セブンカフェの残念なデザイン

スポンサーリンク
Web制作事例・舞台裏
街中を歩いていると、良く「なんでそんなデザインにしたのやら・・・とほほ」というものを見かける機会が結構あります。そういえば、以前こういうのも紹介させてもらった事がありますね。
ここで言うデザイン、というのは、我らが業界のWebデザイン、というだけではなく、より広義のモノコトの設計、デザインという意味です。

で、先日セブンイレブンカフェのお話しをご紹介させて頂きましたが、実はこの機械もそれなりに残念な部分があります。それは表示がわかりにくく、わざわざテープを貼っている店舗が少なくない、という事です。
Img_9175


こうやってわざわざ「LARGE」のところに「HOT L(大サイズ) 150円」とか貼っているわけです。
Img_9176

最初からわかりやすくデザインすれば良いだけだったのに。。

このような張り紙付きの店舗は少なからず良く見かけます。そのたびに本当にデザインは大事だなぁ、と思います。

もともとコンビニは全国津々浦々にある「ユニバーサルなサービス」です。

であるのなら、やはり見た目のかっこよさよりも、老若男女、誰もが直感的にすぐぱっとわかるUI(ユーザーインターフェース=ざっくり言うとデザインのこと)でなければなりません。

恐らくメーカーさんが作ったので、使いやすさとかの事はあまり考慮されてなかったのかも知れません。メーカーだと機能を作るのに忙しくなってしまい、機能をわかりやすく伝える、という部分はおろそかになってしまいがちです。難しい事なのですが、気をつけないとなりませんね。

我ながら気をつける事は多いぜ・・・気に入ったら押してやってください→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました