最近のトラックバック

広告

無料ブログはココログ

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

「言われたことしかやってくれないんだよね」

「田中さん、今担当してくれてる人ね、すごい良い人で、言われたことをちゃんとやってくれるんだけどさ、そうじゃないんだよね」

 

「はい?」

 

もう結構な昔になりますが、とある都内のお客さんとの打ち合わせで、こう言われた事がありました。

 

当時私は今と違って、現場のオペレーションをかなり離れており、ほとんどを担当者に任せていました。

 

「どういう事でしょう?」

 

こう言いながらも、実は私は内心、わずかばかりの心当たりがありました。そして案の定それは当たってしまいました。

 

「僕もね、毎日いろいろ忙しい中で依頼を出している。それをやってくれるのは本当にありがたいんだ。ただね、彼女は単に言われたことをやってくれてるだけなんだよね。頼んでおいて何だけど、そうじゃじゃないんだよ。こっちは頼みながらも、本当にそれでいいのかな?って思いながらお願いしているわけ。だからそこをくみ取ってくれて、本当は実はこうした方がいんじゃないでしょうか?とかさ、もっと提案とかキャッチボールして欲しいわけ。今の担当の人、とっても良い人で誠実に一生懸命やってくれているだけど、単に言われたこと淡々とやってくれるだけなんだよね。そうじゃないの、分かるでしょ?本来デジファはそこが一番得意だよね。そういうのやって欲しいんだよ」

 

私は勿論そういう事の重要性は認識しており、スタッフにもその趣旨を話したりしていましたが、個々のスタッフ一人一人にきちんと伝わっているかというと、必ずしもそうではないな、伝え切れてないな、という感覚がありました。まあ要は経営者として力不足なわけで、スタッフには何の非もありません。この頃は私はほぼ現場を離れていたため、直接見聞きこそしてはいませんが、何となくそういう事が起きているのではないかと感じていました。それを面と向かって指摘された訳です(ちなみにうちのお客さんは比較的お構いなしにズバズバ指摘してくる人が多い気がします。実はめちゃくちゃありがたいなと思っています)。

 

まあ相当昔の話なのですが、この時のエピソードは今も時々スタッフに話をしていまして、仕事に対する姿勢を共有するようにしています。

 

単に言われたことをやっているだけというけど、それ自体とても尊いことだし、意外と難しい事だったりします。そんなに思うほど、言うほど簡単な話ではありません。しかし、他方お客様から見て「言われたことをやってくれる」だけでは、何の付加価値も無い、という事も厳然たる事実です。

 

常に額面通り受け取って、言われたことだけをやるのではなく、どうしてそうしたいのですか?という動機、理由を聞く。そこから実は別の解決策の方が良いかも知れませんし、今依頼されたことが間違った解である事もあり得るわけです。

 

言われたことだけをやっていれば、仕事をした気にはなるかも知れませんが、結果的には自分を「交換可能な部品化」しているだけで、自分の価値をおとしめているに過ぎないのです。

 

お客様に余人を持って代えがたい、と思われるためには、自分をいかに付加価値化していくのか、感謝されるのか、しっかり考えながら仕事をしていく必要があります。これも言うほど書くほど簡単ではありません。私もこの業界の末席で20年くらいいますが、未だに毎日反省しています。サルも頑張ってます。スタッフにも、このエピソードは時々説明するようにしていますが、それは同時に自分への強い戒めでもあると思っています。

 

 

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

USJが建て直した丸亀製麺

うちの近所に丸亀製麺があります。

実は数年前、ざるの裏のカビ生えていた事件の前、かなりブレイクした時に一度行ったきりなのですが、いつ通ってもお昼時や夕ご飯時に人が並んでいる印象がありました。

ところが、昨今実は客足が伸び悩んでいたとのことで、そこに再建請負人として例のUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)を復活させたマーケッターの森岡氏だそうです。

 

  • 森岡毅氏単独インタビュー 丸亀製麺・復活の秘策:日経クロストレンド
    2000年に1号店を開店し、うどんチェーン最大手に上り詰めた「丸亀製麺」。しかし17年後半からは客足が伸び悩み、毎月前年割れが続いていた。この危機を救い、再び客数増へと転じさせた立役者が、マーケティング精鋭集団「刀」を率いる森岡毅氏だ。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)をV字回復させた希代の“軍師”が、丸亀製麺ではいかなる戦略を繰り出すのか。小売業の将来を見通した“野望”とともに聞いた。

森岡氏はUSJを退職後、マーケティング会社「刀」を立ち上げています。そこで引き受けたようです。

 

私もマーケッターの端くれの端くれとして、森岡氏や、資生堂CEOの魚谷さんの事は一通り知っているつもりです(あ、面識はありません、念のため)。

 

日本では、営業部や人事労務部(大手は特にそう)出身の社長がなることが多く、技術系由来の社長は滅多にいませんし、マーケッターにいたっては絶滅危惧種並に益々いません。日本は同質性の高い社会なので、そもそもマーケティングはあまり重視されてこなかった訳です。

ところが90年代もすぎ、バブルもはじけ、消費者が生活者という名称に変わり、人々の価値観が多様化しだしたことによって、マーケティングは単なる「市場調査」という位置づけから、「価値を創造し、それを求めているお客様に適切に届けること」となり、企業経営そのものがマーケティング活動であるという認知が少しずつ進みました。その結果、マーケッターとマーチャンダイジングの境界線も次第に融合し、上記のお二方のようなスーパースター系マーケッターが出てくるようになったわけです。

 

それまでマーケティングというと本来極めて重要な役割なのに対して、何となくマイナーで肩身の狭いポジションだったものが、一躍注目を集め、企業経営を左右するという事がきちんと認知されて日が当たるようになったのは、極めて喜ばしいことだと思います。

Webの世界はまさにマーケティングまみれです。マーケティングのためにWeb、ネットがあると言っても過言では無いと思っています。企業が価値を生む活動において、Webは決定的致命的に重要な役割を果たします。そのようなフィールドで今(紆余曲折ありつつも)働けている事をとても嬉しく思っています。

 

 

 

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

その「なんちゃらペイ」、不正利用されても自腹って知ってました?

最近ブログのコンセプトを微妙に見直している私です。

日経新聞になかなかびっくりするような記事が出ていました。

  • スマホ決済の不正被害、「補償」8割明記なし  :日本経済新聞(7月24日)

    一方、8サービスは明記がなかった。「d払い」を運営するNTTドコモは「商品等購入代金相当額はいかなる場合であってもお客様にお支払いいただく」としている。メルカリ系の「メルペイ」も「アカウントが第三者に不正利用され、ユーザーに損害が生じた場合でも、ユーザーは支払いの責めを負う」とする。

 

Img_20190817_084239
遅ればせながら最近やっと使い始めました。アーリーアダプターとは無縁は私です・・。

クレカであれば、不正利用があれば、ほとんどの場合100%クレジットカード会社が保証をしてくれます。ユーザーがかぶる必要はありません。

しかし、昨今出てきたばかりの「なんちゃらペイ」ではかなりの会社が「どんな不正利用があってもお客様の自腹ね」という利用規約になっています。

NTTドコモにいたっては上記の通り絶対に保証しない、という感じのようですが、メルペイは7月24日のこの日経の報道でさすがにまずいと思ったのか、8月15日あっさり方針転換しました。

 

 

スマホ決済市場は何しろ日本国内にあって数少ない超成長市場ですが、その分マーケティングの定番法則の通り、市場の成長ステージとしてはスーパースター状態です(稼ぐが金遣いも荒い)。決め手のプレイヤーがおらず、順位も固定化されていませんので、今後も企業側の費用負担によってユーザオリエンテッドな「優しい対応」にどんどん収斂されていくでしょう。ユーザーから見ればかなりお買い得な「商品」なのは間違いありません。私も最近やっと使い始めました。皆さんも是非使ってみて下さい。

 

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

今日が最終出社日

今日は二ヶ月間アルバイトをしてくれたY君の最終出社日です。

 

弊社で早々に正社員に切り替えて・・・と思っていたのですが、突如プログラマーになりたいというチャクラが開き、そのために東京の学校に勉強に行く事になりました。

 

非常に優秀な人材だったので残念なのですが、送り出す事にしました。このまま身柄拘禁するとどっかの半島ですね(まずいかな)。

046d9bb638e88025b15537f50f4b4460

短い間ですが、貢献してくれた事に感謝です。また良かったら戻ってきて下さい。

5df026f4303003fc68cc1b8b2959f68c

 

ということで、採用は引き続きやっています。こちらからどうぞ。

 

 

 

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

大体物事は思い通りにはいかない

仕事をしていると当然ですが「これならまあ3日あれば大体片付くな」とか「これなら2時間あればなんとかなるな」と言う、工数の目安を予測する事が必要になります。これは見積もりを書くときは勿論、日常の業務オペレーションを円滑に進める上でもとても大事な事です。なぜなら仕事というのは普通予定を組んで行うものであり、エンドから逆算して行うものだからです。

エンドを立てられない時は、仮打ちでもいいので、大した根拠がなくてもえいや!と決めてしまう事です。と言いつつ、ついエンドを立てにくいな、、と思っているうちにそのままだらだらとやってしまう事もあったりします。しかし、原則はそう。

予定とエンドを立てなくても良いのはフリーの物書きくらいでしょう。村上春樹がエンドも分量も決めずに長編小説を赴くままに書いていくのはOKですが、普通の人が村上春樹的なスタイルで仕事をしたらどうなるかは言うまでもありません。

この「その業務を行うにはどれくらい時間がかかるのか」というのは、正確に導き出すためには当然経験値や引き出しの数が重要になってくるので、おのずとキャリアが長い方がより正確な工数、予定を立てられるようになります。

Img_0543
旨いものを食べてる時はストレスフリー。あ、採用やってます。

そして大抵の場合、皆さんご承知の通り、なかなか完全にその通りには行きません。

この原因は大体二種類に分けることが出来ます。外部要因と内部要因です。

内部要因は純粋に工数の積算を間違えていたという事。以上です。一番問題になるのがこちら、外部要因というヤツです。例えば取りかかろうとしたらまさかのPCに障害が発生してその対応に時間を取られた、Aという課題を取りかかろうとしたらそれを行う上でBが必要だがそのBが実はまだ準備中でそれはC待ちだった、とか、丘岩君が急遽風邪を引いて休んでしまいその業務フォローに入ったので真田君の予定が狂った、とか、河麻が居下に仕様上のミスを指摘する際勢い余って人格攻撃までしてしまいぶち切れた居下が「もう辞めます」といなくなり開発現場が大混乱になる等ですね(この例え話はフィクションであり、実在の人物や団体などとは関係ありません)。

内部要因はほとんど自助努力で解決可能ですが、外部要因ついては基本的に自分のout of controlであり、いかんともしがたいです。しかし、他方これも年齢を経てくると、大抵のことは「いつか見た風景」である事が多く、また例えあまり見慣れた風景ではなかったとしても、不測の事態は起こりえるよな、と、柔軟かつ最低限のインパクトで済ますことが出来るようになります。

勿論それら想定外の「余計な作業」をゼロにする事は出来るわけではありませんが、物事というのは常に想定外の事が起こりえるし、スムースに何も起こらずうまく行くことはそう多くない、と最近は素直に思える事が増えました。若い頃は思った通りにいかずに不測の事態起こると、イライラとストレスがたまったものですが最近は年齢のせいなのか、達観まではいきませんが、そういうストレスを感じる事はぐっと減ったように思います。それは老化なのか進化なのか・・・まあしかしストレスをいかにためずに過ごすか、という事は仕事でも個人的生活でも、とても大事な事ですし、人は時と共にストレスとの付き合い方を学ぶのだと思います。

私は学習能力にかなり問題があるので、悟りの境地に至るのにはもう100年くらい時間がかかりそうです(どんだけ長生きするつもりだ)。

 

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

超お買い得のJリーグのチーム

驚きました。

鹿島がメルカリに買われた事ではありません。

 

たった、15億円であの鹿島アントラーズを買うことが出来た、という事実です。

 

 

企業が企業を買収するとき、専門の投資会社が資産査定、いわゆるデューデリジェンシーを行います。

もしかして担当者はバレーか野球しか見た事がないのでは?いわゆる「のれん代」が猛烈に過小評価されたとしか思えません。売り手である株主の日本製鉄はその辺うといでしょうから(フットボール・ラバーはいなさそう)値付けを間違ったのでは・・・。

多分に直感的ですが、唖然とするくらい安い、お買い得な金額だと思いました。

サッカー元日本代表の岡田監督も言っています。

 

 

全く同感です。

この業界のお仕事をしている立場として、Jリーグのチームをいろんな企業が「お買い得」だと考えており、実際最近そういう動きが加速しているのは事実です。しかし、もう少しデューデリジェンシー、簿外の「見えざる価値」はきちんと評価すべきだと思います。

鹿島で15億円というのは、昔の野球のON(王長島)時代の話と同じで「王さんがこれしか貰ってないんだから他の選手は(年俸を)我慢しろ」というような副次的な効果を生み出しかねません。

Jリーグのチームが企業が買収する事自体の是非はここでは触れませんが、買収するのであれば、サポータの熱量、影響力等に対して、適正な値付けをするべきであり、その土地においては、県知事や総理大臣の名前より隅々まで知られているクラブの価値を過小評価すべきではないと私は思いますが、皆さんはいかがでしょう?

 

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

高校野球がロコ・ソラーレ北見を見習うべき理由-球数制限への答え

実際には今日時点で500件以上の抗議電話があったそうです。すごいですね。本気のクレームなんでしょうか。。

 

 

こういう抗議電話って、やっぱり昔から高校野球が大好きなマニアや、盲目的狂信的な地元ラブな高年齢者というイメージなんですが実際はどうなんでしょうね。

甲子園の主催者じゃ無いメディアは当然批判的ですが、その逆は当然こういう記事を載せたりします。

 

監督は選手とは運命共同体ですが、ある点において選手とは利害が対立する存在でもあります。監督は甲子園に出て、名声を上げれば自分の価値が上がります。先のことより目の前のことを、と多少無理をしてでも、という傾向が無いとは言えないでしょう。勿論全ての高校野球部の監督はそういうジコチューだという事を指摘したいわけではありません。ほとんどの監督は選手の立場で考えていると思います。ですが、人というのは置かれている立場によって役割や考え方が変わる生き物なのです。

この記事では「どうして高校野球の監督が賛同しないのはなぜか。部員数が少ない公立校が選手層の厚い私立校に対してより不利になるのではないかという意見」と書かれています。

 

851e1ea8e5a174f865f3bf723215b9e6_m

これは誰でもすぐに思いつくデメリットです。有名私立高校は、甲子園に出る事自体が自校の認知度アップになりますから、野球部の費用は事実上の「宣伝広告費」です。ガンガン使います。必然的に選手層が厚くなりますので、球数制限が導入されてしまえば、金を使う私立高校の方が益々有利になり、制限のある公立高校の方が不利なのは言うまでもありません。

しかし、この私立高校が圧倒的に有利というのは、既にそうなっています。こちらのサイトのとおりで、今から60年前は夏も春も甲子園に出場する高校の80%が公立高校でした。ところが、今は真逆で8割近い高校が私立です。

つまり、球数制限が公立私立の格差を助長していまうという原因にはそもそもなり得ません。論理のすり替えと言えるでしょう。

球数制限の問題を解決するにはどうしたらいいのか。専門家でも何でも無い市井の私の意見はシンプルです。

学区外への野球活動を目的とした就学は禁止

です。

これによって特定のお金を使っている一部の学校にだけ優秀な選手が偏る傾向を避けられますので、高校間の戦力が平準化します。「地元の高校が甲子園に出たというので応援に行ったら地元の子が一人もいなかった」という謎の現象は無くなります。おらが町の高校を応援する機運ももっと高まるでしょう。応援に行ったら「傭兵」しかいなかった、なんだ、という目に見えないロスは意外と多いのでは無いでしょうか。「オールオラが町の選手」にょる甲子園参加は、とんでもなく地域を元気に、活性化します。おばあちゃんもベッドから飛び起きます。ロコ・ソラーレ北見を見るまでもありません。

00cef8daddbae85768ec9ea2bc0d67f8

また、戦力が均衡する事によって、今まであり得なかったような高校が甲子園に出てくる可能性も上がります。詳しい統計は見ていませんが今の甲子園は「常連化」が著しく、初出場はめっきり減っている気がします。「21世紀枠」というのは、そういう事を考慮して作られた制度なのかなと思ったりもします。

外から「傭兵」を連れてこれないのであれば、当然今いる戦力で闘わなくてはなりませんし、必然的に育成に注力をせざるを得ません。監督の育てる力は磨かれますし、結果選手のポテンシャルも引き上げられますし、いいことだらけです。甲子園は今より更に国民的イベントとして、どんでもない規模に成長する事が出来るはずです。

 

04f9d40d75ecfd2170908a48bffe83ba_m

私もその昔は日本は資本主義なので、お金を使う=経営努力をしている私立高校が優秀な選手を集め、甲子園に出て結果を出す、それにって高校の知名度を上げる事の何が悪いのか、というより立派な行為であり、経済活動だと思っていました。そこに対して制限を加えるなんてむしろ「逆差別」だと思っていました。その考えは今も基本的には変わっていません。頑張っている私立高校が結果を出すのは当然の事ですし、偉いと思います。

しかし、それがいきすぎてしまい、選手の健康被害に関わってくるのであれば話は変わってきます。

球数制限というのは、単に高校球児の健康問題というピンポイントの問題では無く、長年同じ方式で運営されてきた甲子園という制度、高校野球部の部活制度の金属疲労の結果ではないでしょうか。それがたまたま健康問題となって吹き出してきているのだと思います。高野連、高校野球部、各高校はこの記事の意味をよく考える必要があります。

  • トミー・ジョン手術 4割が高校生以下 野球指導者の意識改革を | NHKニュース
     
    ひじを傷めたプロ野球選手が行うことで知られる「トミー・ジョン手術」、じん帯を切除して行う大手術ですが、この手術を行う病院を取材したところ、手術を受けたおよそ4割が高校生以下の子どもで、中には小学生もいることが分かりました。医師は「予防すれば必要のない手術であり、野球の指導者の意識を変える必要がある」と話しています。


しかしなんだか書いていて、経営で人を育てるのとまるっきり一緒ですね。ヘボ監督なんで頑張ります(汗)。

[PR]札幌のホームページ制作なら

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

最近の写真

  • 086897cd05f56ea91b88293e9587cc6e
  • F902bb2d6f8987af60da3ba6655325c1
  • Ad4b1601c2dd31ef37609efb4c0b5b6b
  • Img_0503
  • Img_1184
  • Img_4115
  • Img_3415
  • Img_3094
  • Img_2828
  • Img_2510
  • Img_1591
  • Img_20190817_084239