スポンサーリンク
Web制作の舞台裏

夏目礎石の「こころ」をWeb制作で活用

はるか大昔、高校生の時?夏目礎石の「こころ」のダイジェスト版が確か国語の教科書に載っていました。主人公が自殺するという内容に衝撃を受けて、本屋ですぐ文庫本を購入して全編読みました。 今その名作は著作権フリーとなり、Webシステムの動作...
Web屋の経営

開発に失敗したお客様は上得意客

開発に失敗したお客様は上得意客ってどういう事? 実は、Webシステム開発会社は多かれ少なかれ皆そう思っています。 どういう事かと言いますと、Webシステム開発(に限らないかもしれませんが)においては、受注側と発注側はイコールパー...
Web制作の舞台裏

時代を変え、時代を作ったiモード本日終了。

以前会社のサイトでもお伝えしていましたが、今日が最後でした。 iモード公式サイト、きょう終了 メールは継続 - ITmedia NEWS iモード終了のお知らせで今後のキャリア公式サイトの有料課金システムはどうな...
スポンサーリンク
Web制作の舞台裏

お客様への対処で常に気をつけていること。

受託開発でお客様から仕事をご発注頂き、良いサイトを作り、納品する。 当たり前の事ですが、そのWeb制作の開発プロセスでは、当然ですがいろいろと想定外の事が起こります。 私がお客様への対処で常に気をつけていることの一つに、 ...
Web屋の経営

新庄剛志日ハム新監督の経済効果を算出

メディアの調査・分析を行うニホンモニターさんが先日、新庄剛志日ハム新監督の経済効果についてこんな数字を計算していました。 報道量も超ビッグ!日本ハム・新庄新監督、就任会見から2日間の メディア露出を広告換算すると105億に! ...
Web屋の経営

Web屋の皆さんが考える「隣接事業」とは。

新卒で食品加工会社に入社してから辞めるまで、かなりの時間を新規事業創出の担当として過ごしてきました。その時はまさか将来Web屋をやっているとは夢想だにしていませんでしたが。 その時思ったのは「企業というのは意外な程、自社の守備範囲外の...
Web屋の経営

専門家として大事な事。

専門家として求められる事は、やはり「結果を出す」事に尽きます。 その出すべき「結果」は、お客者様によって大きく異なります。 しかし、例えその専門家に、もし個人的に何か気に入らない点があったとしても、結果を出してくれれば何の問題も...
Web屋の経営

その会社に強みがあるかどうかすぐに見抜くたった一つの方法

自分が関心を持っている会社が、他社との比較で抜きん出た強みを持っているかどうか、外から見てすぐ見抜ける方法が一つだけあります。 それは創業してから何年経っているかを見る事です。 会社の「年齢」はその会社がどのくらいの「実力」を持...
Web屋の経営

傷病手当金の不正受給が増えているらしい

最近某皇室関係のニュースでも取り上げられていましたが(事の真偽は知りません)、実は最近、傷病手当金の不正受給は全国的に増えているようです。おつきあいのあるサムライ関係(○○士とかの仕事の人のこと)の方から聞きました。 病気やケガで...
Web屋の経営

使えない人。

使えない経営者としては人後に落ちない私ですが、先日、スタッフと採用会議を開いた際、とあるスタッフがこんな事を言いました。 「一つのジャンルで熱狂的で知識が深い、あるいは深いように見えるオタクは、実はそのジャンルでのビジネスには使い物に...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました