発注したらスカだったが、スカと気付かない場合もままある、について

スポンサーリンク
Web制作の舞台裏

先のエントリで、事例というのはその企業の信用度を高める、事例を見る事によって「いざ発注したらスカでした」という事を防げるのではないか、というお話を書きました。

で、弊社も「スカだった」と言われないように日々、鋭意努力しているのですが、この業界では、お客さんがそもそも「発注先がスカかどうかわからない」という事がまま起こります。

例えば、Webサイトに

ご連絡先はこちらまで

とか、

お問い合わせは **@.**.com までお願いします。

などとメールアドレスを記載しているサイトがたまにありますが、これはちょっと気の利いたWebインテグレーターであれば、「御法度」なのはすぐに分かります。

メールアドレスをサイトにさらすと、スパム業者に拾われてしまい、山のようにスパムメールが来ることになるからです。そのメアドは使い物にならなくなってしまいます。

なので、このようなお問い合わせの場合は、原則、フォームで処理をして、メールアドレスが表にさらさないようにしなければなりません。

ところが、案外これをやっていないところが意外と多いです。中にはWebインテグレータ自体のサイトで、それをやっている場合もあります。

お客さんもそれに気付かず、困ったねぇ、やっぱりウイルスバスター買わないとだめだよね、と言ったりしている訳です。それは本末転倒で、まずメアドを表にさらさない、というのが行うべき第一の処理ですし、プロならまずそれをお客さんに指摘してあげなければなりません。

昨年新規にお取引頂くことになったお客さんがいるのですが、やはりこのパターンで、そのプロジェクトは携帯だけでPCは弊社の管轄外だったのですが、偶然気付いたので、その旨お話をして、フォームに変更をする事になりました。

つまり、お客さんと同じレベルで話をしていてはどうにもならない、という事じゃないかと思います。ただ、たまにですが、冷や汗をかかせて頂くお客さんもいるので、油断なりませんが・・・。何事も一生勉強だな、と思います。プロとして、良き導き手として、精進しなければならない、と強く思います。

気に入ったら押してやってください→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました