「すし屋」の倒産がそれっぽっちで「激増」?

スポンサーリンク
日記・コラム・つぶやき
  • 『すし屋』の倒産が増勢、コロナ関連の大型倒産も発生(東京商工リサーチ) – Yahoo!ニュース

    2020年1-9月の「すし屋」の倒産は23件(前年同期比53.3%増、前年同期15件)で、前年同期比約1.5倍増と急増。このペースで推移すると、4年ぶりに年間30件台の可能性が高まっている。  負債総額は35億3200万円(前年同期比104.1%増)で、負債1億円未満を中心としながらも、インバウンド観光客を対象にしていた大型店の倒産も発生。忘年会シーズンを前に、「すし屋」の置かれた環境は、ますます厳しさを増している。

 

「すし屋」の倒産が昨年15件で今年は9月までで23件だから増えてます、って言われてもねぇ。。

そもそも「1-9月の飲食業の倒産は655件(前年同期比11.3%増)で、年間でも過去最多のペース」と言われても、明らかに肌感覚とは異なります。ススキノ歩いていたら「辞めました」なんて店すぐに見かけますし、近所の30年続いていた飲食店(昼ランチ夜焼き鳥屋)も閉店しました。

実際は商工リサーチが捕捉出来てないところが極めて多く、倒産件数が桁2,3個は違うはずです。影響を甘く見ない方が良いです。

特に今そしらぬ顔しだしている自粛警察の方には良く理解して頂きたいですね。

気に入ったらポチっと御願いします→
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました