最近のトラックバック

広告

無料ブログはココログ

セクハラ疑惑への疑惑

最近セクハラの問題、#MeTooがなかなかホットですが、この手のセクハラ問題というのはとても扱いが難しいのは間違いありません。

しかし、そこを過敏に意識しすぎてしまうと、女性にとってかえって不利益になってしまうケースも出てきてしまうと思うのですがいかがでしょう(僕は一体誰に問いかけてるのか)。

このケースはその典型例かも知れません。

男性側からすれば、この手の話がセンシティブになればなるほど、当然「余計なリスク」は取りたくありませんので、一番簡単なのは極力関わらないようにする事です。

となると、必然的に女性との接触を避けるのが吉となります。

この記事の場合は記者と政治家なので基本的には利害が対立しているのでまだいいですが、ビジネスの現場だとより実態は深刻です。

社員が何千人もいる大きな会社ならまだ回避可能かも知れませんが(?)、小さな会社になるとそれでは済みません。なぜなら人数が少ないと一人あたりのウエイトが大きく、同僚が女性で「替え」が効かない事はごく普通に起こるからです。これは女性から見ても同様でしょう。

弊社の様な全員足してもたかだが二段階うんぬん、じゃなかった十数人うんぬんの人数でも(すいません、無理がありました)まさにその通りで、そんな事をいちいち考えていたら現実的に業務に著しい支障が出てしまいます。

昨年、女性スタッフ(20代独身)と私二人だけで、九州出張でレンタカーに約600キロ十うん時間一緒に乗って移動し、毎晩夜取引先と呑んで同じホテルに泊まり(部屋別ですよ当たり前ですが)、同じホテルで朝食とりましたが(なんか文字で起こすとあれだな 汗)当たり前ですが信頼関係がありますし、お互い何も気にしませんでした。

が、当たり前ですが、相手に罪をねつ造されてしまえば、私は相当「ややこしい」立場になってしまいます。そのような事を真剣に考え、お互い「こいつ大丈夫か?」と意識し、リスクヘッジしようとすると、ホテルは別々にとって、レンタカーも別々となるともう時間もコストもかかってどうにもなりません。

そうなると、一番簡単安全楽ちんなのはそもそも女性は極力採用しない、しても大事な業務にはタッチさせない、異性との接触の極力少ない座敷牢的バックオフィス系業務に限定する、という事になってしまいます。これでは女性の力を生かす事が出来ません。会社にとっても当然損失で逆差別です。

しかしこのセクハラも誰が言うかによって扱いが変わったりします。イケメンなら何を言っても許されるかも知れませんが、私のような汗っかきデブメタボおぢさんだと「お、髪型変えたね」と言っただけでも「田中さん次それ言ったら労基行きますよ」と言われかねません。

幸いな事に今までそう言われた事は一度もありませんが(おもろないオヤジギャグ辞めろとはまま言われますが)、とりあえず山手線に乗るときは両手を必ずつり革にかけてリスクヘッジは真面目にしています。実際それでえん罪にかかった同業の社長さんを知っているからです。

基本お互いの信頼関係という事なのかと思っていますが、最近は男性でも被害者になる時代です。なかなか解のない、難しい時代になったなぁ、、、と思います。

 

[PR]札幌や地方のホームページ制作費用の相場とは?

気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

「田中亨、伊藤若冲を買う。」

「坂上忍、家を買う。」に引っ掛けてみました。勿論買えません。釣りネタっぽくてすいません。

先日の大阪出張の際、珍しく週末にさしかかって時間があったので(というか自然状態では基本時間がいつもないので無理矢理作ったのですが)、ついに念願の京都の「ギャラリー 創」さんに行ってきました。

ここは伊藤若冲の絵を取り扱っており、数年前からfacebook等で見ていたのですが、やっと行けると思ったら定休日だったりと、なかなかご縁がありませんでした。

 

今回は満を持しての?初訪問です。

 

Img_0373

 

初めてのアポ無し訪問だったにもかかわらず、山本順子社長さんと女性スタッフには大変丁寧におもてなし頂きました。こんな冷やかしのために大変ありがとうございました。いかんせん当方札幌住まいで体がオプションでは無く標準装備の寒冷地仕様であったため、当日は汗だくでして、太った汗まみれのメタボおっさんほど見苦しいものはございません。生きていて申し訳ございません。

京都だとどうしても「たくの息子さんピアノ上手にならはったなぁ」(想像で京都弁書いてみました)みたいな暗喩が半端ないのかと歴史のかけらもない落ち武者駆け落ち山師の集まり北海道民としては(言い過ぎ?)ちょっと緊張しましたが、そんな事は全くありませでんした。これもずぼらな鈍感力のなせる技かも知れませんが(笑)、アットホームなギャラリーで初めてにも関わらず大変落ち着く空間でした。

 

Img_0399

美術館以外で、初めて伊藤若冲をまじまじと見ることが出来ました。さすがに衝動買いする金額ではないので、手ぶらで帰ってきてしまいましたが(すいません 汗)、また是非ギャラリー 創さんにお寄りしたいと思います。他にも素敵な写真はあるのですが、掲載許可を頂いていないのでとりあえず自粛で・・。

伊藤若冲に限らず、「伊藤若冲」、「鴨居玲」、「熊谷守一」、「曽我蕭白」、「長沢芦雪」、「白隠慧鶴」、「佛画等」、「円山応挙」などを購入されたい方は是非チェックしてみてください。

 

[PR]札幌や地方のホームページ制作費用の相場とは?

 

ぺいぺいが大変だぺい(語尾に意味なし)

しばらくぶりの更新ですいません。出張続きでかつ仕事がトロいのが悩みのメタボのおぢさんです。

 

最近ペイペイ関係が地味に賑やかですね。

 

セブンペイの社長が「二段階認証」を知らなかったのはさすがに驚きました。きょうびJKでも知ってますので、やはり技術の問題というより、企業体質とか文化の問題なのかもしれません。

 

セブン関係の仕事は野村総研が長年メインでやってますが、業務系が中心なので、コンシューマーが使うシステムは相当苦手だと思うのですが、今回はどこが要件定義したのでしょうね。

野村総研は名前的にはシンクタンクですが、実際は売上のほとんどはイトーヨカードグループのシステムのおもりが中心で、かつシンクタンク部門とシステム開発部門の間には巨大な万里の長城があり、ほとんど人材交流もありません。最初にどっちに入るかでほぼキャリアが決まります。つまりイメージと実態が結構違います。私のイメージでは伝統的な基幹系業務システム開発企業です。

 

そして地味にSuica最強説です。

 

 

福岡から

福岡から戻ってました。ら、新千歳でじゃんじゃん雨が降っていたので驚きました。

 

Img_0092

飛行機を降りた瞬間、女性客が何人も「さむーい!」と声を上げていました。博多から来たらそりゃそうですよね。

 

Img_0093

子供が書いたと思われる落書き(笑)。

ということで出張中たまった仕事を片付けたいと思います。

 

年中夢求

なかなか素晴らしいタイトルの本です。

 

 

Img_9868

Img_9872

週末じっくり堪能したいと思います。

 

 

名古屋出張のついでに・・・

先日の名古屋出張中の際、少し時間が空きそうだったので、カフェで仕事・・・しないとならなかったのですが、あまり来る機会がないところでもあり、どっかええとこないなかとここぞとばかり美術館を検索しました。勿論名古屋の立ち食いそば屋の聖地巡礼の後です。

名古屋はあまりアート熱の高い土地柄という印象がないので、どうかな、、、と思ったら、ら、おっと、ちょうどいいのがあるじゃありませんか。

 

吉野石膏というのは耐火建材において国内シェアナンバーワンの会社です。僕の子供の頃はしょっちゅうこういう「炎も熱もシャットアウト~♪」というCMが流れていました。40代以上の方は結構ご存じかと思います。

 

 

 

 

で、この吉野石膏の創業家が1970年代から少しずつコレクションしたのがこの吉野石膏コレクションです。主に印象派を中心あつめられており、前後の時代、フォービズム(野獣派)等を網羅しています。国内のアートコレクションの中では歴史の浅い部類ですが、内容の充実度は半端ないです。日本を代表するフランス近代美術のコンレクションといっても過言ではないでしょう。現在その多くは山形美術館に寄託されています。吉野石膏コレクションは勿論日本画も集めています。

 

 

こういうお金の使い方は最高ですね。これはまさに世界に誇れるクオリティです。これなら稼いだ甲斐があったというものです(誰目線?)。それで、実は私は日本では大人気の印象派は正直あまり好きな部類ではありませんでした。モネ、マネ、ドガ、シャガール、ルノワール、カサット、マティス、ゴッホ、ヴラマンク、シャガール・・・。

なんていうんでしょう、簡単にいうと「印象派ミーハーすぎね?」という食わず嫌い王だったワケです。すいません、へそ曲がりで。

大体フランス産だというだけで大した質でもないワインでも結構な値段で売られていたりします。まさにおフランスプレミアム、おフランス信仰、おフランスバンザイ。おフランスなんだかチャラいよね、「勝手にしやがれ」だよね、とか密かに思っておりました(一応言っときますけどジュリーの方じゃ無くてジャン・リュック・ゴダールとかけました。念のため)。

あくまで私のホームは江戸中期の伊藤若冲、円山応挙、鈴木其一、奇想の系譜の皆さんです。私の伊藤若冲愛はこちらをご覧ください。昔はギリまだこの頃は牧歌的な空気が少しはありました。ところが特に2010年以降、アウトサイダーで傍流、価値の低いと言われたこれらのアーティスト達も、ここ数年は傍流どころか日本アートのメインストリーム、集客のテッパンアイテムと化してしまいました。展覧会が開かれれば人だらけで、行列が30年待ちと言うSF級のバカ騒ぎです。伊藤若冲の魅力をより多くの人に理解してもらい嬉しい反面、最近ちょっとさみしいというか、「ちぇっ」というか、なんか面倒くせえなというか、まあ、とにかくそんな気持ちです(どういうこと)。

ということで、要約しますととにかく態度は偉そうですが、正直まともに生で印象派を見た事が無かったわけです。

普段は吉野石膏の創業の地、山形美術館に帰宅されている珠玉のコレクションが初めて名古屋を皮切りに国内を巡回するとのことで、まあ、ちょうどいいかなと思って見に行きました。

 

Img_9048

名古屋市立美術館です。当然来るのは初めてです。

Img_9049

ドガ(Edgar Degas)の踊り子達(ピンクと緑)パステル/紙 1894年の作品をポスターに使われています。

Img_9050

こちらはルノワールの絵画。

ということで、結論からいうと完膚なきまでにやられました。すいません、これはやばいです。一泊二日の出張なのに二回も見に行ってしまいました。なぜ今まで食わず嫌い王だったのか。オロカな王は心の底から深く反省して、全裸から服を着ることにしました。

もう圧巻の一言です。

 

図録

Img_9904

メアリー・カサット

Img_9906

 

クロード・モネ「サンジェルマンの森の中で」(1882年)

Img_9905

 

「ゆるやかな変奏曲」ヴァシリー・カンディンスキー(1866-1944)

Img_9910

シャガール

Img_9909

 

シャガール(不慮の病気で亡くした妻との邂逅。私の大好きな一枚です)。

Img_9908

 

ピエール=オーギュスト・ルノワール「庭で犬を膝に抱いて読書する少女」(1974年)

Img_9907

 

生はやっぱりすごいです。図録の写メでは全然伝わりません。

いやー、堪能しました。印象派素晴らしいです(今頃?)

今後の吉野石膏コレクションの巡回予定は以下の通りとなっているそうです。

 

 

11月には東京に来るとのことで(三菱一号美術館はこじんまりとしていながら格式と歴史が有り、とても雰囲気の良いところですよね)、その時、まだ是非行きたいと思っています。

あ、採用御応募頂きありがとうございます。ちょっと思いの他御応募頂きまして、追いついていませんが、順次御連絡を差し上げます。もう少しお時間下さい。

 

 

マルチを見分ける10箇条はfacebookでよく見かける

こういうのを見つけました。

 

マルチを見分ける10箇条

9f4568ed8db5f725f7c8d502c551ec0f

特にfacebookにこういう人しばし見かけますよね。

 

くわばらくわばら。。。

 

 

さて

今日は個人的には提案が一件〆切があります。

 

B241170f16851291e4d546da077814f2

 

明日は出張。

すいません、ただの中身の無い話になりました。

 

 

 

採用の状況

採用の状況ですが、今週いくつか面接が入っております。日程的にはそれでほぼ最後になります。

Img_9384-1
見ての通り写真と本文は一切関係がございません

 

5月頭から二回ほど採用広告を媒体に出稿させていただいていますが、残念ながら「入ってくれ!」「入りたい!」という相思相愛には至っておらず大変申し訳ありません。

募集は引き続き受け付けておりますので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

ん?という感覚

時々なのですが、仕事をしていたり、あるいは人とのおつきあいの中で、微妙な違和感を感じる事があります。

目くじらを立てる程ではないのですが、ん?とちょっと引っかかるわけですね。

 

Img_7581

 

そして後になって振り返ってみて、ああ、なるほど、こういう事だったのか、ここで伏線を回収するオチだったのか、という事が起こるわけです。

こういう論理的ではない「違和感」というか、第六感的な所というのは、意外と大事だなぁ、と思います。

そういう感覚は大事にしたいなといつも思っています。

 

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Img_0373
  • Img_0399
  • Img_0092
  • Img_0093
  • Img_9868
  • Img_9872
  • Img_9048
  • Img_9049
  • Img_9050
  • Img_9907