最近のトラックバック

GA

関連リンク

無料ブログはココログ

サッカーにもビジネスにもこの一冊が効く-「サッカーで一番大切な「あたりまえ」のこと 」

このブログでも良く書きますが、サッカーにおけるチームマネジメントの問題や手法、方法論というのは、企業経営と大変通じるところがあります。

 

ということで、7月5日にこの本がリリースされます。




内容紹介
・無名の選手しか集まらない環境でありながら、高校選手権出場8回、インターハイ出場8回という実績を持つ大分高校サッカー部。
・「超弱いチームほど強くなるよ」という朴英雄監督のサッカー論、指導法、チーマネジメント、スカウティング。
・選手の特長を生かし、才能を最大限に伸ばすチーム作りを豊富な図版とともにわかりやすく紹介。
・大分トリニータをはじめ、九州の育成年代のサッカー事情に精通する大分在住のサッカーライターが密着取材!!
・シンプルでわかりやすくて、しかも選手がよく伸びる!!

著者のひぐらしさんは、弊社がお手伝いしているJリーグのチーム、大分トリニータのPCサイト、モバイルサイトの記事コンテンツをご担当頂いているサッカージャーナリストの方です。


普段ご一緒にお仕事をさせて頂いていますが、熱いハートと冷静な頭脳で、ガシガシ仕事をする方なのですが、当然サッカーに関して深い造詣と愛情をお持ちで、私自身、一ファンとしていつも記事を楽しませて頂いています。

地元大分の方や。サッカー好きの方だけではなく、チームビルディングや業績アップに悩むビジネスマン、企業経営者にも大変役に立つ、興味深く読める一冊だと思います。間もなく販売開始ですので、良かったら是非チェックしてみて下さい。


気に入ったらポチっと御願いします→ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

「沈まぬ帝国はない」 元アップル番記者の千里眼

実はこの書籍、「沈みゆく帝国」は実はまだ買ってません、インサイダーとも言うべきWSJのApple番記者だったケイン岩谷ゆかり氏が書かれているので、クレディビリティもかなり高い、良質な内容なのだと思います。お盆休み中に読みたいなぁ。

 

     

気に入ったらポチっと御願いします→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

最強マフィアも早起きを勧めている

先ほどのエントリを書いたあと、そう言えば2011年にこんな事書いていたのを思い出しました。

20140803_104225



しかし、早起きだからといって必ず優秀で仕事が早いとは限らないのがこれまたなぁ。。自分典型例だ。気に入ったらポチっと御願いします→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

大事な事は朝に考え、決める-生活指導が必要だったあの頃

先日弊社の顧問をして頂いている先生と打ち合わせをしたとき、その先生が

 

「田中さん、ちゃんと朝早く起きてる?大事な事は朝に考えて決めるといいよ。頭もリセットされてクリアだし、集中力が高いからすごい効率も良いし。朝から動くのは全ての大前提だよ」

 

というような話をされました。

 

10576921_937859099573362_8333565708

 

私もこれは激同です。なぜかというと、実は昔は真逆の生活習慣でして、徐々に行き詰まった事があったからです。

 

そもそも、夜中に考え込むと、とつい必要以上にネガティブになったり、ポジティブになったり、心情が入り込みすぎたりするなど、判断のブレが大きいように思います。

 

若い頃、夜中に描いたラブレターを朝読み直して切腹して良いですかと自分に良く聞いたものですが、そういう経験ありませんか?

 

夜中に思いつめるのは全く生産的ではありませんし、効率も良くありません。

 

実は私は6年くらい前かな?までタバコを吸っていたのですが、その時の生活リズムは基本起きている、そして眠くなったら細切れで寝る、というかなりランダムな生活習慣でした。

 

なので夜中の稼働も多かったのですが、30代の中頃からだんだん「なんか効率落ちてないか?」という事に気づきました。タバコも一日3箱以上吸っていたので、体力の低下も著しくなってきました。ただ、なかなか生活習慣は変えられません。

しかし当時は「このままじゃどうもやべえな」という問題意識だけはしつこくあり、こんな本買ったりしました。

 

20140803_100753

 

 

個人的にはそれなりに面白かったです。買って損はありません。めちゃお得かどうかは個々の方のご判断に・・。

 

20140803_100815

 

生活のリズムを変えようすると、本質的には本人しか変える事は出来ません。周りがとやかく言っても無意味です。どこまで本人にその意識があるか、という事が全てで、また実際、変えようと思っても、そう簡単には変えられないものです。

 

そして年を重ねていると、ますますその生活習慣は本人に張り付いてしまい、変える事が困難になってしまいます。

 

実際、私もリズムを劇的に変える事が出来たのはこの本を買ってから更に2,3年後、40歳くらいの頃です。

 

その時に変えられて本当に良かったと思っていますし、もし未だに以前のような生活をしていたら・・・。

 

生活習慣は基本的な事ですが、基本の積み重ねが大事なのは大人も子供も変わりません。また、基本が一番難しかったりします。



ふふ、早起きだが、仕事がトロいのは変わらないぜ・・・俺らしいだろ。気に入ったらポチっと御願いします→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

【漫画日記】悪かったよ...

思わず吹いてしまいました。犬もネコも一緒ですね。。この方、すごい勢いでフォロワー増やしてます。数日で万単位で増えています。



昔ネコ、今は犬飼ってます。気に入ったらポチっと御願いします→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村

スーパーの店長における「勝負哲学」とは?

先日仕事をしていたら、とっちらかった机の資料の下からこの本が出てきました。

  

10448815_905477272811545_7601513407

 

以前から書いているとおり、私は結構な岡田監督のファンなのですが、それを差し引いても、この本はとても読み応えのある本です。羽生さんと対談は深みがあり、ビジネスにもすごい使えます。

 

例えば本書の中で岡田監督は

 

「データは自分の感覚を裏付けられる情報でしかないんです。データを示されて、え、左サイドのディフェンスが破られているのか、と感じてるようではその時点で監督失格です」

 

という下りが出てきます。

 

これなどPOSデータを見て「え!うちは高齢者の顧客が多いのか!」などと言ってるスーパーの店長は即刻クビだよね、というのと同じ事です。

 

その他にも本書には珠玉のメッセージが詰まっています。

 

  • 選択は直感的に行われるが、その直感は経験や訓練の厚い層をくぐり抜けてきているという感覚ですね(羽生)。

 

  • 一定水準まではデータ重視で勝てる。しかし、確率論では勝ちきれないレベルが必ずやってくる。そして本当の勝負は実はそこから始まる(岡田)

 

  • 勝負を分ける要因の八割方はもっと小さな、些細なミス、手抜きが原因で起こる(岡田)

 

  • 私はそれまで指導とは、空のコップに水を入れてやることだと思ってた。でもそうじゃない、実は指導とは、コップの中に入ってるものを表に引き出してやることに他ならないと気づいた瞬間、全てが変わりました(岡田)

  

営業に、採用に、マネジメントに、人生に効く一冊です。

   

私を見てどこ効いたんだよ、と突っ込むのは辞めて下さい・・・気に入ったら押してやってください→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

「御社の営業がダメな理由」

弊社には営業日報というものがありません。朝と帰りに提出する簡単なメールはありますが、軽い箇条書きで済ましています。

 

どうしてかというと、日報を真面目に書こうとすればするほど時間がかかりますし、そもそも時間をかけても私もそんなに真面目に読まないからです。担当者の時間の無駄になってしまいます。

 

それよりは、一日一回コミュニケーションを取る方が重要で、微妙なニュアンスもその方が読み取ることが出来ます。

 

大分前に、この本を読んだのですが、同じような事が書かれていまして、我が意を得たり、と思ってます。

20131011_14_03_20


企業にとっては、何をやるか、ということは大事ですが、それ以上に何をやらないか、という事も大事だなと思っています。書くほど簡単じゃないですけどね。

気に入ったら押してやってください→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

一瞬にして粉みじんに出来るチカラ

こちらにも書きましたが、DeNAの南場前社長(現取締役)の書かれた「不格好経営」はおもしろいですね。スピード感のあるリアルな物語ですし(ベンチャーなので当たり前ですが)、要所要所にいろんなレッスン、珠玉のワードがちりばめられています。

 

社長という立ち場は一瞬にしてものをつくり出すことは出来ないが、一瞬にして破壊することは出来るので、気をつけなければならない。 P109

Img_3200

 

まさにその通りだなぁ、としみじみ実感します。これは会社の規模を問いませんね。自覚を持って行動することが大事だと反省しつつ・・・。




気に入ったら押してやってください→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

全く不格好じゃない不格好経営

DeNAのファウンダーである南場さんが書いた本、「不格好経営」を読みました。

不格好経営―チームDeNAの挑戦

私も一応業界人ですので、モバオクの立ち上げの話しや、その時にマッキンゼーで元上司だった大前さんから「大前研一にしかられる権利」をご祝儀でもらってオークションにかけたり(確かこの話し、大前さんから聞いたような気が。。)、リリース直前でシステムが全く出来てないなかった話しなどは、大体ですが見聞きしていました。

Simg_3192

しかし、こうして一つのインサイドストーリーとして、時系列に、当事者から語られたものを読むと、ほんとしみじみ経営ほど憂鬱で、もがき苦しみ、七転八倒し、のたうちまわるようなつらさがある一方で、こんな楽しい仕事は本当にないな、としみじみ思います。

しばしば経営にはあり得ない事がごく当たり前のように起こります。ジェットコースターのように一気に読んでしまいました。久しぶりに買って良かった、楽しい一冊でした。しばしばこのブログで印象に残った、共感出来る部分を引用紹介させてもらえればと思っています。

「不完全な情報に基づく迅速な意志決定が、充実した情報に基づくゆっくりとした意志決定に数段勝ることも身をもって学んだ」 P204






全体会議でミニプレゼン

弊社では毎週月曜の朝に全体会議というものを行っており、そこで全員が個々人の予定や注意事項を発表し、役員からのお説教、じゃなかった有り難い説法を聞く、という事をやっています。

Img_1177

それで、来週からそこにミニプレゼン、というメニューを一つ足しました。それは毎週持ち回りで一人、自分が業務でどんな改善を心がけているのか、あるいはこんなおもしろいネットでのサービスがありました等、きっちり5分でプレゼンをする、というものです。

プレゼンにはプロジェクターを使っても、印刷して資料を配付しても、どんな形でもOK。

これによって、普段からアンテナを張り巡らせておいたり、人に対して説明する能力を組織として底上げしよう、という意図があります。

トップバッターはうちの安形取締役が買って出てくれました。みんなをあっと言わせちゃってください!

気に入ったら押してやってください→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

最近の写真

  • D21750447252530
  • Fb_c_3
  • 20170418_110220
  • Pb14_2
  • 20170209_201845
  • 20160927_164652_02
  • 20170313_142933
  • Dsc_5262
  • Topbloglogo
  • Dsc0168_2
  • Bg04
  • 20170225_132927