいいかと乗せた訳です。

聞くと二人とも弘前大学の1年生ということで、この連休を利用して弘前から札幌に遊びに来て、また弘前に戻るところとの事でした。

合コンが少ないとなげいていたので、合コンは若いうちしか出来ないから今のうちにやっとけ!と励ましてあげました。久しぶりにとても良い事をした気分です。
思い出すと、私がヒッチハイカーを拾ったのは15年ぶりくらいです。

その昔、支笏湖の人気の無い道を走っていて、若いえらい美人のロシア人を二人乗せた以来だと思います。車内で片言英語で会話しながら、国際親善に貢献させていただきました。ダビスダーニャ、スパシーボ、ボルシチ、プーチンコワイ(←とりあえず並べてみた。最後ちょっと違うかな)。

ヒッチハイクは若い人の特権です。私の様なおっさんがヒッチしても、もう誰も怪しんで乗せてはくれないでしょう。私も絶対に乗せません。

ケネディ大統領はその昔演説で、My call is to the young in heart, regardless of age  と言いました。

しかし、生物学的に、若い時にしか出来ないこと、というのが人生には沢山あります。

生物学的に若い皆さんがんばってください。精神的に若い(幼稚?)私も頑張ります。

あ、採用まだやってますので、宜しければ是非。仲間募集中です。

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

上司を呼び捨てにする時

ゴーンが"Gone"してしまってから、日産とルノーの綱引きも当然ですが激化し出していますね。
ルノーも金のなる木、日産から振り落とされないように必死です。

方や日産から見れば、「緩やかなアライアンス」と言っても、開発、購買、精算と機能統合が進んでいましたから、このままではやがてルノーに吸収されてしまうと日本側の危機感はかなり強かったのだと思います。

おそらく今が最後のチャンスと思ったのかも知れません。

そしてゴーン会長は、まさか「日産」側がここまでやるとは夢想だにしていなかったかも知れません。

自分の立場を脅かす有力な後継者を次々と放逐し、周りにスパイを配置し、クーデターの芽を確実に潰す。もはや自分の権力基盤は盤石で、周りには従順な社員しかいないと気が緩んだのかも知れません。

その中で彼のやりたい放題は歯止めがきかなくなったのでしょう。

それが「日産」側、特に従順と思っていた日本人の芽にどう写っていたのか。

ゴーンチルドレンと呼ばれ、信頼の厚かった西川社長がゴーン会長当日即記者会見を行い、

「ゴーンはあまりに長期にわたってやりすぎてしまい、それが今回のような弊害をまねいた」

と長年の上司を呼び捨てした事が、象徴的であったと思います。


気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

紺屋の白袴、もしくは医者の不養生としての自社サイト

自社サイトを放置して早●年・・・。

お客様にはスマホ対応を進めておきながら自社サイトはPC対応のみ。

「弊社の特徴」を押せば準備中。

CMSで管理しないといけませんと言いながら自社のサイトは静的HTML。

お知らせは一年以上何も乗せず。

たまり続けるお客様事例の原稿作成ノルマ。

自社サイト作っても一銭の売上にもならん、そんな暇あればお客様のサイトを作ろう、と後半はほぼ確信犯で放置プレイを続けてきました。

しかし、さすがに昨今これはいよいよまずいよな、これじゃ会社があるのかどうかも疑問にもたれるぞ、せめてもの救いはこのブログとスタッフブログだけじゃん、これはやばい、と思いまして今回一気にリプレイスをしました。

といっても、当然一気にやりましたので、かなり工事中な状態ですし、表示も正直おかしな点がありますが、それまでの状態よりはまだましです。

お客様サイトだとあり得ませんが、後は走りながら修正した方がトータルで見れば早く、完成度も上がるし、まあ自社サイトだからもういいや、この際やっちまえ!状態です。

社内では、「え、田中さん、マジっすか?これこのまんま公開するんすか・・?」と言われましたが、ええ、そうですよ、何か問題が?

既に大分改善が進みました。もうちょっとかかるかも知れませんが、毎日改善していますので、生暖かい目で見てやってください。

そういえば、採用広告出しています。Webディレクター(経験者)とWebアシスタントディレクター、それにカスタマーサポートです。こちらご覧下さい。

興味ある方、是非チェックお願いします。良い仕事して、一緒にうまいもの食べに生きましょう。どっかのIT会社と違って給与から天引きしませんよ(余計な事書いたかな 汗)。

中小企業の社長のおっさんがゴーンから学ぶべき事

やっちゃいましたね・・・。ニュースに耳を疑いました。
私のような田舎の中小企業の社長のおっさんならともかく(私は不正はしていません 汗)、どうやったら財務部やら監査法人やらの目をかいくぐって役員報酬の過小評価計上などが出来るのか、全く理解が出来ません。どういう事??

5%とか10%ならまだわかりますが、倍ですよね?謎過ぎます・・・。いずれにしても今後の調査報告を待ちたいと思いますが、これでゴーン会長はもうGone、逝っちゃったのかなと思います。「やっちゃえ、てかやっちゃった、日産」(YAZAWA的に)。

まあにしても、日産と日本とフランスとの綱引きも最近激化していますから、ややきな臭い、政治的な匂いがしないでもありません。

それで、いろいろと各社が報道していますが、こういう記事を見かけました。
ぬれた犬を叩くのは我々日本人のお家芸ではありますが、まあちょっとあまりにもゴーン会長を過小評価しすぎではないかなという気がします。

すぐこういう「日本は特異だ」って言う人いますよね。価格は需給バランスに沿ってマーケットが決めるものです。良い人材に欧米先進国はきちんと「高額」を払うし、日本は払わない。だから良い人材は日本では取りにくいし、欧米に集まる。なので企業業績にも差が出ている。それだけの事だと思います。

また事実関係はこれからを待たねばなりませんが、状況的にはおそらくゴーン会長はやっちゃってるんでしょうね。日産も何の確証もなく「重大な不正行為」などと書くはずがありません。ルビコン川全力で泳ぎ切って渡っちゃってますから、よほど確証があるのでしょう。

しかし、その事と過去4兆円の債務を4年で解消したのは話は別です。
やはり偉大な功績と言えるでしょう。それまでの日産が先輩後輩のしがらみで何も出来なかったのをゴーン会長は一気に成し遂げた訳です。

結果的にやったことは系列解体とリストラですから、もしかして誰でもやれた、実は簡単な事だったのかも知れませんしこの記事もそれに近い事を書いています。

しかし、少なくともそれまで誰もやれなかった(ので借金4兆円になった)のは事実であり、彼は「俺ならやれる」ではなく「俺はやった」のです。

あんなのカンタンだよ、リストラしただけじゃん、数字合わせじゃん、というのはやはり「後出しじゃんけん」でとっても情けない感じがするのは私だけでしょうか。世の中は「言った事」ではなく、「やった事」できちんと評価されるべきでしょう。
 


それにしても、このニュースを聞いて、やはりジョン・アクトンという歴史家の台詞を思い出さずにはいられません。


「権力は腐敗する。絶対権力は絶対的に腐敗する」

中小企業の社長のおっさんも(私もです)、なんだかんだ言って社長です。周りが100%本音をいう事はあり得ませんし、ブレーキもかけにくいでしょう。その事を肝に銘じて経営をする必要があります。気がついたら裸の大様になってないか、常に気を配る必要が、自分が思っている以上に、あるように思います。一つの学ぶべき教訓かと思います。

あ、採用広告出しています。Webディレクター(経験者)とWebアシスタントディレクター、それにカスタマーサポートです。こちらご覧下さい。

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

山形出張

急遽出張になりまして、山形に来ています。

A1627850ba64c6405ba063c211587344_2
はじめてFDAのりました。新千歳から山形空港直行便があったので助かりました(じゃないと仙台空港経由)。
Faae6a60e58f0f27fa938a320b43ab67
着替えも持ってきておらず、これからレンタカーと宿を予約します
頑張ります。
 
気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

にほんブログ村

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

最近の写真

  • Img_0373
  • Img_0399
  • Img_0092
  • Img_0093
  • Img_9868
  • Img_9872
  • Img_9048
  • Img_9049
  • Img_9050
  • Img_9907