禁煙と生活リズムとポジシンと

スポンサーリンク
ベンチャー・経営

たばこを止めてから大体丸二年が経ちました(多分)。実は私は以前かなりのチェーンスモーカーで、多いときは一日に普通に3箱(60本)は吸っていた計算になります(しばしば極端になりがちな性格なもんで。。)

一日60本になると、さすがに体の調子も悪くなってきますし、何しろ日がな一日モクモクする事になります。集中力も切れ気味です。オフィスは完全禁煙ですから、外で吸うしかありません。となると、オフィスの出入りも増えます。さすがにこれはまずい、仕事に明らかに差し障りが出てきたな、と思い、思い切って禁煙した訳です。

禁煙をすると同時に、生活のリズムも変えました。それまでは実はお恥ずかしながら、でたらめな生活リズムで、朝9時まで仕事をして、12時まで寝て、とか、18時から22時まで寝て、また朝まで仕事、とかを普通にしていました。「常在戦場」を旗印に、基本長時間働く、眠くなったら寝る、という生活スタイルだった訳です。

しかし、長らくそのスタイルで仕事をしているうちに、実は単に長時間だらだらやっているだけで、仕事の効率や密度がかなり下がっているのではないか、という疑問を持つようになっていました。Time is tight.人生は短い。効率良く、充実した暮らしをしなければなりません。また、喫煙してた頃と同じ生活リズムだと、夜中に口元が寂しくなってしまい、また吸ってしまうのではないか、という不安もありました。そこで禁煙を機に生活リズムもまるで変える事にした訳です。

どんなに遅くても24時には基本寝る(今はもっと遅いのですが)、そして朝は6時(これでもまだ遅いですが・・)には必ず起きる、という基本的なリズムをきっちり作る生活に切り替えました。リズムを一度きっちり作ってしまうと、何か不測の事態が起きても(例:深酒)、そう簡単に崩れないのがよいところです。仕事はマラソンと似ています。一瞬力を最大限発揮するのでなく、毎日コンスタントに一定上の力を常に発揮できることが重要です。

また人は悩む動物ですが、夜中に夜更かしして考えた事というのは、だいたいロクな結論になりませんw。朝に思考活動を移した方が健康的で前向き、ポジティブな意見になりがいです。

生活のリズムをきっちり作る、というのは、仕事の効率を図る上で大変重要な事です。ものすごい常識的なお話しではありますが、案外バカにならない事だと思います。

しかし、禁煙してえらい太っちまったのは一体どないしたらよかんべ・・・気に入ったら押してやってください→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました