今は就職氷河期じゃなくて採用氷河期。

スポンサーリンク
ブックレビュー(おもろい本)

他の業界と同様、IT業界の人材不足(特にエンジニア)もかなり深刻な状況です。

しかし、今と昔とでは、ちょっと事情が異なるような気がします。

Web系の業界では、特に人材が不足していますが、求められる人材は、ITドカチン、言われたものを作ります、ではなく、仕様についてのセンスもあり、考える力のある人。ある意味ディレクションが出来て、開発も自分で出来る、そんなエンジニアです。

ところが、業界的に良く言われるのは、派遣業務をやっている人は、これがあまり得意では無いと言われています。なぜなら派遣は、基本言われたことをこなすのが業務であり、派遣元企業以外の指示を受けることは出来ません。それ以外の仕事の仕方は、契約違反、法律違反になるからです。私も今までの経験上、大きな傾向で言えばですが(勿論例外はあります)、おおよそそのような印象は持っています。

結局の所、今も昔も、企業から見て欲しい人材、人気のある人材の条件はあまり変わらないのかも知れません。優秀な人材はいつでも基本企業間での奪い合いです。

そういう点では、実は今は就職氷河期ではなく、採用氷河期と言っても良いかも知れません。

人材を獲得とするためには、今の時代、その企業の情報発信力が問われます。

ある意味、採用活動というのは、その企業のDNA、文化、程度が全てさらけ出されてしまうのです。したいしたくないに関わらず、これは避けようがありません。企業は覚悟が必要です。

就活中の皆さんは、面談やメールに耳を研ぎ澄まして下さい。日常している事は、どんなに取り繕っても必ずボロが出ます。そこ「も」きちんと拾って、自分にふさわしい会社かどうか、良く見極めてください。

ちなみに弊社はあまり「お化粧」はしませんし、面談の時、フランクな事で定評があります(笑)。下手にお化粧をして、後から違った、期待外れだ、と思われる方がイヤだからです。

どんなにがんばってもミスマッチは起こります。しかし、それに懲りること無く、少しでも良い出会いになるための努力が双方に求められています。

気に入ったらポチっと御願いします→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました