最近のトラックバック

広告

無料ブログはココログ

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

病院とシステム開発と。

先日とある大学病院に知人のお見舞いに行きました。すると大部屋にいた別の患者さんがお医者さんと看護婦さんに「検査ばかりで一体いつになったら治療してくれるんだ!」と怒っていました。なんでも聞いたところによると、入院してからずっとあんな調子だそうだ。

で、周りの噂として、端から見ている分には確かに治療がやけに遅い印象があり、あまりに態度が悪いので、もしかしてお医者さんから不幸を買っているのではないか・・・というお話しでした。

一般論として、病院、医療従事者は患者ファーストです。それに下手なサボタージュでもして万が一バレれば、オオゴト、面倒なことになりますので、あからさまにそんな事はしないでしょう。自分の利益にもならないので概ね性善説に立つことが可能です。また実際ほとんどの看護婦、お医者さんは誠実に職務に当たっていると思います。

ただし、専門知識の格差があるわけで、実際に医療従者の過失を証明することは極めて困難です。この点で治療する側、つまり「専門家」が圧倒的に強い。

また意図的なサボタージュまでいかなくても、ガミガミされると、面倒な人だな、という意識が働きますので、当然そうではない人と比べて大丈夫かな、とベッドに様子を見る機会は減るかも知れませんし、あえて積極的に関与していく、気遣ってあげよう、という姿勢は欠けていくことは容易に想像がつきます。これをサボタージュとして証明することはできません。

この手の騒ぐ人の特徴は、基本的にされる側から見た視点に欠けており、あくまで自分の視点でしか考えられない、という事です。また、それを分かっていたとしても、受け手の心に届くような表現ができない、どちらかというと被害者という立ち位置でしか語れない、という事です。

勿論治療中には認識に齟齬が生じることもあるでしょう。相互に譲れない点も出てくるかも知れません。患者さんは患者さんであってお医者さんではありませんから、病院の事情など知りません。その逆もそう。なので問題があるのであれば、そこをきちんと要素分解して、レッツで病気(問題)を解決する姿勢が大事です。

しかしこれって意外と難しい。そして「姿勢」って意外と透けて見えてしまうものなんですよね。いくら「そういうつもりではありません」って言っても、背中が透けて見えてしまっている事があります。「哭きの竜」じゃないんですが。

看護婦さんとお医者さんが病室を立ち去った後、まだブツブツ文句を言っているその様子を見ていて、Webシステム開発においても、発注主と受注主の関係には同じような事が言えるかも知れないなぁ・・・私もどちらの立場であっても気をつけないとならないな、とふとそんな事を思いました。

ってことで、今日から出張です。哭きの竜、名作です。「あんた、背中が透けてるぜ」




気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

グランドスラム的驚きの白さ

日清食品ホールディングスが自社広告のアニメムービーに大坂なおみ選手を使いました。

  

勿論スポンサー様ですから何の問題もないわけですが、その大坂選手のアニメキャラの肌の色がホワイトウオッシュ化していると問題になっています。


本人は「私が褐色なのは明白。意図的にホワイトウオッシュ(白人化)などがされたわけではないと思う」と大人のコメントで特に騒いではいませんが、どんだけ白いのかな、まあ微妙なゾーンなんだろうなぁ、最近はいろいろとうるさいからな、と思いまして、見てみました。

  

勿論日清食品ではそのアニメ広告を既に引っ込めてしまいましたので、他のメディアで見るしかありません。

  

どれ。

   

・・・・

    

・・・・・・・・

    

・・・・・・・・・

    

アウトです。

 
これはどう考えてもアウトです。グランドスラムなアウト。ウオッシュしすぎです。

というか、どうして広告代理店なり、日清食品ホールディングスでこれを見た瞬間止める人がいなかったのでしょうか?

普段TVCFを見ていても、白人女性の登場頻度がやたら多いですし、黒人はAppleとかごく一部の外資系でしか見ませんので、やはりそういう意識なのかもしれません。

逆に今回の大坂選手の活躍で、そういう日本人の意識が変わるといいですね。


この記事面白く読みました。

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

赤色立体地図

以前ちょっとお話ししましたが、弊社制作事例です。

昨年の見られた記事ベスト10は何か

ということで、2018年に読まれた記事ベスト10を発表します。今までこういう取り組みをしたことがなく、今年からやってみることにしました。

第一位
リリース日:2018/5/3(木)
これは書いていて個人的にもとても感慨深い記事でした。合唱。

第二位
リリース日:2018/1/7(日)
この記事は今読み返しても、かえすがえすPanasonicの決断は残念です。クリエイティビティを失ったエレキの末路なんでしょうか、それとも単に経営戦略上の選択の問題なんでしょうか。世界市場で、コンシューマー向けプロダクトでイニシアティブを取れない、家電王国の凋落を目の当たりにすると言うのは残念な事です(しかも母国だし)。

第三位
リリース日:2016/5/10(火)
意外な記事がランクインです。実は私も平日って何日あったかなと、たまにこの記事探す事がありますw

第四位
リリース日:2008/3/1(土)
10年前に書いた(ってかこのブログ、そんなにやってるのね 汗)記事が未だに4位に飛び込んでくるのがびっくり。この記事中でご紹介している藤野さんの書かれた本は歴史的名著ですね。藤野さんは昨年末ご自身の会社がマザーズに上場しようとして、主幹事証券会社から嫌がらせ?を受けたりと大変受難でした。カンブリア宮殿でも紹介してもらいましたので、証券業界もねたみやっかみなんでしょうか。是非頑張って欲しいです。そういう意味では昨年ちょっと旬だったのかも知れません。ちなみに私はツイッターがきっかけで藤野さんとお友達になりましたw。たまにfacebookでもコメント頂いたりとありがたいことです。

第五位
リリース日:2014/10/19(日)
これもまた結構古い記事です。ココログなんでやれる事に限度がありますが、ログを見ると、直接このページにランディングしている率が95%でした。つまり、企業の営業マンとかが、「営業 失注」などで直接このページに辿り着いているのだと思います。ちなみに直帰率も同じくらいありますw。

第六位
リリース日:2015/1/8(木)
これもまた結構昔の記事。Tipsネタですが、この手のネタで困っている人、結構多いのかも知れませんね。

第七位
リリース日:2010/2/16
実は今回このベスト10の記事の中で、唯一何を書いたか、読むまで全く思い出せないのがこれでした。他の記事は自分としても印象に残っているものばかりなのですが、これだけなぜか全く思い出せませんでした。にしても、昔の記事でもああ、やっぱり手間暇かかってテーマも良かった記事というのは「効果」が長続きするものなんだなぁ、と実感しています。相当昔の記事なので、この記事自体は直接的にはあまり役に立たないと思うのですが、タイトル的なところでニーズが多いのかも知れません。実はパソコンを買うときのお得なコツというのは確かにあり、それはまた別の機会にご紹介したいと思います。

第八位
リリース日:2010/12/14(火)
こういう仕事でお悩みの方、結構多いのかも知れませんね。私はその後考えをちょっと修正しまして、今は必ずしもこういう考え方ではありません。これは時代の流れや自社の立ち位置とも関係しています。この手の人材活用戦略というのは、数学のように絶対的な正解はありません。京セラの稲本会長の教えを家族でやってる八百屋がマネしてもうまくいかいないのと一緒です。経営者が自分の立っている場所で最適解を出さないといけません。そのうちこれもまた続編?を書いてみたいと思います。

第九位
リリース日:2008/12/18(木)
どうしてこの記事がここに来てしまったんでしょう。やっぱりこの手のトラブルで結構お困りの方はいるのかも知れませんね。

第十位
リリース日:2014/8/22(金)
これはリリースしたとき、桁二つくらいアクセスが増えてプチバズった記事です。といっても特段裏技的な事を使ったわけでもなく、いつも通りにブログを書いた後、facebookとツイッターで撒いただけです。私はツイッターもフォロワーが500人くらいしかいませんので(ちなみにフォローは180人)ほとんど拡散力がありません。はてブから結構来たようです。


ということでこうやって見てみると、なんか昔の記事が数字を稼いでいることが分かります。なんと10本中昨年書いたのは2本だけで、後は全部昔の記事です。一番古いのは10年前の記事が2本もランクインしている状態です。

なんだか昔のヒット曲だけで食べている演歌歌手みたいな感じですが、確かにこれらの記事は第七位のデルの記事を除いて、自分的には何らかの手応えを感じたものしかありませんでした。こう考えると、どうでも良い内容の記事を粗製濫造するより、本数が少しでもユーザーにとって面白い、読み応えのある記事の方がPVを集めるというごく当たり前の結論に結びつきます。企業のオウンドメディア運営においても貴重な教訓になるのではないかと思います。

勿論私が有名人であれば、どうでも良い記事でも書けばかなりのPVをすぐ集めちゃうでしょう。「今日のアロマは、これに決めたしん!!」で10万PVくらいすぐ集まっちゃうかも知れません(罵倒も集めるかも知れませんが)。

しかし、今のところ犯罪でも起こさない限り(をい)何のネームバリューもありませんし、宣伝広告費もかける動機もありませんので、大前提として中身がまず大事になってきます。それとSNSのかけ算です。ワインも醸造家の腕がいかに優れいていたとしても、元のブドウがダメダメではどうしようもありません。

ということで、年初の目標の通り、今年は週2本、それなりに皆さんに面白いと思われる記事をしっかり書いていきたいと思っています。

・・・ウソです。ごめんなさい。そんな事狙って書ける訳がありません。せいぜい自分がおもろいと思える記事くらいしか書けません。世間とずれている可能性がありますし。そんなわけで今年もどうぞよろしくお願いします。


年始なんで景気づけにポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

インフルエンザ?

健康管理は普段から気をつけているつもりなのですが、弊社内でインフルAが発生し、風邪気味で体調が悪いものもあり、年明け早々スロースタートとなっております。

社内的にはヒビスコールを入れたりと気をつけていたのですが・・・。ヒビスコールは除菌ではなく殺菌なのでより強い効き目があります。


Img_1429
 
かく言う私も数日前からなんとなく微妙な体調でして、念のため今日のお客様との会食は延期にさせて頂きました。こんな時に大変申し訳ありません。

今日はおとなしく仕事をしていたいと思います。

近くのセブンイレブンに行くと、レジのおばちゃんは全員マスクをしていますした。
今年もインフルなかなかの猛威の様です。

    • インフルエンザの流行、本格化 「注意報」レベル上回る:朝日新聞デジタル
      全国でインフルエンザの流行が本格化している。厚生労働省は9日、全国5千カ所の定点医療機関から報告された直近1週間(2018年12月24~30日)の1医療機関あたりの患者数が11・17人となり、「注意報」レベルとされる10人を上回ったと発表した。

       1週間で推計約44万6千人の患者が医療機関を受診した。前週の約31万3千人から10万人以上増えた。今シーズンの推計患者数の累計は約106万4千人となった。

       都道府県別で1医療機関当たりの患者数が最も多いのは北海道(32・07人)。次いで愛知(30・45人)、岐阜(20・33人)と続く。43都道府県で前週よりも患者数が増えた。



予防策はやはりマスクをする、手洗い、うがいをきちんとする、という事に尽きるようです。

  

  
携帯用エタノールスプレーもあるといいかもしれませんね。出張にもちょうど良さそうです。


消毒用のエタノールは「除菌」ではなく「殺菌」で、ウイルスなどを殺す力があります。


殺菌は呼んで字のごとしで薬品で菌を死滅させる事を指します。薬事法で定めた「医薬品」や「医薬部外品」で使う事が出来る表現です。


ちなみに除菌とは、菌を取り除く事をいいまして、殺す訳ではありません。例えば「石けん」は「除菌」に該当します。といいながらも、例えば台所用洗剤の中には実質「殺菌」機能、効能があります。ただ、普通台所用洗剤は「医薬品」「医薬部外品」に該当するための各種実験や申請を行っていないため、薬事法で言うのところの「殺菌」という言葉が使えないという訳です。


エタノールの場合、具体的にはインフルエンザなどのウイルスの外を覆っているエンベローペという膜をエタノールが破壊する効果があり、結果的にウイルスを殺すことが出来ます。といっても勿論100%ではありませんし、手洗い・うがいはかかせません。


またエタノール濃度は80%がもっとも効果的と言われています。この上のご紹介した「消毒用エタノール Aケンエー(スプレー式) 100mL[指定医薬部外品]」は


>エタノール(C2H6O)を76.9%~81.4%含有しています。


との事なのでばっちりですね。ということで、私も三つ買いましたw


皆さんも体調はお大事に。。
    

研究所で大腸菌を比較対象区用に培養していたのを思い出す。。。気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

その人が元々、アカン人

昨年末、私の知人が居酒屋でこんな看板というか、ポスターを見かけてfacebookに上げていました。

酒が人をアカンようにするのではなく、

その人が元々、アカン人だということを、酒が暴く。

48393104_1529627497170311_477617062

まさに。

至言ですね。

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

2019年なこんな目標でがんばるんば(死語)

という事で、今年の目標です。

■2019年の目標

 

1 週に1度はジムに行って健康管理を徹底する。

 

2 既存のお客様のCSをとにかく上げる事に全力を尽くし、新規を追いかけて既存のお客様をおろそかにしない。

 

3 提案、営業、社長業をしっかり行う。

 

4 礼儀を忘れない。

 

5 速度感を大事にする。多少荒削りでも、早く伝える。
 (考え込んでしまった結果、すごい遅延してかえって良くない事が最近増えてるので)

 

6 スタッフとの過剰な位の意思疎通をきちんと図る
(多分そう思ってやってやっと普通の濃度)。

 

7 月に最低2回、スタッフとランチor呑む。

 

8 CS責任担当者制度の定着と充実を図る。

 

9 毎朝遅くとも7時には会社に出社する。

 

10 毎日睡眠は6時間は取る。

 

11 出張に行くときは目的+アルファのタスクを心がける。

 

12 出張は最低1週間前にチケットを取る。

 

13 週に1冊、月4冊、年間48冊本を読む(最低限)。

 

14 自社サービスを4月までに複数立ち上げる。

 

15 来年はスタッフ皆で東京オリンピック開幕式に行くためのチケットをとる。

 

16 一緒に仕事をしてくれるスタッフやパートナー様やステークホルダー、周り
の人達を大事にする。

 

17 スタッフが当社で勤めていることが誇りに思えるような待遇とクオリティを
少しづつ実現する。

 

18 一期一会を大事にする。

 

19 日常の小さな仕事、作業をおろそかにせず、丁寧に行う。

 

20 月に2回は釣りに行く。

 

21 出たくない呑み会は無理して出ない。

 

22 二か月に一回は美術館に行く。

 

23 四国に旅行に(プライベートで)行く

 

24 5月までにTOEICを再度受けて、前回より良い数字を出す。

 

25 社長ブログは週2回は書き、年間PV6万を目指す
※去年は約3万PV/98記事(1.8記事/week)。つまり記事は同じペースで書き、質を上げてPVを増やす。

 

26 スタッフブログには週1回書く。

 

27 アート系などのプライベートサイトを2つ立ち上げる。

 

28 この目標を常にスマホで確認しながら、アプデしながら一年過ごす。

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

謹賀新年-まずは2018年の目標検証

謹賀新年です。本年もどうぞよろしくお願いします。

昨年正月にこんな事を書きました。
ということで、まずはその反省をしたいと思います(ガクブルガクブル)。

■2018年の目標

1 現場にオペレーションを委譲するための組織作り、田中ヒマ化計画を進める。
→むしろ忙しくなった感がある。反省。組織作りを進める。

2 お客様に提供する価値の最大化を進める。
→理念はあるが、結果がまだまだ伴ってない。

3 一緒に仕事をしてくれるスタッフやパートナー様や周りの人達を大事にする。
→まだまだ出来てない

4 普段の業務の中で気づいた新しい技術、手法についてもっと勉強をする。
→かなり出来なかった気がする。

5 自社サービスを3月までに立ち上げ、7月までに起動に乗せる。
→受託開発中心になってしまって結局手が回らず。今年は必ず立ち上げる。

6 スタッフが当社で勤めていることが誇りに思えるような待遇とクオリティを少しづつ実現する。
→道半ばか?

7 日常の小さな仕事を大事にする。積み重ねで実力をつける。
→気持ちがあったが出来てなかった気がする。

8 仕事はisではなくshouldで行う。
→概ね出来ていた気がする。

9 一期一会を大事にする。
→概ね出来ていた気がする。

10 出たくない呑み会は無理して出ない。
→かなり守れた。

11 スタッフとの過剰な位の意思疎通を図る(多分そう思ってやってやっと普通の濃度)。
→段々出来てきているように思う。

12 月に最低1回、スタッフとランチor呑む。
→5月~10月以外は出来た。

13  月最低2回は釣りに行く。
→全く出来なかった。二か月に一回行けたかどうか。

14 二ヶ月に一回は美術館に行く。
→達成率50%くらいかも。

15 9月にフランスに行く。
→行けずに結局キャンセル。

16 3月までにTOEICをきちんと受ける
→受けたが成績は以下略

17 社長ブログは週に2回は書く。
→概ね守れた

18 スタッフブログには週1回厳守。
→月1本くらいだったかも

19 週に1冊は本を読む
→月に一冊くらいしか読めなかった

20 仕事より健康維持を優先する時を作る。
→たまーに出来た

21 この目標を常にスマホで確認しながら、アプデしながら一年過ごす。
→できてねー


・・・ということで、結論から言いますと、「ほほ全滅」という惨憺たる結果でございます・・・。
 
どういうことやねん・・・・かわいそうなのでポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

にほんブログ村

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

最近の写真

  • Img_3415
  • Img_3094
  • Img_2828
  • Img_2510
  • Img_1591
  • Img_20190817_084239
  • 5df026f4303003fc68cc1b8b2959f68c
  • 046d9bb638e88025b15537f50f4b4460
  • Img_0543
  • 851e1ea8e5a174f865f3bf723215b9e6_m
  • 04f9d40d75ecfd2170908a48bffe83ba_m
  • 00cef8daddbae85768ec9ea2bc0d67f8