お客様への対処で常に気をつけていること。

スポンサーリンク
Web制作の舞台裏

受託開発でお客様から仕事をご発注頂き、良いサイトを作り、納品する。

当たり前の事ですが、そのWeb制作の開発プロセスでは、当然ですがいろいろと想定外の事が起こります。

私がお客様への対処で常に気をつけていることの一つに、

「先に言うと説明、後に言うと言い訳」

というのがあります。

言うことは同じでも、言うタイミングによって心証が大きく変わります。

実際問題、いつも全て出来ているかというと、実は私も出来てはいません。反省です。

しかし大事なのは、そういう視点でいつも意識をしているか、という事です。

勿論結果が全てのビジネスではありますが、そういう意識が無ければ、結果も全く伴いません。

単なる精神論、根性論ではなく、問題意識を持つ、というは、結果として行動に反映させる上でとても大切なことだと思います。

そしてそういう意識を持つことによって、この人にはいつもそういう意識があるんだな、と一緒に働く人に意識させる事もまた、大事な事だと思います。

制作チームには相互扶助の精神と程よい緊張関係が必要です。

 

私の精神は結構たるんでます。。気に入ったら、ポチッとお願いします。にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました