相談したい、に油断するな

スポンサーリンク
雑感

そう沢山あるわけでないのですが、しばしばビジネスについての相談を受けることがあります。

 

その相談相手が進めているビジネスモデルやプロダクトについて、どう思うか、どんな展開が可能だろうか、どの市場を攻めるのが良いのか、意見して欲しい、アドバイスしてくれないか、というたぐいのお話です。

 

基本的には私はよほどの事が無い限り、この手のお話は断りません。相談に乗ることによって、自分も鍛えられる点もあるからです。

 

ただ、相談に乗るとき、一点気をつけている事があります。

 

それは事前に大体でいいので相談内容について聞いておく、あるいは相手のやっているビジネス、プロダクトについて目を通す、可能なら使ってみる、という下準備を少しでもしておく、という事です。

 

先日も久しぶりに一件あったのですが、やはりこの「準備」をしっかりやっているかいないかで、当日どれくらい相手にとって有意義な事を言えるかが変わってきます。

 

特に、相談したいんですがいいですが、と、依頼される側だと、つい油断してしまい、何の準備もせずに、丸裸で会ってしまったりするわけですが、これだとたいした相手に役立つこと、気の利いたことは言えません。

 

費用をもらって相談に乗っている訳ではありませんが、せっかく相手も自分を頼って時間を使うわけですから、自分としては費用の問題ではなく、相手のためにどこまで役に立つかが大事だと思っています。

 

先日の件では、最後に、今まで何人に相談されたのか、その中でぶっちゃけどの程度私の意見、アドバイスが役に立ったか聞いてみました。

 

勿論本人を目の前にして「めっさ役立たずでしたわ」とはさすがに言わないとは思いますが、「相談した中で一番役に立ったよ!」と言って頂いたので、割引いても、多少はお役に立ったようだったので、少しほっとしました。

この内容役に立ったかな・・?気に入ったらポチっと御願いします→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へにほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました