震災から一年。

スポンサーリンク
雑感

さて、ということで、とうとうというべきなのか、あっという間というべきなのか、とにかく震災から一年が経ちました。

あの日、私は普通に札幌のオフィスで仕事をしていたのですが、尋常じゃない揺れにこれはやべえ、とスタッフのみんなとビルの外に出た記憶があります。と言っても所詮札幌。札幌は地震が滅多になく、震度3など十年に一度あるのか?という土地柄です。震源地の皆さんから比べればたいした揺れではありません。

慌ててビルから出ましたが、間抜けなのは私たちだけで、後になってから揺れている最中にビルの外に出る、というのはガラスが振ってくる可能性があるので、自殺行為だと気づきました(11 Sepの記憶もあり、ビルが倒壊するとやばい、という気持ちが先に立ってしまいました)。

その後オフィスに戻り、ワンセグでテレビを見ましたが、もう言葉がありませんでした。まるで戦争です。CMも流れず、毎日毎日「ぽぽぽ~ん!」の連続で、原発は爆発したりなんだり・・・今後一体この国はどうなってしまうのだろうか、と暗澹たる気持ちでした。特に東北は私が多感な学生時代を過ごした土地で、ある意味「第二の故郷」です。友人も多くいます。胸を痛めました。いろんな人達の運命が一瞬で変わりました。生きることの意味を改めて考えさせられますし、生かされている、と改めて思います。

改めて申し上げるまでもなく、2万人以上の人が命を落とされ、未だ避難している方は30万人以上、瓦礫の片付けや被災地の復興はいっこうに進まず、という中で、政府は原発安全宣言などと言い出している始末な訳ですが、未だに避難を余儀なくされている方々には、心よりお見舞い申し上げます。

私の出来る事など、小銭の募金が関の山ではありますが、出来る事をこつこつと今年もしたいと思っています。

気に入ったら押してやってください→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました