超お買い得のJリーグのチーム

スポンサーリンク
ベンチャー・経営

驚きました。

鹿島がメルカリに買われた事ではありません。

 

たった、15億円であの鹿島アントラーズを買うことが出来た、という事実です。

 

 

企業が企業を買収するとき、専門の投資会社が資産査定、いわゆるデューデリジェンシーを行います。

もしかして担当者はバレーか野球しか見た事がないのでは?いわゆる「のれん代」が猛烈に過小評価されたとしか思えません。売り手である株主の日本製鉄はその辺うといでしょうから(フットボール・ラバーはいなさそう)値付けを間違ったのでは・・・。

多分に直感的ですが、唖然とするくらい安い、お買い得な金額だと思いました。

サッカー元日本代表の岡田監督も言っています。

 

 

全く同感です。

この業界のお仕事をしている立場として、Jリーグのチームをいろんな企業が「お買い得」だと考えており、実際最近そういう動きが加速しているのは事実です。しかし、もう少しデューデリジェンシー、簿外の「見えざる価値」はきちんと評価すべきだと思います。

鹿島で15億円というのは、昔の野球のON(王長島)時代の話と同じで「王さんがこれしか貰ってないんだから他の選手は(年俸を)我慢しろ」というような副次的な効果を生み出しかねません。

Jリーグのチームが企業が買収する事自体の是非はここでは触れませんが、買収するのであれば、サポータの熱量、影響力等に対して、適正な値付けをするべきであり、その土地においては、県知事や総理大臣の名前より隅々まで知られているクラブの価値を過小評価すべきではないと私は思いますが、皆さんはいかがでしょう?

 

気に入ったらポチっと御願いします→
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村




コメント

タイトルとURLをコピーしました