ぶっちゃけ入って半年でこれは転職しよう、とすぐ思いました。

スポンサーリンク
雑感

転職に関するこんな記事を見ました。

  • 20代のほぼ半数「転職考えている」 転職意識調査
    今回、転職サービス「DODA」が、20代から60代の働く男女1,200人を対象に、転職へのイメージ調査を行ったところ、「現在、転職を考えているか」という質問に対し、20代の49.5%と、約半数が考えていると回答。
    若い世代ほど、転職を考えているということがわかる。……

僕がその昔、新卒で入社した時、ぶっちゃけ入って半年でこれは転職しよう、とすぐ思いました。

  

ですが、自分が無能力なのはよくわかっていたのと(実際ホントにそうでした。今も不安です←をい)、職歴をあまり増やしたくなかったので、よし、今いる場所でまずはとにかく3年頑張ってみよう。それでダメなら転職だ!と思ったら文句はありつつそこそこ居心地も良くなってしまい、気づいたら7年もいてしまいました。

  

ただ、もう少し正確に言うと、良くなったのではなく、良くした、のだと思っています(少しは)。

  

古巣には本当にいろいろと学ぶ点があり、育ててくれた事を今は感謝しています。そしていろいろあって会社を離れることにしたのですが、転職するはずが間違えて起業してしまいましたw(をい)

  

今はもっと判断のスパンが短いし、辞める人はすぐに辞めてしまう。だからといって若者を一概には批判出来ないと私は思います。そはそれで一つの判断です。

  

どんな会社でも必ず一定数の退職者は統計上避けられません。

今は長い間同じ会社にいるのはもう時代じゃないとかいろいろと言われていますが、トレンドは私はどうでもいいと思ってます。
要はチームとして機能しているか、そして働く人が、そこにいたいと思わせるような事が会社として出来ているかという事だと思います。うちはまだまだいろんな点で足りないので、しっかりしたいと思っています。

採用は、改めて自社と向き合うことでもあると僕は思ってます。

ということで、採用広告絶賛掲載中です。ぼちぼち面接もさせていただいています。是非チェックをお願いします。

採用広告チェケラ!気に入ったらポチっと御願いします→
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました