ジョブズが語ったこととアニヲタの友人が語ったことは全く同じだった。

スポンサーリンク
雑感

もうウン十年以上前の事になりますが、アニヲタの友人がある日突然

「田中、良質なアニメにとって一番大事な事ってなんだかわかるか?」

と聞いてきました。

当時、そのギョーカイジンの間では、ガンダムとか機動警察パトレイバーとかが全盛期だったので

「そういうなんかかっこいい感じのマシンとか戦闘シーンとかそういうのけ?」

と聞くと「ふっ、わかってねーなお前は」という感じで一言、

「人間関係、ストーリーだよ。確かにマシンがかっこいいとか、絵がすごいとか、そういうのも勿論大事だけど、何よりも一番大事なのはストーリーなんだよ」とのたまわれたのであります。その時私は

「おおっ、ス、ストーリー!こいつは盲点だったぜ、なるほど、言われてみると確かに納得だ」

と目から鱗でえらい感服した記憶があります。こやつ、ただのアニヲタじゃない、あなどれん!と(ただのかいかぶりかも知れませんけど)

そこから時は流れて現在、先日、スティーブ・ジョブズの記事を読みました。するとその中に、

ピクサーについて「映画作りでいちばん大切なのは心にグッとくるストーリーだ。映像が美しいことも大事だけど、コンピュータが可能にする特撮の技巧の虜になってはいけない」という事を強く主張していたのが記憶に残っています。

という記述があるではありませんか。な、な、なんと大昔のアニヲタの友人とほとんど同じ事言ってる!あいつ、やっぱすげー奴だったのか。やはり大事なのはストーリーなんですね。

To Steve. Thank you from the bottom of my heart. You are insanely great.

気に入ったら押してやってください→にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました