会社は人を選ぶが、人も会社を選ぶ、という当たり前の事実

スポンサーリンク
ベンチャー・経営

先月末に、求人広告を掲載させていただいてから、まだ選考活動を行っている最中です。毎度の事ながら時間がかかってしまってすいません。鋭意進めさせていただいています。残念ながら、アシスタントディレクターについては、今回は採用を見送ることになりそうです。

また、いい加減他社さんから見ると周回遅れもいいところなのですが(汗)、今年度の新卒の募集も開始する事にしまして、今社内でそのための準備を進めているところです。実は弊社は今まではキャリア採用だけだったのですが、今年初めて(ある意味偶然?)新卒を1名採用しました(キャリアエントリに混じってきたのです)。今期からは意図的に新卒を採用して、育てていこう、と思っています。近いうちに会社説明会を開きますので、ご希望の方はこちらからお申し込み下さい。

しかし、毎度の事ですが、誰に会社に来て貰うのか、また、誰が弊社に来てやっても良いと言ってくれるのか、というのは、難しく、悩ましい事だなぁと思います。

会社はその時のタイミングで、来て欲しいと思う人を選びますが、当然人も会社を選びます。優秀な人材であるほど、選択肢は広がりますから、その中で弊社がより魅力的でなければ、求職者から選んでもらえない訳です。これはなかなかつらい(ってか、当たり前ですが。。)。

前にも書きましたが、結局求人も営業も恋愛も一緒だと思います。ご指名してもらうための不断の努力が大切です。企業の競争力を構成する一番大事な要件は、営業力ではなく、「採用力」だと私は思っています。がんばります。素晴らしい出会いをお待ちしております(結構意外と良い人っすよ、わし うふ。社内でネタも好評だし(自称))

補足:
あ、前に書いたと思うのですが、今回入社して頂いた方は「iPad、スマートフォン購入助成制度」が適用になります。ま、これ欲しさに転職してくる人はいないかと思いますが(汗)、念のため再告知でございます。。。

気に入ったら押してやってください→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました