「飲食店はオリンピック終わるまでとにかく大人しくしとけ」という政策

スポンサーリンク
「飲食店はオリンピック終わるまでとにかく大人しくしとけ」という政策 ベンチャー・経営

緊急事態宣言の解除以降、ほとんどの対象地域はいわゆる「まんぼう」、まん延防止等重点措置になる事が決まりました。

この措置を簡単にわかりやすく言うと「飲食店はオリンピック終わるまでとにかく大人しくしとけ」です。

既に既知の通り、感染者数と支持率の間には強い相関関係があり、政権としては国民の経済生活よりも、政権維持の方が重要だとも取れるメッセージです。

飲食店の生存権とも言える営業権に強い制限を加える背景には、このように別の意図も見えているように思えます。私は別に飲食店ではありませんし、お客様に飲食観光業は実はなぜかほとんどいらっしゃらないのですが、大変強い憤りを禁じ得ません。

とはいうものの、このトレンドの中で、打てる手を探すのが経営者の仕事でもあります。必ず事態を打開する鍵はあるはずです。飲食店の方はしつこく、あきらめずに頑張って頂きたいです。我々も頑張ります。

 

 

気に入ったら、ポチッとお願いします。にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました