開発会社を選ぶのは難しい-逆の視点で大事な事を再認識

スポンサーリンク
ベンチャー・経営

先日、諸般の事情で縁もゆかりもない、同業者を探してお仕事を発注する機会がありました。

いわゆるホームページ制作です。

しかし、これがまた難しい・・・w

Webサイト制作 札幌

とで地域名をつけてみたり、別に本質的には東京でも会社でも個人でもかまわない訳ですから、いろんなワードで検索をかけるわけですが、いやー、いっぱいWebサイト制作会社があって、どこがいいのかさっぱり分かりませんw

そこではっと、発注者側の視点になって改めて気づいた訳なのですが、サイトを見て、短期間で引き込む事が出来なければだめだなぁと。

ぱっと見て、「お、この会社はちょっと違うぞ?」と思ってもらえる仕掛けですね。

仕掛けというと、なんだかテクニック論みたいなんですが。

もちろんテクニックは大事で、デザイン、コンテンツ、コピーライティング、UI/UXは鼻血が出るほど大事です。

でも、もっと大事なのは、その背景にある「思想」や「哲学」なんですよね。

勿論テクニックがあれば、実はそんなものなくても、短期的にはごまかしが利きます。

しかし、やはり思想的な根っこがあるかどうか、ってすごい大事な事だと思います。

そう考えると、我らがデジタルファームって、どうなんだろう?と改めて思いました。

自社サイトで私が特に重視しているのは、顧客に顔を出していただく事です。

これが何よりも自社の仕事の最高の証明になります。

ぱっと見て、サイトトップに沢山の人の顔が出ている。

ん、なんだ?となりますよね。

最高にキャッチーだと思います。

とはいえ、顧客に了承を頂いたりは勿論、記事も書かないとなりません。なかなか自社サイトに手が回りきっていません。

でも、変な制作の画面キャプチャ出すより、顧客にご協力頂いて、どんどん顔を出していただけるようにしよう、と社内では話をしています。

人の名前、顔は、最高のブランドだと思います。

伊右衛門とかそうですよね。

そんな事を考えながら、同業者を探しました。

気に入ったら押してやってください→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました