青汁王子に学ぶ柳井さん、推薦本の教訓

スポンサーリンク
ユニクロの柳井さんが激押ししてた「プロフェッショナルマネージャー・ノート」 ブックレビュー(おもろい本)

その昔、ユニクロの柳井さんが激押ししてた「プロフェッショナルマネージャー・ノート」を僕も買いました。

しかし、あまりにも分厚く、途中で心折れてしまい、しばらくそのままにしていたのですが、どうやらかなりの人が同じ挫折を味わっていたようで、しばらくしてからダイジェスト版が出版されました。

うし、これなら読めるぞ、と懲りない私はまた購入します。2011年の1月の事です。そしてその本は本棚のお飾りと化し、今日まで9年間、眠り続ける事になるのです・・・。

そして今日、9年ぶりにやっと本を開き、一基通読しました。何やら株主至上主義、資本主義の権化たるアメリカ人の著作かと思いきや、

「その事業がドッグ(負け犬)だからとすぐに切り捨てるのではなく、犬は犬でも優秀なグレイハウンドに仕立てために出来るだけのことをするのが経営者の勤めだ」

と言ってたり、

「経験とは、単にある職業についての反復作業ではない。新しい何かを発見し、学び、能力の政調と蓄積をもたらすプロセスだ。だからそのそういう種類の経験を探し求め、手を伸ばしてつかみとらなくてはならない」

というのを大変染み入るコメントです。9年も本棚の肥やしになっていたのが悔やまれます。もっと早く読んどきゃよかったよ。しばらく何度か読み返すことになりそうです。

で、どうして9年ほかしていた本を今更開く気になったのかという事なのですが。

実はここ数年、目の調子が今一つという事もあり、本を読む機会がかなり減っていました。代わりに増えたのがYouTubeです。そして先日偶然にも、あの1億円以上を脱税してタイホされた青汁王子のYouTubeをなにげに見る機会がありました。

「お金の使い方」を考えて最も効率よくお金を稼ぐ方法
今回はお金を稼ぎたい人達へ向けた動画です!
すでにもらったという方も多い定額給付金の10万円。
もし僕が10万円しか持ってなかったとしたらどう使うのか?

さすが脱税王子、また釣りネタか、多分間違いなく下品でろくでもない話だなと思いつつ、念のため自分の偏見が間違ってない事を確認しようと(時々こういう癖があります)、念のためにチェックしました。

すると・・・

「給付金の10万円で何をするか?ずばり本を100冊買え。その中に2,3冊はこれだという本に巡り会える。本を買うことは著者の経験を買う、疑似体験するのと同じでこんなお得な事は無い。良い本との巡り合わせで人生が変わる」

あれ?極めて至極真っ当な事をいうではありませんか。脱税王子やるじゃん(当たり前の事言っているだけではあるんですが)。しかもこの動画の中で、青汁王子は自分が若い頃に感銘を受けた本を紹介しているのですが、それを見てさらにまた驚きました。その中に、なんとD・カーネギーの「人を動かす」があるではありませんか!!

実はこの本、私は中学生の時に、ドラえもんの立ち読みに寄った本屋さんで偶然見つけてなにげに購入した本まさにそれだったのです。周りの大人に「君はこの本を読むのは早すぎる」と言われたことはとても記憶に残っています。

実際、中学生の頃の僕には今ひとつ書いている事は身にし染みて入ってきませんでした。はい残念。さすがにその本は今無くしてしまったので、今ならもっと良く肌身に染み入るように分かるのでは?と思い、近いうちに買ってみようと思っています。

そんなこんなで、やはり本は今更ですがしっかり読まないといけないな、という気持ちに軽く灯がともりました。青汁王子サンキューです。気になった方、是非チェックしてみてください。

納税はちゃんとしてるぜ、という人はこれを押してください→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました