テレビショッピング、ネットショップではクーリングオフは無い

スポンサーリンク
雑感

意外と知られていない事かも知れませんが、テレビショッピングやネットショップでで購入した商品はいわゆる返品、クーリングオフが出来ません。

クーリングオフとは、「契約締結後、一週間以内であれば無条件に契約を解除出来る権利」のことです。

要は「その時は買おう!と思ったけど、後になって頭が冷えたらやっぱいらんかったな。なので商品返すからお金も返して」という時に行使出来る権利ですね。

これは特定商取引に関する法律で消費者の権利として定められています。が、ただし、対象が「訪問販売」「電話勧誘での販売」で定められており、テレビショッピングではこの制度は法的には含まれません。勿論ネットショッピングでもありません。

</p> <p><p><p><p><p>特定商取引に関する法律</p></p></p></p></p> <p>

なので、ネットショップで「商品に瑕疵がある場合を除いて、原則返品は出来ません」という表示を良く見ると思いますが、これは法的には全く問題がありません。ので、買う側は注意が必要です。

ただし、法的にはありませんが、現実的な問題として、多くのネットショップ、テレビショッピング販売業者は、顧客満足度向上のために、ほぼクーリングオフに近い制度を設けています。

例えば、ジャパネットタカタですと、

という風に、8日以内なら例外を除いて返品受け付けますよ、という記載がされています。売り手としても、買い手の購入障壁を下げる事が、顧客満足度につながりますから、当然こういう会社も少なくありません。

食品等は賞味期限等の問題もあり、現実的には返品というのはなかなか難しいですが、それ以外の場合は、販売者によっていろいろと変わってくるので、買うときのポイントになるかと思います。勿論売る側にとってもそうですね。

しかし、いつでも、理由を問わず返品可能な会社もあります。大昔に買った服の返品を受け付ける会社もあります。それはまた次のエントリで。

気に入ったら押してやってください→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました