良い会社は皆ユニーク、良くない会社は皆同じ。

スポンサーリンク
ベンチャー・経営

以前もどこかに書いたかもしれませんが、これまでの経験で、良い会社というのは皆とても個性的で、いろんなセールスポイントがあり、何よりもチャーミングです。あまり似ていません。そこで働いている人は皆生き生きと(少なくとも外から見ると)見えます。

ところが、良くない会社、というのは、綺麗に判で押したようによく似ています。

社員に元気がなく、オフィスが何となく暗い。船頭が沢山いて誰が責任者なのかわからない、エンドがなくだらだらしている・・・。

そんな会社になっていないか、人の振り見て我が振り直せ、だなと思います。

学習能力に自信あり(ただし自称)。気に入ったら押してやってください→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました